糖尿病ネットワーク
エキスパート足外来
足に関係する領域は、形成外科、整形外科、循環器内科、糖尿病内科、血管外科、皮膚科、腎臓科などたくさんあります。足病変は適切な診断と治療が求められますが、実は、足を専門に診てくれる外来は限られており、その情報はほとんど公開されていません。ここでは、足病変治療のエキスパートがいる医療機関をご紹介していきます。
足病変とフットケアの情報ファイル
【埼玉】春日部中央総合病院 埼玉県春日部市緑町5丁目9番4号

 当院では循環器科を中心として、形成外科、皮膚・排泄ケア認定看護師、理学療法士、義肢装具士、管理栄養士などでフットケアチームを作って、足の治りにくいキズに対する診療を行っています。

 まずは外来でABI検査やSPP検査などで血流を評価し、それと併行してキズに対する処置の方針を決定します。キズを治すために治療用のサンダルや装具が必要となる場合があり、その作成も行います。

 血流が足りないためにキズが治らない場合には、入院してカテーテル治療を行います。当院では、日本有数の足の動脈に対するカテーテル治療を行っており、他の病院で治療が難しい症例の紹介も多数受けています。また、本邦では認可されていない下肢動脈に対するレーザー治療を含めた特殊な治療も行っています。

 ただ、キズを治すためには血流だけでなく局所の適切な管理・処置を行うことが必須です。キズの治療のために入院が必要な場合も循環器科が担当し、血流評価や全身管理だけでなく形成外科と協力してキズの管理・処置も行っていきます。足にキズのある患者さんのための下肢専門病棟は32床ありますが、時期によっては満床になってしまい、その場合には他の病棟を間借りしなければいけないことも多々あります。

 循環器科が担当してはいますが、局所に対する陰圧閉鎖療法(NPWT)やマゴット療法(MDT)など局所に対する特殊な治療も行っており、院内完結型のフットケア診療を目指しています。迅速な診断・治療で患者さんの足を救えるよう情熱を持って取り組みます。足について不安・心配などをお持ちの方は、躊躇せずに受診していただくことをお勧めします。

施設の概要
エキスパート スタッフ 寺部 雄太、安藤 弘、金子 喜仁
フットケア外来 有 (担当:循環器科)
足専門(傷・血流)外来 有 (担当:循環器科)
SPP設置
足専門装具 有 (装具外来併設)
日本下肢救済・足病学会登録医
フットケア技術のある
コメディカル
常勤者有り
得意とする疾患・治療 重症下肢虚血に対するカテーテル治療
その他の特徴 フットケア外来:火・水曜 午前中
アクセス・お問い合わせ
住所 埼玉県春日部市緑町5丁目9番4号
電話番号 048-736-1221
ホームページURL http://www.ims.gr.jp/ims_kasukabe/info/footcare.html

(2017年02月)

Act Against Amputation
-なくそう、下肢切断-

Director Member
Faculty Member/Clinical Reporter
Advisory Member

facebook -Act Against Amputation-

ご注意ください
当会が運営するサイトは、医師法上の診療・治療行為およびそれらに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法を推奨したり、効能を保証したりするものでもありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。これらを十分ご認識のうえで、自己の責任において利用し、必要に応じて医療機関を受診ください。利用者の健康に関わる内容は、必ず医師にご相談ください。