糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病関連定期刊行物
 月刊 糖尿病
 2009年創刊、月刊。毎号、特集テーマに力を入れた編集が特徴。全ページカラー印刷なため、図表データを読みとりやすい。
【最新号の主な内容】(2018年7月発行号)〔特集:『時間』を軸に考えた糖尿病治療の新展開〕 1. 概日時計と動脈硬化 2. 生体時計と脂質代謝  3. 時計遺伝子と糖代謝 4. 体内時計と栄養 5. 睡眠改善による糖尿病治療 6. 糖尿病合併高血圧の時間治療 7. 概日リズムを考慮した糖尿病予防と治療 8. 時間を考慮した糖尿病運動療法 9. 時間を考慮した糖尿病薬物療法 10. 循環器疾患・糖尿病の時間治療
〔特集にあたって〕
 1997年に最初の哺乳類の時計遺伝子が発見されてから,概日時計(約24時間をはかる体内時計)の本体は時計遺伝子の発現振動であることが明らかにされてきた.4種類の時計遺伝子が中心的に機能してフィードバック回路を形成することでこの発現振動が細胞自律的に発生する.しかし,単一細胞レベルの時計は精巧ではないため,全身の細胞の時計のずれを修正するために,小さな神経核である視交叉上核がペースメーカーとして機能する.時計遺伝子の発見以降概日時計のメカニズムの理解は急速に進んできたが,“なぜ約24時間になるのか”“どのように自律振動を保つのか”“温度補償のメカニズムとは何か”などの核心的な部分は謎に包まれたままである.急速に室内照明が普及した結果,私たちは慢性的な時差ぼけを日常的に経験しており,多岐にわたる疾病のリスクを背負うようになった.概日時計研究の発展による貢献が期待される.
 夜間交代制シフトワーク,夜更かし,夜食,朝食抜きといった不規則な生活をしたり,夜間に携帯やスマートフォンなどで光を浴びたりすると,睡眠障害も手伝い「体内時計」は撹乱し,血栓ができやすく溶解しづらい状態になり心筋梗塞発症につながりうる.若年期からすでに冠動脈硬化は進んでいることから,若年期から可能なかぎり規則正しい食生活を心がけるのがよいと思われる.心血管疾患既往のある者や高血圧や糖尿病などの危険因子(リスクファクター)をもつ者はできるだけ夜間交代制シフトワークを避け,夜は光を浴びることなく質のよい十分な睡眠をとり,朝日を浴び,朝食をとり,夜食をやめることで,生体に備わった「体内時計」の「概日リズム」を取り戻すことが好ましい.
 心筋梗塞の発症が早朝に多いことは多くの研究から明らかである.早朝には交感神経系やレニン・アンジオテンシン系が活性化され血圧や心拍数が増し心収縮が亢進し酸素需要が増加する一方で,冠動脈の血管抵抗も上がるため冠血流は減少し酸素需要に見合うだけの供給がなされない.早朝は血小板凝集能が亢進し凝固因子活性も亢進する一方,線維素溶解(線溶)系は活性低下する.すなわち早朝に血栓ができやすくなる一方,できた血栓は溶解しにくい状態である.  心血管障害の抑制のための血糖管理は,平均血糖だけではなく,血糖変動の改善が必要である.またIGTの病態では,インスリン分泌の量的異常に加えて,インスリン分泌が後方にシフトすることによる食後高血糖や遷延性低血糖が起こることも知られている.
 心血管イベントの発症にも日内・週内・季節変動がある.また,睡眠と生活習慣病の関連,分子レベルでの体内時計の役割や,インスリンが体内時計であるPER2の活性を変動させるという報告もある.量的な治療に加えて質的な治療を達成するためには,「時間」を軸とした生活習慣病治療を考える必要がある.本号では時間を考慮した糖代謝・循環器疾患治療という観点から,時計遺伝子と糖代謝・循環疾患とのかかわりといった基礎的側面と,血糖変動や時間を考えた運動薬物治療などの臨床的側面について,第一線の先生方にご執筆いただいた.本特集が読者にとって糖尿病治療の一助になれば幸いである.
野出孝一(佐賀大学 医学部 循環器内科 教授)

●A4変型・約112ページ 本体\3,200+税 2009年より発行 医学出版(03-3813-8722)
 ホームページ→トップ月刊 糖尿病
fujisan.co.jpへ




 糖尿病ケア 患者とパートナーシップをむすぶ糖尿病療養援助
 2004年創刊、毎月発行。糖尿病療養指導についての専門誌。各号、充実した内容の特集記事、および療養指導のポイントの解説、実践的なアイデアの紹介などの記事で構成。
【最新号の主な内容】(2018年10月発行号)
特集:図解と患者向け1分解説でさくさくわかる! 糖尿病合併症の予防・治療・ケアのすべて せいの内科クリニック 清野弘明
1. 細小血管症
2. 大血管症
3. 糖尿病足病変
4. そのほかの合併症
5. 急性合併症
●B5・約120ページ 本体\1,800円+税 2004年より発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


 PRACTICE プラクティス
 糖尿病医師・医療スタッフのための日常臨床にすぐ役立つ糖尿病専門誌

 糖尿病医療&療養指導に役立つ最新情報を、臨床医や看護師・栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士などの糖尿病医療スタッフのために、毎号,斬新な切り口でアップデートに提供。
 「よりわかりやすく・より役に立つ」視点で、糖尿病に関する全領域をカバー。 糖尿病専門医や糖尿病療養指導士の資格をお持ちの方、またこれから目指す方に必携の専門誌!
【最新号の主な内容】(2018年9月発行)

〔特集:糖尿病とがんを解きほぐす−臨床・基礎・疫学が織りなす両者の関係− 〕

医師・医療スタッフが行く全国病院・クリニック訪問、FORUM、 PUBLICATION、 OVERSEAS、 SERIES 糖尿病と保険診療、 SPOT 糖尿病と男と女、 糖尿病の療養指導Q&A、 CLINICAL RESEARCH、 STUDY そこが知りたかった糖尿病の大規模臨床試験、 ESSAY 鉄・輪だより−鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅−、 CIRCLE リス☆カン フライデーレポート、 CONGRESS、 WHITE BOARD、ほか。
●A4・120ページ 本体\2,400+税 1984年より発行 医歯薬出版(03-5395-7610)
 出版社ホームページ→トップPRACTICE
fujisan.co.jpへ



 糖尿病ケア 患者とパートナーシップをむすぶ糖尿病療養援助
 2004年創刊、毎月発行。糖尿病療養指導についての専門誌。各号、充実した内容の特集記事、および療養指導のポイントの解説、実践的なアイデアの紹介などの記事で構成。
【最新号の主な内容】(2018年9月発行号)
特集:糖尿病の新療法「食事×運動=リハ栄養」 患者のやる気がアップする説明シートつき 大阪市立総合医療センター 細井雅之
1. エネルギーの摂取と消費についてのギモン
2. 運動の効果と栄養との関係についてのギモン
3. フレイル・サルコペニア対策についてのギモン
4. 患者のやる気がアップする!「食事×運動=リハ栄養」説明シート
●B5・約120ページ 本体\1,800円+税 2004年より発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


 腎・高血圧の最新治療 Current Topics of Kidney and Hypertension
 2012年創刊、季刊。「腎と高血圧」の病態生理に着目し、その最新の治療法・薬剤に焦点を絞り、平易でクリアカットに解説。特集のほか、学会レポートや文献紹介、エッセイなどで構成。
【最新号の主な内容】(2018年7月発行号)〔特集:腎・高血圧診療における血液・尿バイオマーカーの新展開〕1.高血圧診療に有用なバイオマーカーの現状と展望 2.CKD診療に有用な血液・尿バイオマーカーの現状と展望 3.腎疾患の診療になぜバイオマーカーのパネル化が必要 4.血液・尿バイオマーカーのエンドポイントとしての課題−予後予測は可能か 5.腎・高血圧診療における新規バイオマーカーへの期待 サイドコラム/Gd-IgA1(糖鎖異常IgA1)モノクローナル抗体 用語解説/Precision Medicine、サルコペニア肥満 文献紹介/Nat Neurosci 21: 240-249, 2018 エッセイ/日本の腎臓病学・高血圧症学の先達から:尿バイオマーカーは健康長寿食の尺度!
●B5・約60ページ 本体\800+税 2012年より発行 フジメディカル出版(06-6351-0899)
 ホームページ→トップ腎・高血圧の最新治療注文
fujisan.co.jpへ  



   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1092冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。