資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インクレチン関連薬の副作用(低血糖)報告を公表 厚労省
2010年05月27日

 厚生労働省は5月26日、「医薬品・医療機器等安全性情報」269号を公表した。インクレチン関連の2型糖尿病治療薬について、特にSU薬を投与中の患者で併用した場合に「因果関係を否定できない副作用(低血糖)」の報告があったとしている。

 厚労省は、インクレチン関連の2型糖尿病治療薬である万有製薬の「ジャヌビア」、小野薬品工業の「グラクティブ」、ノバルティスファーマの「エクア」、ノボ ノルディスク ファーマの「ビクトーザ」、武田薬品工業の「ネシーナ」について、4月27日付で添付文書を改訂し、注意喚起するよう指示している。

 このうち、シタグリプチンリン酸塩水和物(万有製薬の「ジャヌビア」、小野薬品工業の「グラクティブ」)は、昨年12月に発売されたDPP-4阻害薬で、今年4月までに約23万人の患者が使用している。

 報告された重大な副作用として、低血糖症を挙げている。報告された低血糖症は25例。他の糖尿病用薬との併用で低血糖症が起こることがあるという(グリメピリド併用時5.3%、ピオグリタゾン併用時0.8%、メトホルミン併用時0.7%)。特にSU薬との併用では、重篤な低血糖症状があらわれ意識消失をきたした例も報告された。 ・・・・・・

糖尿病リソースガイド

 「糖尿病リソースガイド」は、糖尿病の薬剤、医療機器、療養指導に役立つ製品やサービスの情報を、医師や糖尿病医療に携わる医療スタッフ向けに公開している情報サイトです。

 3部構成で、第1部の「医薬品・医療機器・検査機器・試薬」のコーナーでは糖尿病治療薬を、新薬からジェネリック医薬品まで分類・紹介しています。各製品を薬価まで含め比較できるようになっており、より詳しく知りたい場合は添付文書も閲覧できます。さらに、医療機器や検査機器、試薬など、糖尿病治療に関わる全般的な情報を公開しています。

 第2部は「食事療法・運動療法・生活サポート」のコーナー。第3部の「関連情報・資料」のコーナーでは、糖尿病に関するさまざまな資料・情報にリンクしています。

[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!