学会・イベント 情報 トップページへ メールマガジン無料登録
  医療スタッフ向け
一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 第155回例会
「ここまで来た、糖尿病腎症の重症化予防戦略!」
★本例会は、日本糖尿病療養指導士「認定更新」のための単位(2群 1単位)が認定されています(認定番号:17-0005)
★当医会は:(社)日本糖尿病学会「専門医」としての更新単位(1単位)を取得することができます。
★本例会は:日本医師会生涯教育制度「参加証明書」(2単位)を申請中です。(カリキュラムコード9/10/73/76)
★本例会は:日本糖尿病協会の「療養指導医更新」のための“講習会”に認定されています。
★本例会は:日本糖尿病協会の「歯科医師登録医」のための“講習会”に認定されています。
日 時
2017年4月1日(土)午後3:30〜7:00
場 所
砂防会館(別館)
東京都千代田区平河町2-7-5地図
交通機関:地下鉄「永田町」駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口より徒歩約1分
テーマ
ここまで来た、糖尿病腎症の重症化予防戦略!
内 容

◆ 開催あいさつ (15:30〜15:35=05)
理事長(会長) 本田正志

司会:栗林伸一(三咲内科クリニック)

プロローグ「悲願! 糖尿病腎症克服は可能か?」 (15:35〜15:45=10)
講師:栗林伸一(三咲内科クリニック院長)
【要旨】糖尿病腎症による慢性透析患者数は年々増加しており、学会や厚生労働省においても重症化予防に真剣に取り組み始めた。最近、従来とは違った治療法も脚光を浴びてきている。その背景を紹介し、本日の流れを説明する。

第1演題「糖尿病性腎症の基本戦略:チーム医療の効果の検証」 (15:45〜16:25=40)
講師:守屋達美 先生(北里大学 北里大学健康管理センター 教授)
【要旨】腎症が非可逆的疾患といわれた時代は過ぎ,現在は如何に寛解にさせるか、重症化させないか、が大切とされる。その観点から腎症病期に応じた対応の必要性、チーム医療の効果とその検証の重要性についてお話ししたい。
<質疑応答> (16:25〜16:35=10)

第2演題「ここまでわかった、腎症への運動効果」 (16:35〜17:05=30)
講師:伊藤 修 先生(東北医科薬科大学リハビリテーション学 教授)
【要旨】運動は運動耐容能の向上、糖や脂質代謝改善などのメリットがあるが、腎疾患では運動が過度に制限されていることが少なくない。心血管系イベント減少や腎保護効果も有する腎疾患への運動療法の効果について紹介する。
<質疑応答> (17:05〜17:15=10)

--------- コーヒータイム (17:15〜17:30=15分) ---------

第3演題「糖尿病腎症の新しい治療戦略とインクレチン関連薬の使い方」 (17:30〜18:00=30)
講師:今村茂樹 先生(千葉県循環器病センター 腎臓内科部長)
【要旨】従来の治療法に加え、近年、インクレチン関連薬やSGLT2阻害薬による腎保護作用が報告されてきている。本日は、インクレチン関連薬の効果も示しながら、私がベストと考える新しい糖尿病腎症の治療戦略について紹介したい。
<質疑応答> (18:00〜18:10=10)

第4演題「腎保護を目的としたSGLT-2阻害薬の使い方」 (18:10〜18:40=30)
講師:瀧端正博 先生(神奈川県糖尿病対策委員 三浦中央医院院長)
【要旨】EMPA-REG RenalでSGLT-2阻害薬は腎血管複合イベントを39%、顕性アルブミン尿への移行を38%、透析導入を55%減少させ、糖尿病腎症治療に有効であることを示した。本日は腎保護を目的としたSGLT-2阻害薬の使い方について明日から使える知識を提供したい。
<質疑応答> (18:40〜18:50=10)

<ディスカッション> (18:50〜19:00=10)
各演者の先生方とフロアーとの意見交換を行います

◆ 次回例会(156回特別例会)のお知らせ (19:00〜19:05=05)
本田正志 先生(西川クリニック 足立区)

例会終了後に“懇親会”(無料)を行いますので皆様の奮ってのご参加をお待ち致しております。

第156回特別例会「演題募集」のお知らせ

◎2017年7月15日(土)開催予定の第156回特別例会におきまして、広く「症例発表・研究報告」等の“演題”を募集致しております。※発表のテーマにつきましては、どのようなテーマで構いません。
◎医師・コメディカルの方々(会員・一般を問わず)の奮ってのご応募をお願い申し上げます。
※お願い:発表演題のタイトルと100文字以内の発表内容の“要旨”を2017年4月20日(必着)までにお知らせ下さい。
※発表抄録は、2017年5月31日までにA4サイズ40文字×40行で2枚以内(別途、図・表OK)を事務局のメールアドレスまで添付資料として送付をお願い致します。
◎尚、ご発表頂きました皆様(但し1演題につき1名)に「守屋美喜雄賞」として“賞金”2万円および“記念品”を贈呈させて頂きます。
お問い合わせは、事務局(担当:深堀幸次)までお願い致します。
参加費
会員ドクター 2,000円
会員コメディカル 1,000円
一般(医療従事者) 3,000円
参加申込
官製ハガキに住所・氏名・電話番号・勤務先・職種をご記入の上、下記事務局までご郵送下さい。

  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-17 親和ビル103
  (社)東京臨床糖尿病医会 事務局:深堀幸次
  Tel.03-5458-5035 Fax.03-5458-6242

又は、E-mail(ammc@jeans.ocn.ne.jp)、ホームページ(http://www.ammc.co.jp)内の「例会参加申込フォーム」からでも結構です。追って郵便振替用紙、会場案内図等を送付させて頂きます。

共 催
(一社)東京臨床糖尿病医会、ノボ ノルディスク ファーマ(株)
後 援
(一社)日本糖尿病学会関東甲信越支部
(Terahata)

ご注意:
イベントに参加・応募される方は、日程等を主催者にご確認ください。このコーナーでの情報掲載、掲載内容の誤り、変更、削除、お問い合わせ・ご意見等は、糖尿病ネットワーク事務局までお知らせください。
医療スタッフ向け 糖尿病関連の学会・研究会
医療スタッフ向け おすすめ情報

4月    

 4月1日(土) 一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 第155回例会
「ここまで来た、糖尿病腎症の重症化予防戦略!」
 東京 

 4月8日(土) ワークショップ―糖尿病療養指導のために―  東京 

 4月9日(日) 第27回内分泌糖尿病心理行動研究会
「心と身体が動く内分泌糖尿病診療」
 大阪 

 4月14日(金)〜16日(日) 第120回日本小児科学会  東京 

 4月14日(金)〜16日(日) 第114回日本内科学会  東京 

 4月14日(金)〜16日(日) 第114回日本内科学会総会・講演会
「超世代の内科学―GeneralityとSpecialtyの先へ―」
 東京 

 4月15日(土)〜16日(日) 第34回日本臨床内科医会総会  東京 

 4月20日(木)〜22日(土) 第90回日本内分泌学会  京都 

 4月21日(金) 第81回さがみ糖尿病カンファレンス  相模原 


患者さん・一般向け イベント情報

糖尿病教室や公開講座などが各地で開催されています。
参加無料でどなたでも自由に参加できるものも多くあります。


 4月1日(土) 東京都糖尿病協会公開講座
第41回城東ブロック糖尿病教室
「糖尿病から目を守るために」
 東京

 4月2日(日) インスリンポンプの安全講習会【第5回 福岡】  福岡

 4月22日(土) 日本IDDMネットワーク サイエンスフォーラム
−1型糖尿病 2025年 『治らない』から『治る』へ− in 大阪
 大阪

 4月23日(日) 第7回大阪インスリンポンプサロン  大阪

 6月3日(土) 第19回慢性腎臓病講座
「慢性腎臓病とよりよく付き合っていくために」
〜クレアチニンが高いと言われたあなたに〜
 東京

開催一覧へ

2017年  07月  08月  09月
 10月  11月  12月
掲載お申込みについて
地域の講演会・セミナーなどの開催案内を掲載、配信(無料)いたします。患者さん・一般対象のものも歓迎します。


患者さん・一般向けの糖尿病教室や公開講座が各地で開催されています。

生活習慣病全般の開催案内

医学全般の学会
糖尿病関連以外の学会情報はこちらをご覧ください