学会・イベント 情報 トップページへ メールマガジン無料登録
  医療スタッフ向け
医師及びメディカルスタッフのための第33回糖尿病セミナー
「糖尿病性腎症の進展阻止を目指して」
* 本セミナーは、神奈川糖尿病療養指導士認定のための研修会(5単位)です。
* 本セミナーは、日本糖尿病協会療養指導医(歯科医師 登録医)取得のための講習会です。
* 本セミナーは、日本糖尿病療養指導士認定・更新のための研修会 <第2群> 1単位 申請中。
* 本セミナーは、日医生涯教育認定講座CC 申請予定。
日 時
2017年2月11日(土)(祝)13:00〜16:40(受付開始 12:00〜)
場 所
新都市ホール(そごう9階)(定員:1,000名)
横浜市西区高島2-18-1 横浜新都市ビル9階地図
横浜駅から徒歩5分
対 象
神奈川県保険医協会会員、未入会の医師・歯科医師および医療従事者(看護師、薬剤師、管理栄養士など)
テーマ
糖尿病性腎症の進展阻止を目指して
内 容
敬称略
【体験報告】

テーマ「だいちゃん放浪記 縄文杉編」
講師:平山大徹(H.E.Cサイエンスクリニック 薬剤師)

【特別講演】

特別講演1
テーマ「糖尿病と糖尿病腎症の克服」

講師:古家大祐(金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科学 教授)

(要 旨)
糖尿病の克服には、生活習慣の集積が基盤となる。それらに対する方策を概説する。さらに、糖尿病腎症(腎症)から透析導入あるいは腎移植に至る患者数は、未だに多いことは事実である。したがって、早期に腎症を診断するとともに、チーム医療の介入によって包括的に、血糖のみならず、血圧、脂質異常、体重管理を行うことが必須である。なかでも、低血糖を生ずることなく、厳格な血糖管理が求められる時代になってきた。本講演では、それぞれ単独では低血糖を起こすことなく、血糖管理が出来るDPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬に大きな期待がかかっていることを概説したい。最後に、食事療法とくにたんぱく質制限への期待と現状の問題点を概説する。

特別講演2
テーマ「地域における糖尿病重症化予防の取り組み」
講師:酒井武則(市立八幡浜総合病院 医療情報管理部長)

(要 旨)
少子高齢化を迎えた我が国において地方は既にその最前線にある。医療崩壊を経験した当地域は病診連携により急性期医療と糖尿病診療を維持してきた。更に縮小の一途である医療資源の中、行政を中心とした糖尿病疾病管理事業と多職種協働による『八幡浜市糖尿病サポーター(YDS)制度』、そして疾患管理MAPとΔeGFRを用いたJMAP方式による糖尿病性腎症の重症化予防に取り組んでおりその現状を報告する。

【糖尿病トピックス】

レクチャー1
テーマ「eGFRの見方」

講師:調 進一郎(H.E.Cサイエンスクリニック 副院長/糖尿病肥満治療研究所 所長)

(要 旨)
腎機能の評価指標として最近はBUNやクレアチニンではなく、eGFRが使用されるようになりました。BUNやクレアチニンではなぜいけないの?eGFRは正確なの?自験例を交えて、eGFRの有用な使い方を解説します。

レクチャー2
テーマ「糖尿病患者におけるpolypharmacy」

講師:江口一彦((医)江口医院 院長)

(要 旨)
複数の薬剤を併用する事によっておこる諸問題(polypharmacy)に関心が高まっています。主に医療経済的問題、薬剤有害事象問題です。特に糖尿病患者は様々な臓器障害を有している事や、低血糖が重篤なリスクである事から十分な認知が必要です。

レクチャー3
テーマ「最近のインスリン製剤とその使い方」

講師:金森 晃(かなもり内科 院長)

(要 旨)
インスリンが発見されてから95年。その間インスリンは糖尿病治療に多大なる貢献をしてきたが、インスリン療法は今も進化を続けている。症例を紹介しながら最近のインスリン製剤の使い方について考えてみたい。

レクチャー4
テーマ「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」

講師:町村英郎(まちむら内科クリニック 院長)

(要 旨)
熊本宣言で合併症抑制の目標を7%未満と提唱されましたが、高齢者の著増により昨年新たなコントロール目標が提示されました。従来より個別化が重視されていましたがより明確な基準が示されその見方、運用法、評価など臨床現場に即した目線で解説していきます。

定員
1,000人
参加費
3,000円(事前振り込み) 当日申込は4,000円
申込方法
必ず事前にファックス等でお申し込みください。
その後、下記口座へ1月30日(月)までに参加費をお振込みください(お振込みが期日までに間に合わない場合は、事務局へお問合せください)。
また、その際、通信欄に「参加者氏名(複数の場合は全員分)」と「糖尿病セミナーの参加費」である旨をご記入ください。資料は当日お渡しします。

  (振込先)郵便局口座名:神奈川県保険医協会
  (口座番号)00260-2-2220

セミナーにお申し込みをされた方へ
* お申し込みが受け付けられた旨の連絡はしておりません。当協会より別段連絡が無い限り受け付けられております。
* 会場は座席によって空調がききすぎることがございます。必要な方は上着、ひざかけ 等ご用意ください。

連絡先
神奈川県保険医協会・研究部
Tel.045-313-2111 Fax.045-313-2113
主 催
神奈川県保険医協会・研究部
共 催
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
(Terahata)

ご注意:
イベントに参加・応募される方は、日程等を主催者にご確認ください。このコーナーでの情報掲載、掲載内容の誤り、変更、削除、お問い合わせ・ご意見等は、糖尿病ネットワーク事務局までお知らせください。
医療スタッフ向け 糖尿病関連の学会・研究会
医療スタッフ向け おすすめ情報

4月    

 4月1日(土) 一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 第155回例会
「ここまで来た、糖尿病腎症の重症化予防戦略!」
 東京 

 4月8日(土) ワークショップ―糖尿病療養指導のために―  東京 

 4月9日(日) 第27回内分泌糖尿病心理行動研究会
「心と身体が動く内分泌糖尿病診療」
 大阪 

 4月14日(金)〜16日(日) 第120回日本小児科学会  東京 

 4月14日(金)〜16日(日) 第114回日本内科学会  東京 

 4月14日(金)〜16日(日) 第114回日本内科学会総会・講演会
「超世代の内科学―GeneralityとSpecialtyの先へ―」
 東京 

 4月15日(土)〜16日(日) 第34回日本臨床内科医会総会  東京 

 4月20日(木)〜22日(土) 第90回日本内分泌学会  京都 

 4月21日(金) 第81回さがみ糖尿病カンファレンス  相模原 


患者さん・一般向け イベント情報

糖尿病教室や公開講座などが各地で開催されています。
参加無料でどなたでも自由に参加できるものも多くあります。


 4月1日(土) 東京都糖尿病協会公開講座
第41回城東ブロック糖尿病教室
「糖尿病から目を守るために」
 東京

 4月2日(日) インスリンポンプの安全講習会【第5回 福岡】  福岡

 4月22日(土) 日本IDDMネットワーク サイエンスフォーラム
−1型糖尿病 2025年 『治らない』から『治る』へ− in 大阪
 大阪

 4月23日(日) 第7回大阪インスリンポンプサロン  大阪

 6月3日(土) 第19回慢性腎臓病講座
「慢性腎臓病とよりよく付き合っていくために」
〜クレアチニンが高いと言われたあなたに〜
 東京

開催一覧へ

2017年  09月  10月  11月
 12月

2018年  01月  02月  03月
 04月  05月  06月
掲載お申込みについて
地域の講演会・セミナーなどの開催案内を掲載、配信(無料)いたします。患者さん・一般対象のものも歓迎します。


患者さん・一般向けの糖尿病教室や公開講座が各地で開催されています。

生活習慣病全般の開催案内

医学全般の学会
糖尿病関連以外の学会情報はこちらをご覧ください