糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

コメディカル対象 - 食品・栄養関係
 糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)

編著:日本糖尿病学会

昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
[改訂のポイント]
1.食品分類表のなかの1単位あたりの栄養素の平均含有量の一部を見直した.
2.食事に占める炭水化物の割合について,60%,55%,50%の配分例を示した.
3.表紙見返しに「私の食事療法」記入欄をつくった.
4.耳慣れない用語や注意点について,コラムや図を挿入して理解しやすくした.
(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
1 糖尿病とは
2 糖尿病治療の目標
3 糖尿病治療の方法
4 糖尿病治療のための食事とは
5 食品交換表について
6 食品交換表の使い方16
7 食品のはかり方
8 食事療法を長続きさせるために
[表1]
 ● 穀物
 ● いも,炭水化物の多い野菜と種実,豆(大豆を除く)
[表2]
 ● くだもの
[表3]
 ● 魚
 ● 貝
 ● いか,たこ,えび,かに,その他
 ● 魚介の干物,水産練製品,佃煮など
 ● 魚介缶詰
 ● 大豆とその製品
 ● 卵,チーズ
 ● 肉とその加工品
[表4]
 ● 牛乳と乳製品(チーズを除く)
[表5]
 ● 油脂,脂質の多い種実,多脂性食品
[表6]
 ● 緑黄色野菜
 ● 淡色野菜
 ● 海藻,きのこ,こんにゃく
[調味料]
 ● みそ,みりん,砂糖など
[外食料理・調理加工食品類・し好食品]
 ● ごはん物,丼物,すし,弁当
 ● めん類,パン食,一品料理ほか
 ● インスタント食品・調理加工食品
 ● アルコール飲料,し好飲料
 ● アイスクリーム,くだもの缶詰,菓子類など
[参考資料]
 食塩が多い食品
 コレステロールが多い食品
 食物繊維が多い食品
 表1,表2,表4の食品,調味料の炭水化物・糖質・食物繊維含有量
 単位配分表から1日の各栄養素の総量を算出できる仕組み(模式図)
索 引
●B5・132ページ 2013年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病食事療法まるごとガイド: 基本も実践もまとめて学べる! 患者指導に活きる! (糖尿病ケア2013年春季増刊)

綜合病院山口赤十字病院 野 あけみ 編著

糖尿病治療の基本である食事療法の指導について、基礎から実践までしっかり押さえておきたい糖尿病スタッフにオススメ! 糖尿病以外の疾患をもつ患者さんへの対応をはじめ、カーボカウントなどの指導方法や患者対応のコツについてもまとめられ、今日の指導にもすぐ役立つ。(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
【第1章】糖尿病食事療法の基礎知識
【第2章】糖尿病食事療法の指導方法
【第3章】個人への糖尿病食事指導の進め方
【第4章】集団での糖尿病食事指導の進め方
【第5章】糖尿病以外の疾患をもつ患者さんへの指導
【第6章】知っておきたい糖尿病食事指導のコツ
●B5・272ページ 本体\4,000円+税 2013年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病3Cワークブック

著者:村田 敬((独)国立病院機構京都医療センター糖尿病センター)

1型糖尿病患者の療養指導に必要なカーボカウント(Carbohydrate Counting)、インスリンポンプ(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII)、CGM(Continuous Glucose Monitoring)の3Cについて、70題の演習問題を解きながら知識を身につけていくことができる。設問には基礎的な知識を問うものや、療養指導上で対応に迷う場面などを取り上げている。患者さんとの会話の幅を広げる43のコラムなど、充実した内容のワークブックである。(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
難易度 ★
 1.インスリン自己調節の重要性(Carb)
 2.三大栄養素と血糖値(Carb)
 3.炭水化物・食物繊維・糖質の違い(Carb)
 4.三大栄養素間の代謝(Carb)
 5.カーボカウントする食品・しない食品(Carb)
 6.調味料中の炭水化物(Carb)
 7.栄養成分表示の読み取り(Carb)
 8.カーボカウントの有用性(Carb)
 9.カーボカウント指導とチーム医療(Carb)
 10.CSIIの原理と特性(CSII)
 11.CSIIはどのような1型糖尿病の患者さんに適しているか? (CSII)
 12.インスリンポンプの構成(CSII)
 13.基礎注入と追加注入(CSII)
 14.CSIIと健康保険(CSII)
 15.CGMの原理と特性(CGM)
 16.CGMはどのような1型糖尿病の患者さんに適しているか? (CGM)
 17.CGMと健康保険(CGM)

難易度 ★★
 18.なぜ牛乳はカーボカウントするのに、チーズはしないのか?(Carb)
 19.炭水化物とエネルギーの関係(Carb)
 20.穀類のたんぱく質 (Carb)
 21.糖尿病食の副食中に含まれる炭水化物の量(Carb)
 22.朝食(食パン中心)のカーボカウント (Carb)
 23.夕食(米飯中心)のカーボカウント(Carb)
 24.乾麺とゆで麺の違い(Carb)
 25.餃子定食のカーボカウント(Carb)
 26.ハンバーガーセットのカーボカウント(Carb)
 27.すきやきとしゃぶしゃぶの違い(Carb)
 28.はるさめと糸こんにゃくの違い(Carb)
 29.とんかつ定食のカーボカウント(Carb)
 30.たいやきとチーズケーキのカーボカウント(Carb)
 31.ミートソーススパゲッティとペペロンチーノの違い(Carb)
 32.ご飯とお粥のカーボカウント(Carb)
 33.あなたの過去24時間の食事内容をカーボカウントしてください(Carb)
 34.インスリン炭水化物比 (ICR)の算出(Carb)
 35.インスリン炭水化物比(ICR)の活用(Carb)
 36.修正因子(CF)の算出(Carb)
 37.修正因子(CF)の活用(Carb)
 38.インスリンポンプの種類(CSII)
 39.インスリンポンプの基本操作(電池交換など)(CSII)
 40.インスリンポンプのベーサル設定(CSII)
 41.インスリンポンプのボーラス操作(CSII)
 42.インスリンポンプのサスペンド操作(CSII)
 43.インスリンポンプの一時ベーサル操作(CSII)
 44.注入回路の交換方法(CSII)
 45.スマートポンプの活用(Carb, CSII)
 46.インスリンポンプのベーサル調節(CSII)
 47.SMBGのグラフ化によるベーサル評価(CSII)
 48.CGMの解釈(夜間の低血糖)(CSII, CGM)
 49.CGMの解釈(暁現象)(CSII, CGM)
 50.CGMによるベーサル設定の調節(暁現象)(CSII, CGM)
 51.CGMによるICRの調節(食後高血糖)(Carb, CSII, CGM)

難易度 ★★★
 52.小児・思春期のカーボカウント(Carb)
 53.カーボカウントと家族への支援 (Carb)
 54.カーボカウントと低炭水化物ダイエットの違い (Carb)
 55.カーボカウント指導を患者さんが拒否した場合 (Carb)
 56.飲酒時のインスリン自己調節(Carb)
 57.水泳時にインスリンポンプをどうしたら良い? (CSII)
 58.インスリンポンプを使っているのに血糖測定しない患者さんにどう説明する? (CSII)
 59.寝る前に入浴して回路交換するリスクとは? (CSII)
 60.説明のつかない高血糖が発生したときの対応 (CSII)
 61.妊娠中の血糖コントロール(Carb, CSII, CGM)
 62.インスリンポンプのメリットの説明 (CSII)
 63.インスリンポンプに伴うトラブルの説明(CSII)
 64.CSIIのエビデンス(CSII)
 65.CGMのエビデンス(CGM)
 66.糖尿病の自己管理(Carb, CSII, CGM)

難易度 マニアック
 67.おいしいカレーの作り方(Carb)
 68.カーボカウントを最初に考案したのはどこの国の人でしょう? (Carb)
 69.CSIIを最初に臨床応用したのはどこの国の人でしょう? (CSII)
 70.携帯型人工膵臓実用化の条件 (Carb, CSII, CGM)
●A4・192ページ (本体3400円+税) 2013年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病性腎症の病態に基づいた栄養管理・指導のコツ

編集:宇都宮 一典(東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)、
蒲池 桂子(女子栄養大学 栄養クリニック)

糖尿病性腎症の食事療法に焦点をあて、各病期での蛋白・塩分・エネルギーなどの具体的な摂取量、献立例、栄養管理・指導のコツについて記した。また、糖尿病性腎症の病態・病期、検査成績の読み方、薬物療法などの治療目標にも触れ、正しい知識に基づいた適切な食事療法の実践を提案している。糖尿病性腎症における多角的な管理について簡潔にまとめられており、医師のみならず管理栄養士にも手にとって欲しい内容となっている。
以下、目次より抜粋。
I 糖尿病の合併症
 1.心・大血管疾患
 2.糖尿病足病変・足潰瘍
 3.神経障害
 4.眼合併症
 5.糖尿病性腎症
II 糖尿病性腎症の治療
 1.糖尿病性腎症の薬物療法
III 糖尿病性腎症の病期による治療のポイント
 1.早期(微量アルブミン尿期)
 2.顕性期
 3.腎不全期
 4.透析期
IV 糖尿病性腎症の管理に必要な臨床検査成績の読み方
 1.HbA1c
 2.グリコアルブミン
 3.尿 酸
 4.血清クレアチニンと推算糸球体濾過量
 5.血中シスタチンC
 6.尿中アルブミン
 7.尿中IV型コラーゲン
V 透析周期の管理目標と薬物療法(キャリーオーバー)
 1.血 糖
 2.血 圧
 3.脂質異常
 4.貧 血
 5.チーム医療のあり方
VI 糖尿病性腎症における食事療法
 1.保存期食事療法の意義と課題
 2.透析期食事療法の意義と課題
 3.蛋白制限指導の実際
 4.塩分制限指導の実際
 5.カリウム・リン制限指導の実際
 6.脂質栄養のあり方と指導の実際
VII 栄養相談の実際
 1.食事療法の考え方
 2.栄養相談の進め方
 3.食生活の管理と評価
● B5・204ページ 2012年発行 診断と治療社
 出版社ホームページ→トップ詳細


 カーボカウントに役立つ食品成分表 ひと目でわかる! 糖質

監修:坂根直樹、著:佐野喜子

【内容紹介】
★栄養成分表示等の算出に用いられる「日本食品標準成分表2010(文部科学省)」に収録されている食品(1,878品)および栄養成分(50成分)に加えて、いま注目の糖尿病食事療法・カーボカウントに役立つ「糖質量の目安」と「カーボカウントの目安」を掲載しました。

★食事のなかで血糖を上げる栄養素は「糖質」。カーボカウントは、食事に含まれる「糖質」の「量を数える(カウント)」ことで、食後の血糖の上がり方を調整する糖尿病食事療法です。「どの食品にどれくらいの糖質が含まれているか」を知ることが、カーボカウントを進めていくうえでのポイントとなります。本書では、「日本食品成分表」を用いた、カーボカウントのやり方をご紹介しています。

★文部科学省の「日本食品成分表」には「糖質」の表記はなく、「炭水化物」の数値が記載されています(炭水化物は「糖質」と「食物繊維」から構成されている)。そこで本書では、「炭水化物」から「食物繊維」を引いた数値を「糖質量の目安」として掲載していますので、「どの食品にどれくらいの糖質が含まれているか」がひと目でわかるようになっています。また、可食部100gあたりに糖質10g以上が含まれる食品を「糖質が多く含まれる食品」と定義し、●をつけてありますので、カウントすべき食品かどうかもすぐにわかります。

★ダイエット中の方、スポーツ栄養を取り入れている人にも役立ちます。

★巻頭のカラーページでは、カーボカウントの基本的な考え方や、食品成分表を用いたカーボカウントのすすめ方をわかりやすく解説しました。
(出版社HPより)


【目次】カーボカウントで見直す糖尿病の食事療法 /糖質の摂取量に注目するワケ/カーボカウントする「糖質」/1日にどれくらいの糖質をとる?/1食分の糖質量の見積もり方/食品成分表を用いてカーボカウント/おもな食品の糖質量&カーボ数/カーボカウントをはじめましょう!/カーボカウント一問一答/この本の使い方/糖質量がわかる! 食品成分表/さくいん/食事記録シート など。
●AB・256 ページ 本体\1,500+税 2012年発行 エクスナレッジ
 出版社ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   

現在の掲載書籍数1118冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。