糖尿病ネットワーク
エキスパート足外来
足に関係する領域は、形成外科、整形外科、循環器内科、糖尿病内科、血管外科、皮膚科、腎臓科などたくさんあります。足病変は適切な診断と治療が求められますが、実は、足を専門に診てくれる外来は限られており、その情報はほとんど公開されていません。ここでは、足病変治療のエキスパートがいる医療機関をご紹介していきます。
足病変とフットケアの情報ファイル
【東京】 東京労災病院 傷のケアセンター 〒143-0013 東京都大田区大森南4-13-21

東京労災病院では主に動脈硬化を原因とした治りにくい傷に対処するため傷のケアセンターを立ち上げました。

糖尿病や腎臓病など動脈硬化の危険性が高い患者様の中には、知らず知らずのうちに足の動脈硬化が進んでしまっている方がいます。そのような方の中には、靴擦れややけどなど小さな傷が数週間から数か月も治らないという方がいらっしゃいます。動脈硬化があると、そのような小さな傷から下肢の切断に至ることもあるのです。

当院では、そのような治りにくい傷に対して、動脈硬化のチェックそして治療を行い、並行して適切な傷の治療を行うことで傷を治し、切断を回避できるよう形成外科・循環器内科・皮膚科・形成外科が連携して診療にあたるシステムを作りました。

外来は毎日行われております。各担当医は同一のカルテ使用し、一般的な問診や検査を行っていただいたのちに、それぞれの方に必要な診療科が対応してまいります。動脈硬化・血流障害が疑われる場合には、エコーやCTなどで血流の状況を確認し、必要であれば入院のうえカテーテル治療を行います。

動脈硬化と関係のない傷であった場合では皮膚科や形成外科が担当いたします。整形外科も担当しておりますので下肢に関するお悩みに幅広く対応することが可能となっております(歩行時の痛みや変形、爪や靴の相談など)。

下肢に関してお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたらどうぞお気軽にご相談ください。

施設の概要
エキスパート スタッフ 宇都宮 誠
フットケア外来 有り。担当:皮膚科
足専門(傷・血流)外来 有り。担当:循環器内科、形成外科、皮膚科、整形外科
SPP設置 有り
足専門装具 無し
日本下肢救済・足病学会登録医 有り
フットケア技術のある
コメディカル
常勤者有り
得意とする疾患・治療 循環器内科:末梢動脈疾患に対するカテーテル治療
形成外科・皮膚科:難治性創傷に対する創傷治療
アクセス・お問い合わせ
住所 〒143-0013 東京都大田区大森南4-13-21
電話番号 03-3742-7301
ホームページURL http://www.tokyoh.rofuku.go.jp/medical/c_kizucare.html

(2014年12月)

Act Against Amputation
-なくそう、下肢切断-

Director Member
Faculty Member/Clinical Reporter
Advisory Member

facebook -Act Against Amputation-

ご注意ください
当会が運営するサイトは、医師法上の診療・治療行為およびそれらに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法を推奨したり、効能を保証したりするものでもありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。これらを十分ご認識のうえで、自己の責任において利用し、必要に応じて医療機関を受診ください。利用者の健康に関わる内容は、必ず医師にご相談ください。