糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病関連定期刊行物
 月刊 糖尿病
 2009年創刊、月刊。毎号、特集テーマに力を入れた編集が特徴。全ページカラー印刷なため、図表データを読みとりやすい。
【最新号の主な内容】(2017年7月発行号)〔特集:糖尿病の「体質」:発症する人としない人の違いはなにか?〕機ゥーバービュー/糖尿病における「体質」:「世界に一つだけの花」から臨床へ 供ヅ尿病の遺伝素因:単一遺伝子病/MODY、ミトコンドリア糖尿病、Wolfram症候群 掘ヅ尿病の遺伝素因:多因子疾患/1型糖尿病、2型糖尿病、糖尿病性合併症の遺伝素因 検ァ崑亮繊廚硫鯡世療庫召箸修糧展/遺伝因子から創薬へ、遺伝環境交互作用、DOHaD説からみた糖尿病の体質、糖尿病と腸内細菌、ゲノム医療への期待と世界の状況、糖尿病の遺伝子診断の現状と展望
〔特集にあたって〕
 病気に限らず、身体・健康に関するさまざまな特徴について、「体質」という言葉が用いられる。そこには一般に「個人による違い」と「生まれながらに(あるいは幼少期から)変わらない」というニュアンスが込められているが、その本体は複雑でさまざまな現象が含まれる。一方で臨床では「個別化医療」すなわり「個人の体質に合った」治療が求められている。個人の生まれながらの「体質」を決める最も大きな要因は、遺伝素因、すなわち「ゲノムの個人差」(ゲノム多様性)である。近年のゲノム医学の急速な進歩により、ゲノム多様性は従来予想されたよりはるかに大きいことがわかってきた。ゲノム多様性は外見や性格、能力も含めた個人差の大きな決定要因であるとともに、疾患の原因、あるいは感受性ともなりうる。では個人差を決める本体はどこまで解明され、医療への応用の見通しはどうなっているのだろうか。
 さらに個人の「体質」には、ゲノム多様性以外の因子の関与もわかりつつある。ひとつは「エピゲノム変化」であり、とくに胎生期〜乳幼児期は栄養など環境因子によりエピゲノム変化を受けやすい時期と考えられている。また腸内細菌は100兆個以上と、ヒト細胞(60兆)を凌ぐほど多いとされるが、宿主であるヒトと相互に影響を与え合う「超生命体(superorganism)」であり、糖尿病・肥満などさまざまな疾病の感受性にも寄与していることがわかってきた。  本特集では、糖尿病の「体質」を中心として、現在の到達点や、臨床における課題、今後の展望などをまとめた。これにより、糖尿病患者から「体質」についての質問を受けても曖昧にはぐらかすことなく、かつ正確な言葉で対応できることになると期待している。
安田和基(国立国際医療研究センター研究所 糖尿病研究センター 代謝疾患研究部 部長)

●A4変型・約130ページ 本体\2,700+税 2009年より発行 医学出版(03-3813-8722)
 ホームページ→トップ月刊 糖尿病
fujisan.co.jpへ




 糖尿病ケア 患者とパートナーシップをむすぶ糖尿病療養援助
 2004年創刊、毎月発行。糖尿病療養指導についての専門誌。各号、充実した内容の特集記事、および療養指導のポイントの解説、実践的なアイデアの紹介などの記事で構成。
【最新号の主な内容】(2017年7月発行号)
〔特集:肥満症の基礎知識から最新情報まで 糖尿病患者の「減量指導」Q&A1.肥満の診断/Q1 肥満とは?、Q2肥満症の診断は?、Q3 メタボリックシンドロームの診断は?、Q4 なぜ体脂肪率で判定しないの?  2.肥満と糖尿病/Q5 肥満が糖尿病をひき起こす理由は?、Q6 20 歳から何kg増えると糖尿病になりやすい?、Q7 どのくらい痩せればよい?、Q8 肥満を伴う高齢糖尿病患者さんは痩せるほうがよい?  3.いろいろな脂肪/Q9 内臓脂肪って何?、Q10 内臓脂肪はどうやって測定するの?、Q11 異所性脂肪って何?、Q12 燃える脂肪があるって本当?  4.減量のエビデンス/Q13 どのような食事療法が痩せる?、Q14 水を飲んでも太る?、Q15 7,500kcal減で体脂肪が1kg減るのは本当?、Q16 リバウンドしやすいのはどのような人?  5.食事療法/Q17 今,話題のポーションコントロールって何?、Q18 肥満者は誘惑に弱い?どうしたらよい?、Q19 わかっているけれどできない心理は?、Q20 1人でできない人への食事指導方法は?、Q21 おすすめの減量レシピは?  6.運動療法/Q22 肥満者にありがちな行動パターンと対策は?、Q23 減量に有効な歩き方は?、Q24 減量効果を高める歩き方は?、Q25 時間がない人におすすめの運動は?  7.薬物療法/Q26 経口糖尿病薬のなかで体重が増えやすいのは?、Q27 体重を増加させにくいインスリン製剤の使い方は?、Q28 肥満を伴う糖尿病患者さんにおすすめの糖尿病薬は?、Q29 カーボカウントと連携した糖尿病薬の選択は?  8.減量手術/Q30 減量手術はどう行うの?、Q31 減量手術の適応は?、Q32 減量手術でどのくらい痩せるの?、Q33 減量手術で糖尿病は治るの?  9.検査値/Q34 肥満者に多い検査値異常は?、Q35 糖尿病発症リスクを高める生活習慣は?  10.リアルな減量指導ケーススタディ/症例1 肥満を伴う1型糖尿病患者、症例2 肥満を伴う独身2型糖尿病患者、症例3 肥満を伴う高齢2型糖尿病患者
●B5・約120ページ 本体\1,800円+税 2004年より発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


 Functional Food ―機能性食品の基礎から臨床へ―
 2007年創刊。フードサイエンス研究の臨床への導入を探る雑誌。年2回発行。メタボリックシンドロームや肥満、糖尿病、動脈硬化など、医学的、社会的に注目されている分野における機能性食品の可能性を検討する。特集のほか、健康食品の有害事象、保健機能食品制度の歴史などのシリーズ記事がある。
【最新号の主な内容】(2017年62月発行号) 〔特集:果物の歴史・食文化と機能性〕1.カンキツ/カンキツの歴史と食文化・品種開発、カンキツの流通・加工技術、カンキツの健康機能性 2.リンゴ/リンゴの歴史と食文化・品種開発、リンゴの流通・加工技術、リンゴの健康機能性 3.ブドウ/ブドウの歴史と食文化・品種開発、ブドウの健康機能性 注目の新品種/種なしカキも楽々生産「太豊」、甘さが際立つナシ新品種「甘太」、渋皮がむけやすいクリ「ぽろたん」、黄肉モモの新品種「つきあかり」 シリーズ:食品と微量元素/食品とレアアース・レアメタル トピックス/ポリフェノールとビフィズス菌の新しい関係
●B5・約110ページ ¥本体2,800円+税 2007年より発行 フジメディカル出版(06-6351-0899)
 ホームページ→トップFUNCTIONAL FOOD注文
fujisan.co.jpへ




 Diabetes Frontier ダイアベーテスフロンティア
 1990年創刊、隔月発行。特集のほか、基礎講座、海外文献紹介なとの連載ページで構成。
【最新号の主な内容】(2017年6月発行号)特集:糖尿病網膜症〕糖尿病網膜症による視覚障害の現状 糖尿病網膜症の疫学:発症率,有病率,そして推計患者数、糖尿病網膜症の病態研究と進歩、超広角眼底撮影装置による糖尿病網膜症の評価、OCTによる糖尿病黄斑浮腫の診断と管理、OCT angiographyによる糖尿病網膜症の評価、糖尿病網膜症に対する新しいレーザー光凝固治療、糖尿病網膜症に対する硝子体手術の進歩、糖尿病黄斑浮腫に対する薬物治療、白内障手術と糖尿病網膜症、糖尿病網膜症診療における眼科と内科の連携の重要性
●A4変型・約140ページ、本体2,300円+税 1990年より発行 メディカルレビュー社(06-6223-1468)
 出版社ホームページ→トップ
fujisan.co.jpへ




 糖尿病診療マスター
 2003年に隔月誌として創刊、好評に応えて2015年1月に月刊化された、糖尿病患者に関わる臨床医・医療職を対象とした糖尿病の総合診療誌。特集では、テキストにない視点で、日常診療での症例を基に臨床の問題点を掘り下げる。連載では多彩な話題を提供。なお、創刊号からの全論文を電子版にて収載している。(ISSN 1347-8176)

【最新号の主な内容】(2017月6月発行号) 〔特集:腸内細菌 糖尿病・肥満にまつわる10topicsI.総論/トピック1 日本人腸内細菌叢の特徴と国間多様性 【コラム】腸内細菌叢研究進歩の立役者,分析技術の進歩 II.各論/トピック2 1型糖尿病の発症における自然免疫と腸内細菌叢、トピック3 2型糖尿病における腸内フローラの乱れとインスリン抵抗性 【コラム】人工甘味料と糖尿病の関連における腸内細菌の役割、トピック4 食事と腸内細菌−全身疾患との関わり、トピック5 肥満・食行動と腸内細菌、トピック6 メタボリックシンドロームと腸内細菌−腸管バリアと慢性炎症、トピック7 動脈硬化と腸内細菌、トピック8 糖尿病治療におけるプロバイオティクスの可能性、トピック9 プロバイオティクスと糖尿病療養指導−日常診療における留意点、トピック10 PPARα活性化による食後高脂血症改善作用と腸内細菌叢 【コラム】乳酸菌が尿酸値を下げる?−ヨーグルトを用いた血清尿酸値低下への試み
●2003年より発行 医学書院
 出版社ホームページ→トップ糖尿病診療マスター


   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1026冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。