糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病関連定期刊行物
 月刊 糖尿病
 2009年創刊、月刊。毎号、特集テーマに力を入れた編集が特徴。全ページカラー印刷なため、図表データを読みとりやすい。
【最新号の主な内容】(2017年3月発行号)〔特集:糖尿病患者の健康寿命延伸を目指して―老化関連因子サーチュイン・AGEs・p53と寿命―〕1.哺乳類の老化・寿命制御に関するNAD World 2.0の概念 -SIRT1/NAMPTによって制御される組織・臓器間コミュニケーションの重要性- 2.中枢神経系のSIRT1による体重調節機序 3.SIRT1による脂肪組織の炎症およびインスリン抵抗性の制御 4.SIRT1と糖尿病性腎症 5.SIRT6と代謝・老化 6.SIRT7による代謝・老化関連疾患制御 7.AGEs-RAGE系と糖尿病 8.可溶型AGEs受容体と糖尿病合併症 9.AGEs作用阻害による糖尿病血管症の治療 10.p53によるがん代謝 11.p53依存性老化シグナルと糖尿病,心血管疾患
〔特集にあたって〕
 我が国における平均寿命は着実に延伸してきたが、糖尿病患者の平均寿命は糖尿病でない人に比べ短い。さらに高齢糖尿病患者ではサルコペニアや認知症による日常生活動作(ADL)の障害が進行しやすいという報告も多く認められる。今後は、糖尿病患者の平均寿命を延ばすとともに健康寿命の延伸を図ることが重要な課題であると考えられる。
 近年、加齢・老化に関する研究が進展しており、代謝と老化の間に強い関連性が存在していることが明らかになってきた。たとえば、加齢の基本的な特徴のひとつとしてミトコンドリア機能不全が挙げられる。加齢により補酵素であるNAD+含量が減少するため、ミトコンドリアの機能に重要な働きを担うSIRT1などのサーチュインの活性が低下することが、その理由の一端であると考えられている。SIRT1の過剰発現マウスは、耐糖能の改善を含む抗加齢の表現型を示す。また、脳特異的にSIRT1を過剰発現したマウスでは寿命が延長することが報告されている。NAD+前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)のマウスへの投与によっても、高脂肪食や加齢により誘発される耐糖能異常が改善する。このようにサーチュインは代謝と老化を結ぶ重要な分子である。一方、老化により引き起こされたDNAダメージは、がん抑制遺伝子であるp53の活性化を介することによって糖代謝異常を惹起する。さらに過食によるAGEs(Advanced Glycation End Products:終末糖化産物)の蓄積もタンパク質の恒常性に影響を及ぼし、老化や代謝異常を促進する。
 糖尿病患者の健康寿命を延ばすためには、血糖、血圧、脂質のトータルなコントロールならびに合併症の早期発見、早期治療が重要であることは言うまでもない。しかし、種々の老化関連因子が糖尿病をはじめとする代謝異常症の病態に深く関係していることから、老化関連因子が今後の糖尿病治療の新たな標的として重要になってくるものと想定される。食事療法は糖尿病治療の基本であるが、適度のカロリー制限(CR)は加齢を抑制する最も確実な手段でもある。
 本特集では、老化関連分子のサーチュイン(SIRT1〜7)、AGEs、p53に着目し、糖尿病、メタボリックシンドローム、合併症やがんとの関連、新たな予防法や治療法の開発に向けた現状・将来展望などについて、専門家の先生方にご紹介いただく。本特集が、基礎研究のみならず、抗加齢の観点から糖尿病患者の食事・運動・薬物療法について考えるうえで役立つことを期待している。
山縣和也(熊本大学大学院 生命科学研究部 病態生化学分野 教授)

●A4変型・約130ページ 本体\2,700+税 2009年より発行 医学出版(03-3813-8722)
 ホームページ→トップ月刊 糖尿病
fujisan.co.jpへ




現在の掲載書籍数987冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。