糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

医療関係者対象 - 糖尿病一般
 インクレチン関連薬の臨床 Plus

監修:
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長
著者:
佐野 元昭 慶應義塾大学医学部循環器内科准教授
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長


内容紹介

● 2016年12月に刊行の糖尿病新薬であるSGLT2阻害剤の臨床について解説した「糖尿病克服宣言Pro.2」に続く「糖尿病克服宣言」シリーズの第3弾です
● 本書は、インクレチン関連薬である DPP-4阻害剤とGLP-1受容体作動薬について、糖尿病を専門としない医師にも図やイラストを交えてわかりやすく解説したものです。それぞれの薬剤を比較しながらプロフェッショナルの処方を伝授します。
● 加えて、持効型インスリンを最後の章に追加したことで書名の末尾に「Plus」としました。SGLT2阻害剤とインクレチン関連薬という新薬の登場によって、これまでの就寝前持効型インスリン注射についての考え方が大きく方針転換を迫られています。その処方術についてもわかりやすく解説しています。

【目次】

第1章 総論
第2章 DPP-4 阻害剤の比較
1.スイニー
2.テネリア
3.グラクティブ
4.エクア&エクメット
5.トラゼンタ
6.ジャヌビア
7.マリゼブ
8.その他のインクレチン製剤
第3章 GLP-1 受容体作動薬
1.バイエッタ
2.ビクトーザ
3.リキスミア
4.ビデュリオン
5.トルリシティ
第4章 持効型インスリン
1.なぜ本書で持効型インスリンを解説するのか?
2.ランタスXR
3.トレシーバ
4.グラルギン・リリー
5.グラルギン・富士フイルムファーマ
(出版社HPより)
●B5判/128頁/オールカラー/図136点・表4点 本体3,240円+税 2017年発行  医学と看護社
 出版社ホームページ→書籍トップ


 インフォームドコンセントのための図説シリーズ 糖尿病 改訂版

・順天堂大学名誉教授/順天堂大学大学院医学研究科(文科省事業)・スポートロジーセンター センター長 河盛隆造 編
・順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編


内容紹介

● 好評の初版から8年、待望の改訂版発刊!患者の様々な「なぜ?」に対し、豊富なイラストと図表を用いて分かりやすく解説。
● 糖尿病のメカニズムから診断、合併症、治療法に至るまで、なお一層理解が深まる情報をこの一冊に。
● インフォームドコンセントのツールとして、糖尿病診療に携わる医療スタッフを強力にサポート!

【もくじ】

1.糖尿病ってどんな病気?
2.診 断
3.合併症
4.治療法
 1)食事療法
 2)運動療法
 3)経口薬療法
 4)インスリン療法

(出版社HPより)
●A4変型判 88頁 本体4,800円+税 2017年発行  医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→書籍トップ


 SGLT2阻害剤の臨床

著者
入江潤一郎 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科専任講師
佐野 元昭 慶應義塾大学医学部循環器内科准教授
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長
監修
鈴木 吉彦 日本医科大学客員教授/ HDCアトラスクリニック院長
佐野 元昭 慶應義塾大学医学部循環器内科准教授

糖尿病新薬の特徴と違いがやさしく分かるプロフェッショナルの処方術!
目次
Global evidenceが多いフォシーガ、Japan evidenceが多いスーグラ。American & Global evidenceが多く、SGLT2阻害選択性があえて低いカナグル。代謝系に工夫を凝らすことで安全性を高めたルセフィ。半減期が長く翌朝まで効果が持続するジャディアンス、半減期が短く日中に強く効果を示しやすいトホグリフロジン(商品名:デベルザ、アプルウェイ)。どれも処方を分けることが重要で、使い分ける技がプロとして必要とされます。本書は、新薬の特徴をよく知り、こうした製剤間の違いを理解して効果的に処方できるように、分かりやすく解説しています。
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より抜粋。
第1章 総論:SGLT2阻害剤について
第2章 フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン 商品名:フォシーガ錠)
第3章 カナグル(一般名:カナグリフロジン 商品名:カナグル錠)
第4章 ルセフィ(一般名:ルセオグリフロジン 商品名:ルセフィ錠)
第5章 トホグリフロジン(一般名:トホグリフロジン 商品名:デベルザ錠、アプルウェイ錠)
第6章 スーグラ(一般名:イプラグリフロジン 商品名:スーグラ錠)
第7章 ジャディアンス(一般名:エンパグリフロジン 商品名:ジャディアンス錠)
●B5判/112頁/オールカラー/図135点 定価3,240円(本体3,000円+税) 発行日:2016年12月20日(第1版) (株)医学と看護社
出版社ホームページ→トップSGLT2阻害剤の臨床


 糖尿病を併せ持つ患者へのチームアプローチ

数間 恵子 (編集)


内容紹介
・チーム医療による糖尿看護がわかる一冊!
・糖尿病を背景疾患として持つ患者さんのケアについてチームアプローチの視点から解説します。
・患者にかかわった専門職の構成、情報共有のプロセス・何をどう判断したか、治療・指導(退院指導,継続看護など)を事例を通して紹介しています。
・多職種のかかわりが必要な現代の糖尿病患者の支援に必携の一冊です。

本書では最前線で活躍する医療チームの20事例を紹介。かかわった専門職の構成、情報共有のプロセス、治療・看護を具体的に示した。医療チームの“かなめ”は看護師であるあなた。(「BOOK」データベースより)
第1章 疾患の治療・対応
虚血性心疾患/検査を受ける患者/がん治療1:手術/がん治療2:化学療法/がん治療3:放射線療法/リハビリテーショ ン/精神疾患/認知症/肝硬変

第2章 糖尿病合併症・関連する症状
産科 /サルコペニア/透析導入/ロービジョン/うつ病/使えない薬がる患者(ステロイド)/口腔ケアと歯科治療/糖尿病足病変と漢方治療

第3章 エンド・オブ・ライフケア
エンド・オブ・ライフケア 1 / エンド・オブ・ライフケア 2

第4章 災害時の糖尿病患者への看護
被災者支援時の対応
●文庫 180ページ (本体\2,500+税) 2016年発行 看護の科学社
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病診療ガイドライン2016

日本糖尿病学会(編・著)


内容(出版社HPより)
国内外の最新エビデンスを反映した診療ガイドライン。臨床現場での利便性を高めるため、Clinical Question(CQ)方式を採用。新規治療薬や新たな診療機器の登場等、飛躍的な進歩を遂げる糖尿病診療を網羅し、また糖尿病性腎症病期分類や妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化、高齢者糖尿病の血糖コントロール目標値の検討といった新知見も盛り込んでいる。わが国の糖尿病診療におけるEBM実践の指針であり、糖尿病患者に関わるすべての医療者必携の一冊。 ●560ページ・2016年6月・B5・4,300円 + 税
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数979冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。