資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
「いつ起こるかわからない低血糖」 1型糖尿病患者さんの対策は?
2017年02月14日

1型糖尿病患者の遠藤伸司さんによる連載「インスリンとの歩き方」は、第15回「低血糖との戦い」を公開しました。連載「インスリンとの歩き方」へ ▶

連載「インスリンとの歩き方」

 執筆者の遠藤さんは、中学生の頃に1型糖尿病を発症。以来、約30年間の療養生活の中で、留学や進学、就職、そして転職、プライベートまで幅広い経験を積み、なにかと無理をすることもあったようです。

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

第15回 低血糖との戦い(本文より)

 僕が100万円以下で買った左ハンドルのマニュアル車には、いつも炭酸入りの清涼飲料水が積んである。僕のずさんな性格からすれば、清涼飲料水は積んであるというよりも、ごちゃごちゃした愛車のどこかに転がっているというのが正しい。

 その飲み物は、もちろん喉の渇きを満たすためのものではない。運転中に、冷や汗や手の震え、はたまた意識が集中できない、いわゆる低血糖の自覚症状が出たとき用の低血糖対策である。この緊急避難用の飲料は、長いこと車に載せっぱなしになっているので、いざ飲むときにはずいぶん古くなっている。だから、炭酸は抜けているし、味も少々変わってきていて、とてもまずくなっていた。とはいえ、炭酸が抜けているので、緊急の際には、一気に飲めるというメリットはあるわけだ。

ある事件

 さて、僕は自動車のセールスをしているので、顧客の自宅や、これからお客さんになって欲しいと目論んでいる人の家や、売れた車の登録などのために、とにかく毎日車に乗る。だいたい3万kmを1年間で走行する。多い年には、5万km走り、赤道を一周したこともあった。まあ、1日あたり、100kmは固い。

続きはこちら...
第15回 低血糖との戦い ▶

[ DM-NET ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!