糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

医療関係者対象 - CKD
 糖尿病治療ガイド2014-2015

日本糖尿病学会・編

本書は日本糖尿病学会が総力を挙げて編集・執筆されたガイドブックで,コンパクトな1冊ながら,糖尿病診療の全体像,最新情報をわかりやすくまとめた,充実した内容となっている.内科医はもとより,外科系の医師,研修医,コメディカルスタッフ(看護師,薬剤師,栄養士,臨床検査技師,理学療法士,臨床心理士など),医療関連企業の皆様にもご好評いただき,広く活用いただいている.今回の改訂では,新しく発表された糖尿病腎症の病期分類に対応させて,糖尿病腎症生活指導基準を一新し,2013年11月に発行された「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」に沿って食事療法の記載を見直し,新しい薬剤の情報(SGLT2阻害薬など)も加えるなど,全面的にアップデートして大幅な改訂が行われた.(出版社HP紹介文より)
1.糖尿病 疾患の考え方
 A.糖尿病とは/B.糖尿病に関する指標/C.糖尿病の分類
2.診 断
 A.病歴聴取の注意点/B.身体所見のポイント/C.診断のための検査/D.糖尿病の診断/E.境界型とメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)
3.治 療
 A.治療目標とコントロール指標/B.治療方針の立て方/C.糖尿病患者教育とチーム医療/D.災害への備えと災害時の対応
4.食事療法
 A.食事療法の進め方/B.食事療法の実際/C.合併症の予防のために
5.運動療法
6.薬物療法
 A.経口薬療法/B.注射薬療法/C.その他の薬物療法
7.低血糖およびシックデイ
 A.低血糖/B.シックデイ
8.糖尿病合併症とその対策
 A.糖尿病合併症とは/B.急性合併症/C.慢性合併症/D.合併症の検査
9.ライフステージごとの糖尿病
 A.小児・思春期における糖尿病/B.妊娠と糖尿病/C.高齢者の糖尿病
10.専門医に依頼すべきポイント
 A.糖尿病専門医に依頼する場合/B.他科専門医に依頼する場合/C.地域連携,病診連携
付 録
 特定健診・特定保健指導の進め方─ 糖尿病予防の立場から/自己検査用グルコース測定器一覧表/血糖降下薬一覧表/参考書
索 引
●B5・112ページ 2014年発行 文光堂
 出版社ホームページ→トップ


 他科専門医にきく 糖尿病腎症患者のための22の質問

大西由希子(朝日生命成人病研究所 治験部長(糖尿病代謝科))
和田健彦(東京大学医学部付属病院 腎臓・内分泌内科)

 糖尿病専門医から腎臓専門医への質問の背景には、多くの糖尿病合併症の患者さんへの思いがあります。合併症の進行してしまった患者さんに対して、自分の無力感や責任を感じない糖尿病専門医はいないでしょう。
 もう少し早く来院してくれればという思いとともに、いずれ他科へ送り出さなければならないと感じている患者さんや、送り出した後の患者さんのためにできることはないか、知っておくべき知識はないのかと考えている医師は多いと思います。
 腎臓専門医がお会いする糖尿病患者さんは合併症が進行してしまっている患者さんたちです。糖尿病の恐ろしさを実感しながら、腎臓以外の合併症にも目を配りつつ、そのような患者さんたちに心身共に調子良く生活していただくにはどうしたらよいか、思い悩まされる毎日です。
 是非、皆さんの同級生にも、本書を紹介してください。
 そして、学生時代のあの頃のように、ざっくばらんに、情熱的なやり取りをしてみてください。
 専門を持った皆さんの素朴な疑問の「深さ」が領域を越えて混じり合い、さらなる「広さと多様性」へとつながっていくことと信じています。(はじめに より抜粋引用)

SCICUS 特設ページ

以下、主な目次より。
その1 糖尿病腎症における蛋白制限
その2 糖尿病腎症と運動との関係
その3 風邪薬・鎮痛薬と腎機能低下
その4 糖尿病腎症における血圧コントロール
その5 透析導入後の各種コントロール
おまけ 同級生余話
巻末資料
●B5 ・115ページ 2013年発行 SCICUS
 ホームページ→トップ


 CKD診療ガイド2012 Q&A

今井 圓裕 編集

重症度分類が再評価により改訂されたKDIGOに対応し全面改訂された『CKD診療ガイド2012』のポイントを、Q&A形式を用いて、診療ガイドの作成メンバーを中心に踏み込んで解説。概念、疫学、病態と原因、患者へのアプローチ、治療に関する71項目をとりあげた。よりCKD診療への理解を深め、実地診療に役立てるための1冊。(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。
第1章 CKDの概念
第2章 CKDの疫学
第3章 CKDの病態と原因
第4章 CKD患者へのアプローチ
第5章 CKDの治療
● B5・192ページ 2013年発行 診断と治療社
 出版社ホームページ→トップ


 慢性腎臓病(CKD)食事指導のポイント―スタッフから患者さんに伝えたい

飯田喜俊・兼平奈々 編

●CKD治療法としては、適正な生活習慣、食事療法、薬物療法などがあるが、食事療法は欠くことができない重要な治療法であり、このことは多くのエビデンスによって示されてきた。
●本書は管理栄養士・栄養士、看護師の方が、必要な基礎知識から具体的な食事指導方法までを理解しやすいように (歛鹸 糖尿病性腎症7豈嫺析期な∨貽析期ス睥霄圻小児 О椰⊆圓剖菠未卦述。内容が容易に理解できて、CKD患者さんの病態の改善に役立つ。
●第2版では『CKD診療ガイド2012』に対応させて慢性腎臓病(透析を含む)の食事指導をテーマ別に詳解。左頁はスタッフ用に、右頁は患者さん用に構成。スタッフの指導媒体として、患者用の頁はコピーして使えるようになっている。(出版社HPより)

主な目次は以下のとおり。
総論 慢性腎臓病(CKD)の基礎知識
FROM DOCTOR 1 慢性腎臓病(CKD)とは
FROM DOCTOR 2 栄養評価
各論 慢性腎臓病(CKD)の食事指導
保存期
糖尿病性腎症
血液透析期
腹膜透析期
高齢者
小児
移植者
●A4・120ページ 2013年発行 医歯薬出版
 出版社ホームページ→トップ


 あなたも名医!透析まで行かせない!CKD診療

日本大学医学部腎臓・高血圧・内分泌内科学分野客員教授/医療法人阿部クリニック理事長・院長 海津嘉蔵 編集

第一線で診療を行うジェネラリストは増え続けるCKD患者に何ができるのか、「透析まで行かせない」すなわち、「CKD患者を守り、腎機能を維持・向上させるためにできること」とは何か、最新の情報をわかりやすく解説!CKD患者のそれぞれの状況・症状に応じて腎臓専門医とコメディカルスタッフがチーム医療としてどのように取り組んでいるか,実践的なCKD診療について紹介・解説した第3章は特に読み応えあり!(出版社紹介文より)
以下、目次より抜粋。
第1章 CKD診療の重要性,現状と新しい方向性
1.CKD診療はなぜ重要なのか?
2.CKD診療の現状と新しい方向性
第2章 わが国のCKD診療に対する取り組みってどうなっているの?
3.国のCKD診療に対する取り組み
4.日本腎臓学会のCKD診療に対する取り組み
5.日本腎臓財団のCKD診療に対する取り組み
6.地域のCKD診療に対する取り組み
7.病院のCKD診療に対する取り組み
第3章 透析まで行かせないためにどうする?
8.精神的支援をどう行う?
9.生活習慣を変える!運動量を増やす!
10.食事療法はどうする?
11.血圧のコントロールはどうする?
12.貧血はどうする?
13.Ca,iP,iPTHをどうコントロールする?
14.アシドーシスをどうコントロールする?
15.カリウムをどうコントロールする?
16.溢水,浮腫にどう対応する?
17.血糖をどうコントロールする?
18.尿酸をどうコントロールする?
19.尿蛋白をどうコントロールする?
20.脂質をどうコントロールする?
第4章 ジェネラリストから腎臓専門医へ,腎臓専門医からジェネラリストへのお願い
21.患者を紹介したい基準と腎臓専門医に希望すること
22.地域の中核病院の腎臓専門医に期待すること
23.かかりつけのジェネラリストに期待する診療ポイント
24.病診連携の観点からジェネラリストに希望すること
●B5・200ページ 2013年発行 日本医事新報社
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2 | 3   

現在の掲載書籍数979冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。