HealthDayNews トップページへ メールマガジン無料登録
医師の助言がより大幅な減量の助けに
2015年04月
 医師による助言は過体重者の減量の助けになることが、「Economics & Human Biology」4月号に掲載された論文で示された。米国疾病管理予防センター(CDC)のデータを解析した結果、医師の助言は女性で約4.5キロ、男性で約5.4キロの減量に関連することが判ったという。

 この結果は、医師の減量カウンセリングが必ず減量につながるとするものではないが、医師の助言がより大幅な減量に関連することを示している。

 また、驚くべきことではないが、同研究では食習慣と運動が減量に大きな役割を果たすことも確認された。

 研究を行った米ジョージア大学農業環境科学部のJoshua Berning助教授は、「加齢とともに体重が増える人は多いもの。減量するようにとの助言は、減量を助けるというより体重増加を防ぐ」と述べている。

 同氏によると、医師の助言がより大幅な減量につながる理由の1つに、医師は患者の肥満リスク評価に際して食生活や運動、病歴といった複数の因子を加味することが考えられるという。

 「医師は患者との会話のなかで、患者の現在の健康状態やここに至る過程について教えてくれる。患者は自分の健康状態に自己満足していることが多いが、良い医師は患者が自分の健康状態や履歴を理解し、改善させるよう助けてくれる」と同氏。

 同氏はまた、医師の助言が商業的減量プログラムより優れる理由には、この個別化された情報があるのかもしれないと指摘。

 「商業的減量プログラムは営利目的であり、非常に高価になることがある。その点、医療関係者による助言はより手ごろで、より広い集団に届きやすいものだ。医師は患者の肥満問題をより早期に同定し、患者と長期的な関係を築くことができる」と述べている。

 ただし、医師は患者の体重について話す時間がないことが多い点が問題になるとも同氏は指摘している。

http://consumer.healthday.com/general-health-information-16/doctor-news-206/doctor-s-advice-may-help-prompt-weight-loss-698018.html

[2015年4月3日/HealthDayNews] Copyright© 2015 HealthDay. All rights reserved.

HealthDay
 「世界の糖尿病最前線」では米国で配信されている医療関連情報HealthDay Newsの中から糖尿病に関連したニュース記事を厳選し、日本語に翻訳・要約しお届けします。
HealthDay Newsの詳細へ

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶