資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病診断の基準項目にHbA1cを追加 新基準案を中間発表
2009年11月02日

 日本糖尿病学会(門脇孝理事長)は11月1日、東京都内で開催したシンポジウムで、糖尿病の新しい診断基準の策定についての中間発表を公表した。現在の診断で使っている血糖値に、過去1、2ヵ月の平均血糖値をあらわす指標であるHbA1c値を加える見通しを示した。

 現在の糖尿病の診断は、空腹時血糖値(FPG)、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)、随時血糖値により行っている。これに、過去1、2ヵ月の平均血糖値を反映するHbA1c値を導入することで、より確実な診断を目指す。

 FPGやOGTTは短期的な血糖値をみるもので、採血前に絶食を必要とするなど患者の負担が少なくない。また、食後2時間血糖値は変化しやすく、食事や運動、治療法などの影響を受けやすく、得られた検査値の判定が難しい場合がある。HbA1cであれば、1人の患者での検査値のばらつきが少なく、検査直前の生活習慣の影響も少ないというメリットがある

 新基準案では、血液検査の血糖値かHbA1cが基準値を超えた場合に糖尿病型とする。さらに、別の日にもう一度血液検査を受け、ふたたび基準値を超えた場合に糖尿病の診断が確定する。ただし、正確さを求めるために2度の血液検査ともHbA1cだけで診断することは認めず、1度は血糖値を確認することとする。血糖値の基準値は現行から変えず、HbA1cは6.1%以上の場合とする。

 糖尿病の新しい診断基準策定については、国際的に標準化をはかろうという動きがある。日本糖尿病学会では、同学会会員から新基準案への意見を募集する。改定されると、現在の診断基準が作られた1999年以来の大幅な改定となる。

公表された「HbA1cを用いる糖尿病診断手順案」
公表された「HbA1cを用いる糖尿病診断手順案」
社団法人日本糖尿病学会

関連情報

米国糖尿病学会で新たな診断基準にHbA1cを推奨
 HbA1c値は、日本糖尿病学会が定め国内で広く使用されているJDS値と、米国を中心に世界的に普及しているNGSP値とでは、算出方法と値が異なる。日本のHbA1cは米国よりも0.4%低値であり、米国糖尿病学会(ADA)と国際糖尿病連合(IDF)、欧州糖尿病学会(EASD)によって設置された国際委員会が勧告しているカットオフ値6.5%は、日本の基準では6.1%になる。
[ Terahata ]
カテゴリー :糖尿病の検査  2009年  医療の進歩  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!