糖尿病ネットワーク
足病変とフットケアの情報ファイル
自覚症状で探す

こんな症状ありませんか? ▶

足のむくみがある

足のむくみは、日常的によくみられる症状のひとつで、体のなかでもっともむくみが起こりやすいのが足です。足のむくみは立ち仕事の人やデスクワークの人によく見られる症状です。同じ姿勢を続けることで、足の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。こうした足のむくみの多くは、一過性のものでひと晩寝ると治る程度なら、あまり心配ありません。

ただ、むくみの原因として注意したいのは、病気が原因となるむくみです。特に心臓や肝臓、腎臓などが原因のむくみは注意が必要です。心臓がポンプの役割を果たせない心不全や血液中のアルブミンという蛋白が低下してしまい、腎臓の機能が低下してしまうネフローゼ症候群、肝硬変、低栄養などでもむくみは出現します。全身状態の悪化のサインのひとつがむくみとして現れることがあります。そのほか、甲状腺の機能の低下や原因不明の突発性浮腫、下肢の静脈瘤などによっても足にむくみが出ることもあります。むくみから重大な病気が発見されることもあるので、なかなか治らない場合には受診をしてみてください。

考えられる疾患

(2014年06月)

Act Against Amputation
-なくそう、下肢切断-

Director Member
Faculty Member/Clinical Reporter
Advisory Member

facebook -Act Against Amputation-

ご注意ください
当会が運営するサイトは、医師法上の診療・治療行為およびそれらに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法を推奨したり、効能を保証したりするものでもありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。これらを十分ご認識のうえで、自己の責任において利用し、必要に応じて医療機関を受診ください。利用者の健康に関わる内容は、必ず医師にご相談ください。