HealthDayNews トップページへ メールマガジン無料登録
大酒飲みは認知症リスクが高い
2018年02月
 酒の飲み過ぎ(多量飲酒)はさまざまな疾患のリスクを高めることが知られているが、認知症にもなりやすくさせる可能性があるとの研究結果が「The Lancet Public Health」2月20日オンライン版に掲載された。フランスの認知症患者約110万人のデータを分析したところ、慢性的な多量飲酒が原因のアルコール使用障害が認知症、特に65歳未満で発症する若年性認知症の重要なリスク因子であることが明らかになったという。

 この研究はトランスレーショナル・ヘルス・エコノミクス・ネットワーク(THEN、フランス)のMichael Schwarzinger氏らが実施したもの。2008〜2013年にフランス都市部の病院に入院した患者のうち、認知症と診断された110万9,343人を対象に後ろ向きに解析した。

 その結果、慢性的な多量飲酒が原因とされるアルコール依存症や、アルコール依存症には至らないが飲酒による身体的あるいは精神的、社会的な問題がある「アルコール使用障害」があると、アルツハイマー型認知症を含む全ての型の認知症のリスクが男性で3.36倍、女性では3.34倍に高くなることが分かった。

 また、解析対象者のうち5万7,353人は若年性認知症だったが、その56.6%(3万2,453人)にアルコール使用障害があり、多量飲酒は特に若年性認知症のリスク因子として重要であることも明らかになった。

 この研究結果を踏まえ、Schwarzinger氏らは「日常診療で多量飲酒のスクリーニングを行い、必要に応じて介入あるいは治療を行うことで、アルコール関連の認知症のリスクを低減できるかもしれない」との見解を示している。

 また、同氏は「The Lancet」のプレスリリースで「認知症とアルコール使用障害との関連については引き続き検証する必要があるが、アルコールが脳の構造や機能に永続的なダメージを与えた結果ではないか」と考察。さらに、アルコール使用障害によってリスクが高まるとされている高血圧や糖尿病、脳卒中、心房細動、心不全は血管性認知症のリスクを上昇させる可能性もあること、多量飲酒者に多くみられる喫煙や抑うつ、低学歴も認知症のリスク因子であることを指摘している。

 その上で、同氏は「アルコール使用障害に起因した認知症は予想以上に多い。したがって、多量飲酒が全ての型の認知症の主要なリスク因子であることを認識しておく必要がある」と強調。アルコール飲料を入手しにくくするほか、増税や広告および販売への規制といった対策を講じるとともに、アルコール使用障害の早期発見と早期治療を推し進める必要性を訴えている。

 一方、英エクセター大学医学部教授のClive Balland氏は、同誌の論評で「極めて重要な研究結果」と高く評価。「今回の研究では、アルコール使用障害、そしておそらくは飲酒が認知症を予防する上で修正可能なリスク因子であることが示された。このエビデンスは極めて強固なものだ。われわれは、アルコール使用障害や飲酒は認知症に関連するという明確なメッセージを人々に伝え、対策を進める必要がある」と記している。

Heavy Drinkers Put Themselves at Risk for Dementia
Abstract/Full Text
http://www.thelancet.com/journals/lanpub/article/PIIS2468-2667(18)30022-7/fulltext

[2018年2月22日/HealthDayNews] Copyright© 2018 HealthDay. All rights reserved.

HealthDay
 「世界の糖尿病最前線」では米国で配信されている医療関連情報HealthDay Newsの中から糖尿病に関連したニュース記事を厳選し、日本語に翻訳・要約しお届けします。
HealthDay Newsの詳細へ

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶