糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

医療関係者対象 - フットケア
 間違いだらけの褥瘡・フットケア 変容する創傷管理の常識

編集:宮地良樹(京都大学)

「体位変換は場合によっては有害」「消毒を無差別にしない」「外用薬の混合がいいこともある」「臀部にあれば全部褥瘡というのは間違い」などの,褥瘡に対する近年大きく変わった考え方を紹介.糖尿病フットケアの重要性やフットケアと下腿潰瘍の最新のケアについても詳述.褥瘡やフットケアに関わるすべての医療従事者に役立つ創傷管理の新常識.(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋
I 褥瘡
 1.1 まず創面をよく診る (磯貝善蔵)
 1.2 褥瘡を治すためにはまず創面環境整備が必要 (門野岳史)
 1.3 創面は乾かさず湿らせて治すのが鉄則 (安部正敏)
 1.4 治療薬は外用薬だけではない (菅野恵美,館 正弘)
 1.5 外用薬混合の工夫 (古田勝経)
 1.6 体位変換は諸刃の剣 (大浦武彦)
 1.7 創傷に消毒剤を使うか?使うべきでないか? (市岡 滋)
 1.8 臀部にある潰瘍は褥瘡ばかりではない (宮地良樹)
 1.9 栄養管理なくして褥瘡治癒なし (岡田克之)
 1.10 新しい治療ツール「陰圧閉鎖療法」 (藤澤章弘)
 1.11 医療行為で起こる褥瘡(医療関連機器圧迫創傷) (須釜淳子,松井優子,木下幸子)
 Topics(1) DTIとは何か? (田村敦志)
 Topics(2) 褥瘡リスクアセスメントツール (仲上豪二朗,真田弘美)
 Topics(3) DESIGN-R (立花隆夫)
 Topics(4) 皮膚の浸軟への対応 (三富陽子)
 Topics(5) 体圧分散とポジショニング (田中マキ子)
II 糖尿病フットケア
 2.1 糖尿病フットケアの重要性を知る (中西健史)
 2.2 これが糖尿病性足病変の皮膚科的治療とフットケア (加藤卓朗)
 2.3 これが糖尿病性足病変の形成外科的フットケア (大澤沙由理,寺師浩人)
 2.4 糖尿病性足病変の血管外科治療のトレンド (宮地紘樹,児玉章朗,古森公浩)
III 下腿潰瘍
 3.1 下腿潰瘍の原因はうっ滞だけではない (谷岡未樹)
 3.2 血流管理なしに下腿潰瘍は治らない (伊藤孝明)
 3.3 予防管理・圧迫療法の重要性 (是枝 哲)
付録 代表的な体位分散マットレス
●B5 並製 240頁 写真・図・表:200点 2014年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病治療ガイド2014-2015

日本糖尿病学会・編

本書は日本糖尿病学会が総力を挙げて編集・執筆されたガイドブックで,コンパクトな1冊ながら,糖尿病診療の全体像,最新情報をわかりやすくまとめた,充実した内容となっている.内科医はもとより,外科系の医師,研修医,コメディカルスタッフ(看護師,薬剤師,栄養士,臨床検査技師,理学療法士,臨床心理士など),医療関連企業の皆様にもご好評いただき,広く活用いただいている.今回の改訂では,新しく発表された糖尿病腎症の病期分類に対応させて,糖尿病腎症生活指導基準を一新し,2013年11月に発行された「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」に沿って食事療法の記載を見直し,新しい薬剤の情報(SGLT2阻害薬など)も加えるなど,全面的にアップデートして大幅な改訂が行われた.(出版社HP紹介文より)
1.糖尿病 疾患の考え方
 A.糖尿病とは/B.糖尿病に関する指標/C.糖尿病の分類
2.診 断
 A.病歴聴取の注意点/B.身体所見のポイント/C.診断のための検査/D.糖尿病の診断/E.境界型とメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)
3.治 療
 A.治療目標とコントロール指標/B.治療方針の立て方/C.糖尿病患者教育とチーム医療/D.災害への備えと災害時の対応
4.食事療法
 A.食事療法の進め方/B.食事療法の実際/C.合併症の予防のために
5.運動療法
6.薬物療法
 A.経口薬療法/B.注射薬療法/C.その他の薬物療法
7.低血糖およびシックデイ
 A.低血糖/B.シックデイ
8.糖尿病合併症とその対策
 A.糖尿病合併症とは/B.急性合併症/C.慢性合併症/D.合併症の検査
9.ライフステージごとの糖尿病
 A.小児・思春期における糖尿病/B.妊娠と糖尿病/C.高齢者の糖尿病
10.専門医に依頼すべきポイント
 A.糖尿病専門医に依頼する場合/B.他科専門医に依頼する場合/C.地域連携,病診連携
付 録
 特定健診・特定保健指導の進め方─ 糖尿病予防の立場から/自己検査用グルコース測定器一覧表/血糖降下薬一覧表/参考書
索 引
●B5・112ページ 2014年発行 文光堂
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病看護フットケア技術(第3版)

編集:日本糖尿病教育・看護学会

「糖尿病足病変の指導に係る適切な研修」のプログラムに沿った内容です。
本書は糖尿病重症化予防のための、「看護としてのフットケア」を学ぶテキストです。
第3版では、第2版の内容を精錬した上で、「下肢の解剖」を詳しくし、「足の外観」「触圧覚・触覚・痛覚」の見方等フットケアに必要な「足をみる」ための知識を充実させました。また、フットケアを行う現場の声を反映し、フットケアの記録用紙に「簡易版」を加え、限られた時間でアセスメントを行う際のポイントを示しました。
以下、目次より抜粋。
はじめに
テキストを活用するためのビジュアルマップ

第1章 看護としてのフットケア
1 看護としてのフットケアの意義
2 糖尿病看護におけるフットケアの特徴

第2章 フットケアのための基礎知識
1 足の構造と機能
2 糖尿病患者の足病変〜病態生理から治療まで

第3章 フットケアのためのアセスメント
1 足の状態の把握とアセスメント
2 全身状態の把握とアセスメント
3 生活状況の把握とアセスメント
4 セルフケア状況の把握とアセスメント

第4章 適切なケア方法の検討
1 足病変の予防方法
2 フットケアに必要なケア技術
3 足病変へのケア方法

第5章 セルフケアの支援
1 なぜセルフケアが必要か
2 セルフケア支援の進め方
3 セルフケア支援のポイント
4 身体障害に応じたセルフケアの工夫
 -自分でフットケアを行うことが困難な患者の支援-

第6章 フットケア実践の評価と記録の活用
1 記録用紙の意味と使い方
2 フットケア記録用紙詳細版の活用のポイント
3 フットケア記録用紙簡易版の活用のポイント

第7章 事例を通して考えるフットケア
1 神経障害・その他の合併症がある事例
2 神経障害と認知症がある事例
3 神経障害をはじめ、複数の合併症がある事例(記録用紙簡易版記入例)
4 神経障害と足潰瘍の既往がある事例
5 透析療法中で足病変の既往がある事例

第8章 フットケアとリスクマネジメント  
1 看護におけるフットケアを取り巻く社会的背景
2 糖尿病重症化予防に関わる研修についての日本糖尿病教育・看護学会の見解
3 あらためて看護の原点に立ち返って

資 料
1 はじめに
2 「糖尿病合併症管理料」とは
3 「糖尿病合併症管理料」評価に向けた特別委員会の活動の経緯
4 その後の診療報酬算定要件充足に向けた日本糖尿病教育・看護学会の活動
●B5・200ページ 2013年発行 日本看護協会出版会(0436-23-3271)
 出版社ホームページ→トップ


 はじめてのフットケア

大阪市立大学大学院医学研究科 皮膚病態学 講師 中西 健史 著

フットケアの「超」入門書
フットケアの基本中の基本だけををやさしく解説した入門書。足病変や足の解剖といった基本知識から、たくさんのカラー写真でさまざまな足病変のアセスメントがわかり、かんたんで安全なフットケアの手技が学べる。本書を読んで、フットケアをはじめましょう!(出版社HPより)
●B5・80ページ 本体\1,800円+税 2012年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病フットケア外来スタートブック

編著:添田 百合子(大阪医科大学附属病院 慢性疾患看護専門看護師)

糖尿病フットケア外来の一日をテーマに、フットケア外来で必要な知識や技術をくまなく解説。検査や病態、ケアについては各ポイントを文末にまとめ、要点を一目でつかむことができる。「患者さんへの声かけ」「セルフケア指導」など普段の指導で使えるコツも掲載!(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。第1部 糖尿病フットケアの基知識(第1章 糖尿病とフットケア、第2章 フットケア外来でのスタンダードな仕事)/第2部 フットケア外来のお仕事(Step1 フットケア外来スタート、Step2 患者さんと話す、Step3 患者さんの足をみる・評価する、Step4 ケア・指導をする、Step5 フットケアチーム・カンファレンス、Step6 患者さんへの啓発)/第3部 外来システム立案 など。
●B5判・272ページ 2011年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2 | 3 | 4   

現在の掲載書籍数1031冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。