資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
1個80kcalのレトルトカレー 野菜のうまみと20数種類のスパイスのコク
2011年02月15日

 江崎グリコは、1個80kcalのレトルトカレー『カロリーコントロールカレー』を2月15日から全国で発売した。

糖質4.2gの低糖質食品
 新発売の『カロリーコントロールカレー』は1個80kcalと、カロリーを大幅に抑えた。一般的なカレー(ビーフ、レトルトパウチ)は200g換算で236kcal程度だ。

 『カロリーコントロールカレー』は、低カロリー甘味料や野菜、果物を組み合わせ、通常レトルトカレーで使われる砂糖や小麦粉を使用せず、油も控えめにした。糖質を4.2gに抑え、不足しがちな食物繊維は9.4gも含まれる。

 実際に食べてみると、低カロリーと思えない味わい・コクを楽しめ、香りや食感もレトルトカレーとは思えないほど豊かだ。「たまねぎ、にんじん、ひらたけなど野菜のうまみと20数種類のスパイスのコクを活かしてある」という。

 カロリーをコントロールし栄養バランスにも配慮してあり、いつでも・どこでも利用できるレトルト食品であるという利便性を追求しながら、食・味に対する満足を犠牲にしなかった点が特徴的だ。

 江崎グリコは2003年6月に、1個80kcalの『カロリーコントロールアイス』を発売した。発売後も製品開発を重ね、甘さ・コク・なめらかさを向上し、ヒット商品となっており、リピーターが増えているという。

 同社は「おいしさと健康」を企業理念としている。食事でのカロリーコントロールを意識する人にとって、食品の摂取カロリーは大きな関心事となる。

 「食品は生きるための栄養源であり、おいしさを通じて喜びを感じさせてくれる大切な要素。最近では、健康を維持・増進させてくれる機能を求める声も増えている」と述べている。

商品名カロリーコントロールカレー(甘口・中辛・辛口)
内容量200g
希望小売価格141円(税別)
製品特長
  • カロリーを気にする方も安心して食べられる1個80kcalのレトルトカレー。
  • 不足しがちな食物繊維を9.4g使用。糖質は4.2g。
  • 砂糖、小麦粉を一切使わず、低カロリーの甘味料(スクラロース)を使用してカロリーを抑えた。一般的なカレーと比較して半分以下のカロリー。*
  • たまねぎ、にんじん、ひらたけなど野菜のうまみと20数種類のスパイスのコクを活かした野菜カレー。

栄養成分表示 1食分(200g)当たり
カロリーコントロールカレー 中辛
エネルギー80kcalナトリウム1,161mg
たんぱく質2.6gショ糖0.6g
脂質3.8gリン27mg
糖質4.2gカリウム147mg
食物繊維9.4g食塩相当量2.9g

*五訂増補日本食品標準成分表カレー(ビーフ、レトルトパウチ)は200g換算で236kcal
[ Terahata ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!