糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
信頼の医療・健康情報グループ検索  
会長から
  会長の写真  糖尿病で「合併症になら連」阿波踊りの会の第1回大会を、2000年8月14日に徳島市にて行い、無事終えることができました。
 これも皆様のご協力の賜物と、厚くお礼申し上げます。

 この企画を始めたのは、糖尿病治療の基本の一つである運動療法の一環として、汗をかくこと、踊りを通して糖尿病の合併症にならないため、日頃の生活習慣がいかに大切かということを、私たち参加者だけでなく、踊りを見ていただいた多くの方々にもメッセージできればと考え、また、同じ環境の人たちが集い、支え合う情報交換の場が出来ればとの思いからでした。
 その後、参加者から多くの反響をいただきましたが、楽しかった、よい経験ができたなど、第1回としては試行錯誤の中で何とかうまくいったのではないかと自画自賛しております。しかし今後、この企画を1回だけで終わらせることなく、長く続けていくためにはこれからが大変と気を引き締めているところです。
 「継続は力なり」と言われます。この企画を続けることで、多くの糖尿病患者さんや医療スタッフの方々、さらにひろく一般の方々に糖尿病を理解していただき、糖尿病で合併症になる人を少しでも減らすことができるきっかけになればと思っております。
実行するに当たりましては、姓億(せいおく)様をはじめ「新のんき連」の皆様方、全国から駆けつけていただきました参加者の皆様、後援していただいた企業・団体様など、多くの方々にご支援いただきました。この場を借りまして改めてお礼申し上げます。
 今後も皆様がたのお力と知恵を借りながら、長く続けていきたいと考えておりますので、よろしくご協力いただきますようお願い申し上げます。

  西村登喜子会長

第1回大会報告  
 第1回の、糖尿病で「合併症になら連」阿波踊り大会は、2000年8月14日、全国から患者さんやそのご家族、医療スタッフなど46人が参加して熱気に包まれる徳島市にて行われました。
2000年8月15日の徳島新聞
 阿波踊りなど初めての人がほとんどでしたが、揃いの衣裳に着替え、姓億(せいおく)様をはじめ「新のんき連」のみなさまの親切な手ほどきを受けるうちに、度胸がついたか、開き直ったか、大胆にも夕方には市役所前演舞場の大観衆の前に立つことになりました。
 出番を待つ間、他の連の慣れた様子、整然と繰り出していくさまを見ているうちに、ほんとに大丈夫かなと思うところもありましたが、カネ、太鼓の音や周りの雰囲気にのせられだんだんボルテージが上がり、さあ出番です。 桟敷席の中を約15分から20分、夢中で踊るうちにすっかり名人の境地に達し、いい気分で終えることができました。
 当日は、初めての試みということもあり、関西テレビや徳島新聞、毎日新聞など多くのメディアで取り上げられ、糖尿病に関わる多くの皆様に「合併症になら連」からのメッセージが届いたのではと考えております。
 ホテルに帰ってからの懇親会では、「来年もまた来たい」と、再会を約束して長い一日が終了しました。
 2001年もまた、徳島でお会いしましょう。


 

姓億政明/徳島市
合併症になら連顧問
新のんき連連長
 
糖尿病で「合併症になら連」を先導して

 真夏の太陽が照る徳島に、そして8月14日、夢にまで見た阿波踊りによく来ていただきました。
 それぞれの揃いの衣裳に着替えて「合併症になら連」の高張提灯と大きいうちわを先頭に18時40分の時間が迫ると、どの顔も緊張していました。受付による順番のアナウンスが流れる中、いよいよと思う心で列を作り、「新のんき連」の鳴り物に合わせ踊る皆様の姿を見た時、これが「合併症になら連」かなと、本当に唖然としました。病に苦しむ人とは思えない整然とした踊りに、これなら最後まで踊れると確信し、私自身も「合併症になら連」の顧問として、「写楽の顔」が緩むことの無いよう踊らなければとスタンドの客席に顔を向けました。
 時折振り返るが、なんの変わった様子もなく楽しく踊る晴れ姿があり、客席からの拍手に疲れを感じないまま出口まで踊り通した、皆さんの笑みが忘れられない「合併症になら連」2000年の阿波踊りでした。
 その後、皆さん元気にしていますか。再会が楽しみです。

 
堀 和子/姫路市
患者
 
年を忘れ踊りました

 暑い八月十四日の早朝、姫路市を出発し、明石大橋、鳴門大橋の2つを渡って四国入りしました。道路状況も空いていたため思いのほか早く着き、徳島文化会館で藍染めと徳島の文化に触れた後、会場に向かいました。
 地元の「新のんき連」の皆さんに着付けと踊りの手ほどきを受けマアマアの形となり会場へ。大衆の列に加わり聞きしに優る熱狂に、一時年を忘れ踊りました。
 弁当や夜の懇親会の食事も、私たちに合ったメニューで、疲れも手伝ってとても美味しくなごやかに過ごせました。
 日帰りの私たちは、ウトウトしながら明石大橋のライトアップの青い光が消えていくのに合わせて車走らせ、この感激もひとしおでした。 その夜は、今日ある幸せを噛みしめて寝に入りました。

 
真田邦夫/静岡県清水市
EJツアークラブ会長 患者
左が真田さん。右が友人の福与さん
 
踊らなソンソン

 徳島市民の20世紀最後の祭典に参加した私は、老いても(74歳)病んでも(五病息災)「踊らなソンソン」と踊る快感に酔いしれ、初体験の阿波踊りの出会いに感動する。
 日頃、糖尿病ならびに生活習慣病と闘う私たちが「合併症になら連」という素敵な発想での阿波踊りにご案内いただきご尽力いただいたスタッフに心から敬意を表します。

〜一緒になれば強くなる〜

 
山田多佳子/徳島市
地元医療機関
ご家族で参加
 
来年も徳島でお会いしましょう

 2月末に新聞の記事を拝見してから、あっという間の半年でした。県外の方が糖尿病ということだけを共通点にして連を作り、はるばる徳島まで来て阿波踊りを踊る。この無謀にも近い計画に、賛同しお手伝いしたいと申し出たものの、果たして本当に実現することができるのか、成功するのか、内心とても不安でした。
 しかし、打合わせの回を重ねるごとに、参加者の人数が増えていくのを見て、西村様をはじめスタッフの皆様方の行動力に舌をまくばかりでした。
 14日当日、日本各地からいらっしゃった50人近いスタッフの皆様、患者様にお会いし、楽しい、すばらしい経験だったというのをお聞きし私もその一員として参加できたことをとても嬉しく思います。
来年も是非徳島に皆様をお迎えできるようにと祈っております。

 
新谷文利/兵庫県篠山市
栄養士
 
阿波踊りに参加して

  阿波踊りの前日までは気軽に参加しようと思っていましたが、当日そろいの衣装をいただき「新のんき連」の本物のすばらしい踊りを見た途端に勝手に手足が動いて、一生懸命稽古をしている自分自身に気がつきました。
 いままで踊り音痴で人前で踊ることができなかった自分を、何がそうさせたのか不思議な人間味のある踊り、それが阿波踊りです。
ワクワクする事をしたり、考えたりする人は、健康で幸せな人生を送ることができるといわれています。今後より多くの人と、ワクワクする阿波踊りに参加し、心身のコントロールをしたいと思います。また、企画していただいたスタッフの方に感謝いたします。

 
新谷佳子/兵庫県篠山市
栄養士
 
 私たち夫婦はともに栄養士をしておりますが、今回の企画は実にすばらしいとすぐに参加を決めました。
 徳島に着くと、市全体が熱気の渦に巻かれていて、人前で踊るのが恥ずかしいとか…なんてことはすぐに吹っ飛んでしまいました。以前より、糖尿病に運動療法を取り入れることに賛成で、この企画のように、ともに楽しみながら体を動かすことができ、いろいろな人と一度に交流ができる事はとてもすばらしいと思います。
今後もずーっと続けて、国内、海外と大きく発展していかれることを楽しみにしています。

 
宮本泰文/徳島市
医療法人城南公園内科院長
右が、宮本院長。左は、山田眼科医院の山田光則院長
 
来年のお盆も徳島でお会いしましょう

 何かと至らない点が多々ございましたが、事故もなく、無事に第1回目の催しが終了し、迎える側の一員して安堵の気持ちでいっぱいです。
 私自身も、「新のんき連」連長の姓憶さんのご尽力で、地元民でもなかなか経験できない舞台で踊れたことは、生涯の良き思い出となりました。また、全国の糖尿病患者の方、医療関係者の方々と接することができ、当方の今後の糖尿病診療にあたり大きな収穫となりました。来年のお盆も徳島でお会いしましょう。

 
依藤津世子/神戸市
栄養士
右が依藤さん。左が川端千裕子栄養士。中央が松本昌子栄養士
 
阿波踊り大会を終えて

 糖尿病の患者さんと一緒に、阿波踊りの連を作る話を、西村さんより初めて聞いた時は少し驚きましたが面白い企画だなと思い協力を決意しました。サブとして準備を進めていくうちに、参加人数の確保、患者さんの体調の問題、ぶっつけ本番で踊れるかなど、不安がいっぱいでした。しかし打合わせのために何度も徳島に出向くようになって計画内容が明確になるに従い、とりあえず今年は、「合併症になら連」を立ち上げることが第一と考えました。それでも紆余曲折はありましたが、姓憶さんの全面的な協力のおかげで、やっと当日を迎える事ができました。
報道関係者の取材を受けながら、患者さんも家族もスタッフも緊張と興奮の中、一体となって踊ることができました。その興奮の残る中、得も知れぬ充実感を感じたのは、私だけではなかったと思います。
阿波踊りには、そんな不思議な魔力があるように思えました。同じ病と闘う患者同士が、楽しみながら、支え合い、励まし合う勇気を授かったような気がしました。来年は、この感動をより多くの方々に体験していただき、「合併症になら連」の輪を広げていきたいと思います。

トップへ戻る