資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病を改善するための3ヵ条 こうすれば改善できる
2012年11月27日
カテゴリー:2012年  運動療法 食事療法 

 誰でも2型糖尿病を予防・改善できる秘訣を、米国疾病管理予防センター(CDC)がインターネットで公開した。食事や運動などの生活スタイルを少しずつ変えていけば、糖尿病の改善は可能だという。

 CDCによると、米国の50州の全てで2型糖尿病は増加しており、18州では1995年から15年間で2倍に拡大している。以前は2型糖尿病は高齢者に多くみられたが、今日では若い世代でも発症率が上昇している。
これすれば糖尿病を改善できます
糖尿病を改善するための3ヵ条
 2型糖尿病の危険性が高いのは、
  • 年齢は45歳以上
  • 親や兄妹に糖尿病の人がいる
  • 過体重や肥満がある
  • 座ったままの生活が多い
  • 適度で活発な運動をする頻度は週に3回未満
といった条件が重なっている人です。でも、これらの条件は工夫すれば解消できます。

 糖尿病を予防・改善するために、最低限必要なことはたった2つです。すなわち、▽食事を改善する――食べすぎを防ぎ、栄養バランスを配慮しながら必要なカロリーをとる、▽運動をする――1日に30分の適度な強度の運動を、週に5日行うことです。

基本はカロリーのとりすぎを防ぎ、体によい食品を選ぶことです

 食事の内容を少し変えるだけで、食事は健康的になります。小さな工夫を積み重ねれば、大きく差がでます。

  • 料理は小さめなお皿に盛ると、少なめの量であっても満足感を得られやすくなります。逆に、大きめのお皿に盛ると、食品の量が多くしないと満足できなくなるのでご注意を。
  • 肉や魚を調理するときは、なるべく油で揚げない。グリルを使ったり、焼いたり、蒸す調理法に切り替える。
  • 高カロリーのお菓子やデザートの代わりに、野菜や果物を一皿加える。
  • 高カロリーの清涼飲料の代わりに、無糖の水やお茶を飲む。コーヒーには砂糖ではなく、低カロリー甘味料を入れる。
  • 塩分をなるべく減らす。薄味が苦手な人は香辛料やハーブ、低脂肪のシーズニングを使えば、風味が引き立ちます。
  • 脂肪をなるべく減らす。脂肪は加工食品にも多く含まれているのでご注意を。例えば、サラダドレッシングには、油が多く含まれ高カロリーのものがあります。
  • 精白されていない玄米や全粒粉の方が、血糖値は上昇しにくくなります。
  • 野菜・豆類・全粒粉・果物を十分にとる。
  • 食事を規則正しくした方がカロリーを抑えやすくなります。食事を抜くのはやめましょう。
  • 家族といっしょに食事をしましょう。

活発に体を動かしましょう

 活発な生活スタイルは糖尿病の予防・改善につながります。10分間だけでも体を動かして運動しましょう。たった10分という短い時間でも、1日で合計するとかなりの時間になります。

  • エレベーターを使わず階段を上り下りする。
  • いつも降りるバスの停留所から2〜3手前で降り、なるべく長い距離を歩くようにする。
  • 駐車場ではなるべく目的地から離れた場所に車を停めて、なるべく歩くようにする。
  • テレビやパソコン、電話など体を動かさないでいる時間の前には、食べすぎないようにする。
  • 仲間を作り励ましあうと、ウォーキングや運動が長続きします。

糖尿病の検査を受けましょう

 血糖値が高くなっていても、視力障害、心臓や心血管の障害のような自覚症状が起こるまで、自分が糖尿病があることに気が付かない人が多くいます。糖尿病がもたらす危険にいるかどうか見つけ出すことは重要です。定期的に健診や医療機関の受診を受けましょう。
 すでに医療機関で治療を受けている人は、通院をやめないようにし、治療を継続しましょう。適切な治療を開始するのが早ければ早いほど、よい効果がもたらされます。

Take Steps to Prevent Type 2 Diabetes(米国疾病管理予防センター)

[ Terahata ]
カテゴリー :2012年    運動療法  食事療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!