HealthDayNews トップページへ メールマガジン無料登録
痩せたい人は日没後に要注意?
2018年01月
 痩せたい人にとって、日没後は魔の時間帯となるようだ−。米国の小規模な研究で、夕方から夜には食べ過ぎてしまう危険性が増す可能性が示された。特にストレスなどの心的負担を抱えている人や、普段から過食気味の人でそのリスクが高まることも分かった。

 研究を主導した米ジョンズ・ホプキンス大学精神・行動科学助教授のSusan Carnell氏は「このことを知っていれば、なるべく早い時間に食事を取ったり、ストレスを解消する方法を見つけることで食べ過ぎのリスクを減らすことができる」と研究の意義について話している。

 この研究は18〜50歳の肥満者32人を対象としたもので、このうち半数は長らく過食に苦しんでおり、むちゃ食い障害(過食性障害)と診断されていた。Carnell氏らは今回、胃から分泌されて食欲の増進に働く「グレリン」と呼ばれるホルモンと、腸管から分泌され食欲の抑制に働く「ペプチドYY」というホルモンに着目し、試験期間を通してこれらのホルモンの血中濃度の推移を調べた。

 全ての参加者にまずは8時間断食してもらった上で、午前9時と午後4時に608kcalの流動食を摂取してもらう2つの試験に参加してもらった。それぞれの食後2時間後には冷たい水に手を2分間つけるというストレステストを受けてもらい、その30分後にピザやスナック菓子、クッキーなどを並べたビュッフェで食事を提供した。

 参加者のグレリンおよびペプチドYYの血中濃度を測定して追跡したところ、午前中に比べて夕方には流動食を摂取後のグレリンの血中濃度が上昇し、ペプチドYYの血中濃度は低下することが分かった。また、ストレステスト後のグレリン血中濃度の上昇は夕方の時間帯だけにみられた。さらに、これらのホルモンが食欲に及ぼす影響は、むちゃ食い障害のある人でより大きいことも明らかになった。

 これらの結果を踏まえて、Carnell氏らは「夕方から夜間の時間帯は過食に走りやすく、特にストレスを感じていたり、普段からむちゃ食いをする人でこのリスクは高くなると考えられる」と結論づけている。

 研究の詳細は「International Journal of Obesity」2017年12月13日オンライン版に掲載された。

Why Evenings May Be a Dangerous Time for Dieters
Abstract/Full Text
https://www.nature.com/articles/ijo2017307

[2017年2018年1月19日/HealthDayNews] Copyright© 2018 HealthDay. All rights reserved.

HealthDay
 「世界の糖尿病最前線」では米国で配信されている医療関連情報HealthDay Newsの中から糖尿病に関連したニュース記事を厳選し、日本語に翻訳・要約しお届けします。
HealthDay Newsの詳細へ

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶