資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
家事と運動の両立が健康増進のカギ 家事だけでは運動量は不足
2013年10月28日
カテゴリー:2013年 運動療法 

 肥満や2型糖尿病が増えている原因のひとつは、掃除や洗濯などの家事にかける時間が少なくなり、代わりに座ったままテレビやスマートフォンを見て過ごす時間が増えたからだ。
家事時間の減少は身体活動の低下に直結
 米国人の肥満の割合は、2004年には32%に上ったが、1960年代には13%だった。肥満は40年で2.5倍に増えた。肥満が増加している背景に、家事に費やす時間が減っていることが指摘されている。

 サウスカロライナ大学公衆衛生学部のエドワード アーチャー博士らは、米国人の家事時間の減少について調査した。この研究は科学誌「プロス ワン」に発表された。

 女性が家事に費やす時間は、1965年には週に25.7時間だったが、2010年には13.3時間に減少した。それにともない、カロリー消費量は1965年には週に6,000kcalだったのが、2010年には4,600kcalに減少した。家事による1日のカロリー消費は、40年でおよそ200kcalも減ったことになる。

 「この40年で、女性が家事などの身体活動で消費するカロリーは大きく減少しました。掃除機や洗濯機、自家用車が普及し、家事時間が短縮され、歩いて買い物に行かなくなったことなどが影響しています」と、アーチャー博士は言う。

 身長168cm・体重76kgの人が、1時間の通常のウォーキングで消費できるカロリーは287kcalぐらい、階段の上り下りであれば516kcalぐらいだ。

 これに対し、家事で消費できるカロリーは、▽掃除機をかける(194kcal)、▽床ふき(174kcal)、▽ガーデニング・草むしり(288kcal)、▽床をモップでふく(194kcal)、▽窓ふき(180kcal)、▽アイロンがけ(113kcal)、▽壁紙の張り替え(133kcal)、▽薪割り(415kcal)となっている。

 現代人は、家事時間が減った分、身体活動が低下している。消費カロリーが減った分が、そのまま体重増加につながっているおそれがある。

テレビの視聴時間が増加し運動不足に
 身体活動が低下しているのは女性に限った話ではない。男性でも1日の仕事時間の消費カロリーは、1960年代に比べ142kal減っている。これを1年に換算すると、およそ10kgの体重増加につながるという。

 「1960年代には人々は仕事や家事に追われていました。昼間に働いて、夜に家に帰ると、家事や子育てに時間を費やし、1日のあいだに二重の生活をしていたのです。現代では、男女ともに多くの人々は家事から解放されています」と、アーチャー博士は話す。

 自由になった時間には、テレビやコンピュータの前で座ったまま過ごしたり、モバイルフォンなどを操作して過ごすことが多くなった。テレビの前で過ごす時間は、1965年は週に8.3時間だったが、2010年には16.5時間に倍増した。テレビの視聴時間がもっとも短いのは、1960年代の仕事をもっている女性で週に7.5時間だった。

 「家事で体を活発に動かすことがくなり、テレビ視聴などの体を動かさない娯楽が増えています。こうした時間の配分の変化は健康増進に大きく影響しており、肥満や2型糖尿病の増加の一因になっている可能性があります」(アーチャー博士)。

次は...家事だけを行っていれば十分というわけではない

[ Terahata ]
カテゴリー :2013年  運動療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
更新情報配信中!