糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

医療関係者対象 - 1型糖尿病・合併症他・各論
 SGLT2阻害薬の使用指針
〜市販後の実臨床から適正使用を考える〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授[別巻責任編集] 加来浩平 編集委員長
順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授 池上博司 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●糖尿病治療に新風を送り込んだ上市から1年―。より慎重な取り扱いが求められるSGLT2阻害薬について,急務となる科学的な有用性・安全性の評価のため,シリーズ別巻を緊急発刊!
●本薬剤のベネフィットを最大限に引き出す,適正使用の指針となる書。最新情報を基に,副作用についての予防・対応策も詳説。
●糖尿病専門医に,第1〜3巻と併せて是非とも活用いただきたい一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論
第1章 SGLT2阻害薬の作用・作用機序と適応・禁忌
第2章 SGLT2阻害薬の臨床的有効性
 1.糖代謝改善効果・体重減少効果の観点より
 2.心血管合併症危険因子抑制効果
  (血圧,脂質,尿酸,蛋白尿減少など)の観点より
第3章 臨床使用上の位置付けと実践・応用

各論
第1章 SGLT2阻害薬の安全性についての概要と対応
第2章 皮膚症状の特徴,予防と対応
第3章 尿路・性器感染症の特徴,予防と対応
●B5判 100頁 2015年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


 最新インスリン療法 改訂第2版 ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて

専門編集:綿田裕孝(順天堂大学)、編集主幹:荒木栄一(熊本大学)

インスリン療法を行ううえで必ずおさえておきたい基礎的事項の解説はもとより臨床に即した応用のツボの紹介や,さまざまな病態がある2型糖尿病患者への具体的なインスリンの投与法,妊娠や周術期への対応,1型糖尿病患者への治療法などを詳述した『最新インスリン療法』の改訂第2版,糖尿病患者のQOL改善を目指すための,より新しい知見や薬剤情報を盛り込んでいる.
以下、目次より抜粋。
第1章 インスリン治療の基本
 インスリン治療の目的と適応
 インスリン投与量と血糖降下の関係
 インスリン製剤の種類と特性

第2章 2型糖尿病のインスリン治療
 A インスリン自己注射治療
  インスリンデバイスの多様性と自己注射手技の実際
  患者心理を考えたインスリン導入の説明・指導
  インスリン導入時の用法と用量の設定
  血糖自己測定器の多様性と活用方法
  経口血糖降下薬との併用についての考え方
  低血糖の意味と対処法
  シックデイのインスリン調節
 B 外来インスリン導入例
  SU薬二次無効例に超速効型インスリンを外来で導入した典型例
  超速効型インスリン3回注射のみでは空腹時血糖が改善しない例への対処
  SU薬二次無効例を混合型製剤注射2回打ちに変更した症例
  混合型インスリン製剤2回打ちでうまくコントロールできなかった症例への対応
  SU薬効果不十分例に持効型溶解インスリン1回注射を上乗せ投与(BOT)した症例
  BOTのエビデンスーORIGIN試験
  BOTでうまくコントロールできなかった症例への対処
  SU薬二次無効例にBOTでインスリンを導入し、その後強化インスリン療法を導入した例
  インスリン投与法が血糖コントロールに与える効果のエビデンス
 C 病棟でのインスリン治療
  糖尿病昏睡
  糖尿病合併妊娠、妊娠糖尿病
  ステロイド糖尿病
  術前・術後の血糖管理
  人工膵島による周術期の血糖管理
  ICUでの血糖コントロールが患者予後に与える影響のエビデンス
  肝硬変、慢性肝疾患患者
  腎不全、透析患者
  MAT療法
 D インスリン治療がしばしば難渋するケース
  インスリンアレルギー、皮下硬結への対処
  インスリン抗体による不安定糖尿病への対処
  高齢者や認知症患者
  精神疾患(うつ病など)
  高度肥満症例で減量が困難なケース

第3章 1型糖尿病のインスリン治療
 1型糖尿病のインスリン治療における用量設定の考え方
 若年患者に対する指導と注意点
 カーボカウントの基本と臨床での適応例
 血糖の動揺が激しい症例への対処:動揺の原因とCSII以外の方法による対処
 インスリンポンプの種類と指導方法
 インスリンポンプ療法の適応と用量調節方法
 強化インスリン療法からCSII療法に切り替え血糖コントロールが改善した1型糖尿病症例
 膵臓、膵島移植の現状と将来
●B5・320ページ 2015年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


 インスリンポンプとCGM 糖尿病をうまく管理するためのガイド

Francine R.Kaufman 著/雨宮伸・難波光義 監訳

●患者さんと医療従事者に役立つ糖尿病最新治療ガイド!
●インスリンポンプとCGM をうまく使いこなせば,糖尿病合併症の予防とQOL ( 生活の質) の向上を両立できます.インスリンポンプを使うと,食事内容や運動量に応じたインスリンの調節が簡単にでき,「糖尿病の治療に合わせて生活する」のではなく,「生活に合わせて糖尿病を治療する」ことが可能となるからです.またCGMを使うと,血糖値の変動パターンがよくわかるだけでなく,これから血糖値がどう変化していくかを予測できます.
●本書には,年齢に応じた自己管理,学校生活や旅行時の注意点,スキンケアの重要性など,実際の糖尿病治療に役立つヒントがたくさん書かれています.
●原著者のフランシーヌ・カウフマン医師はインスリンポンプおよびCGMを用いた糖尿病最新治療の世界的な第一人者で,患者さんと医療従事者のどちらが読んでも役立つ内容をわかりやすい言葉で解説しています.
●日本と状況が異なる記述に対応し,豊富な注釈・コラムや付録を追加しています.(出版社HPより)
 日本の読者の皆さまへ(フランシーヌ・カウフマン 訳/村田 敬)
 監訳のことば(雨宮 伸・難波光義)
 謝辞(訳/澤木秀明)
 はじめに(訳/村田 敬・澤木秀明)
第I部 基本的なことについて
 第1章:糖尿病について知っておいてほしいこと(訳/松久宗英)
 第2章:インスリンポンプの概要(訳/川嶋 聡)
  コラム:日本におけるインスリンポンプの実際(川嶋 聡)
第II部 いちばん大切なところ
 第3章:わたしのインスリンポンプはどういう仕組みになっているの?(訳/豊田雅夫)
 第4章:ベーサルのすべて(訳/坂根直樹)
 第5章:ボーラスのすべて(訳/坂根直樹)
 第6章:食事計画を理解する(訳/坂根直樹)
  コラム:食事計画に関する日本の情報(坂根直樹)
 第7章:運動の効果について,わかっておきましょう(訳/神内謙至)
 第8章:注入回路の実際(訳/加藤 研)
 第9章:特殊な状況について:シックデイ,入院したとき,インスリンポンプ療法を休止するとき(訳/廣田勇士)
  コラム:日本におけるケトン体の在宅測定の現状について(村田 敬)
 第10章:旅行とインスリンポンプ(訳/黒田暁生)
 第11章:インスリンポンプと学校生活:小学校入学から大学まで(訳/川村智行)
  コラム:小児糖尿病に関連する日本の福祉事業など(川村智行)
第III部 インスリンポンプ療法に適応する
 第12章:年齢に応じた能力(訳/川村智行)
 第13章:インスリンポンプ療法の心構え(訳/黒田暁生・松久宗英)
第IV部 CGM
 第14章:CGMの実際(訳/池田富貴)
  コラム:日本におけるCGMの医療費について(村田 敬)
 第15章:CGMとポンプの使いかた(訳/村田 敬)
第V部 将来への展望
 第16章:将来への展望(訳/村田 敬)

 付録:日本における小児1型糖尿病を取り巻く問題(川村智行)
 索引
 訳者あとがき(村田 敬)
●B5・240ページ 2015年発行 医歯薬出版株式会社
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病治療のニューパラダイム 第3巻 薬物療法の実践 〜インスリンを中心に〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授 加来浩平 編集委員長
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授[第3巻責任編集] 池上博司 編集委員
順天堂大学大学院代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●第3巻はインスリンによる治療編。総論ではその適応やインスリンの種類、特性といった基礎知識を大規模臨床試験の結果も含め解説。
●各論では、インスリン療法の実際、1型・2型糖尿病に加え様々な病態や臨床状況に応じた対応を詳述。今まさに注目される、GLP-1受容体作動薬との併用、災害時の備えや展望、再生医療についても紹介した充実の内容。
●専門医のみならず、糖尿病治療のエキスパートを目指す医師にも、ぜひ第1巻、2巻と併せて活用いただきたい一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論
インスリン治療の基礎知識
 1.インスリン治療の適応とポジショニング
 2.インスリン製剤の種類と特性
 3.インスリン治療のエビデンス(大規模臨床試験)

 各論
1章 インスリン療法の実際
 1.外来インスリン導入の実際
 2.自己注射指導の実際
 3.血糖自己測定指導の実際
 4.経口薬およびGLP-1受容体作動薬との併用療法
 5.持続皮下インスリン注入療法(CSII)の実際
 6.持続血糖モニター(CGM)の意義
2章 インスリン治療に伴う緊急症対応
 1.シックデイの対応
 2.低血糖の対応 
 3.ケトアシドーシス・高血糖高浸透圧昏睡への対応
 4.災害への備え、災害時の対応
 5.インスリン治療における心理面への対応
3章 1型糖尿病のインスリン治療
 1.インスリンの用法・用量設定
 2.カーボカウントの基礎と実際  3.若年者(小児・思春期)に対する治療・指導の実際
 4.不安定型糖尿病の治療
 5.膵臓移植・膵島移植
4章 2型糖尿病のインスリン治療
 1.速効型と超速効型、中間型と持効型溶解インスリンの使い分け
 2.経口薬からインスリンへの切り替え(併用療法を含む)
 3.インスリンから経口薬への切り替え・インスリン離脱
 4.インスリンとGLP-1受容体作動薬の使い分け
5章 特殊例の対応
 1.糖尿病合併妊婦のインスリン治療(1型・2型)
 2.高齢者・認知症・介護例の対応
 3.腎不全・透析患者(血液・腹膜)のインスリン治療
 4.ステロイド使用例のインスリン療法
 5.肝硬変(慢性肝疾患)合併例のインスリン療法
 6.インスリンアレルギー
 7.インスリン抗体陽性例
6章 将来の適応拡大および展望
 1型糖尿病に対するGLP-1受容体作動薬〜血糖コントロール安定化・β細胞量増加効果〜

トピックス
 再生医療(膵β細胞)
●B5判 272頁 2015年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病治療のニューパラダイム 第2巻 薬物療法の実践 〜血糖降下薬を中心に〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授 加来浩平 編集委員長
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員 [第2巻責任編集]
順天堂大学大学院代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授 池上博司 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●第2巻は血糖降下薬による治療編。総論ではその作用機序から安全性、ガイドラインにおける各薬剤の位置付け、わが国での薬物治療の動向までを解説。
●各論では、様々な病態や臨床状況に応じた治療法や課題、副作用について詳述。加えて実践の章は服薬指導や医療経済をも視野に入れた充実の内容に。
●第1巻に引き続き、専門医のみならず、糖尿病治療のエキスパートを目指す医師にも必読の一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論
1章 血糖降下薬の作用・作用機序と適用
2章 血糖降下薬の安全性
3章 血糖降下薬治療のアウトカム
4章 血糖降下薬の予防効果
5章 ガイドラインにおける血糖降下薬治療
6章 血糖降下薬治療の現状
トピックス 国内・海外の承認プロセス

各論
1章 血糖降下薬治療の実際
2章 治療動向と現状を踏まえて 3章 血糖コントロール状態の把握
4章 血糖降下薬(注射製剤)の使用
5章 インスリン療法の離脱
6章 インスリンの導入

実践
1章 経口血糖降下薬の服薬指導の実際
2章 糖尿病患者の診療状況
3章 医療経済面からみた糖尿病治療
●B5判 272頁 2014年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1054冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。