資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病腎症による透析患者が9万2900人に増加
2010年02月17日
カテゴリー:2010年 糖尿病合併症  

日本の透析患者数は28万2600人
 日本透析医学会が毎年実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」によると、2008年12月31日現在、国内で透析療法を受けている患者数は28万2,622人で、前年度より7,503人増加した。新たに透析療法を開始した患者(導入患者)の数は3万7,671人で、前年度より2.1%増加した。

 日本人の人口は3年連続で減少しており、国内人口が1億2,029万人であることを考えると、全人口に占める透析患者数の割合は、およそ440人に1人に相当する。

年別透析導入患者数の推移
日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2008年12月31日現在)」

 導入患者の透析を始める原因となった疾患(原疾患)の第1位は糖尿病腎症で、全体の43.2%にあたる1万6,126人。糖尿病腎症による導入の割合は前年より0.2%減った。第2位は慢性糸球体腎炎の23.0%。腎硬化症は10.5%だった。

 糖尿病性腎症は1998年に原疾患の第1位になってから割合が一貫して増えていたが、2008年は久し振りに減少した。第2位の慢性糸球体腎炎による導入は2008年は23.0%で、年々減少しており調査開始から最低の割合となった。

年別透析導入患者の主要原疾患の推移
日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2008年12月31日現在)」

 現在、透析療法を受けている患者のうち、原疾患が糖尿病性腎症である患者数は9万2,914で第2位。糖尿病性腎症の割合は着実に増えており、前年より0.8%増加した。第1位は慢性糸球体腎炎の39.0%、10万5,807人。年を経るごとに両者の差は縮まる傾向にある。

(社)日本透析医学会統計調査委員会
図説「わが国の慢性透析療法の現況(2008年12月31日現在)」

[ Terahata ]
カテゴリー :2010年  糖尿病合併症    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

いいね!記事ランキング
更新情報配信中!