糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 運動療法について
  この1冊でカーボカウント・インスリンポンプ・CGMがわかる!
糖尿病3Cワークブック(改訂第2 版)

著者:村田 敬((独)国立病院機構京都医療センター糖尿病センター)

 1型糖尿病患者の療養指導に必要なカーボカウント(Carbohydrate Counting)、インスリンポンプ(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII)、CGM(Continuous Glucose Monitoring)の3Cについて、80題の演習問題を解きながら知識を身につけていくことができる。設問には基礎的な知識を問うものや、療養指導上で対応に迷う場面などを取り上げている。
 改訂にあたっては,日本国内で使用が可能となったリアルタイムCGMを搭載したセンサー付きインスリンポンプ(SAP)の解説を中心に内容の充実をはかった.
改訂第2 版の刊行にあたって
はじめに

難易度 ★
 1.インスリン自己調節の重要性
 2.三大栄養素と血糖値
 3.炭水化物・食物繊維・糖質の違い
 4.三大栄養素間の代謝
 5.カーボカウントする食品・しない食品
ほか

難易度 ★★
 21.なぜ牛乳はカーボカウントするのに、チーズはしないのか?
 22.炭水化物とエネルギーの関係
 23.穀類のたんぱく質
 24.糖尿病食の副食中に含まれる炭水化物の量
 25.朝食(食パン中心)のカーボカウント
ほか

難易度 ★★★
 59.小児・思春期のカーボカウント
 60.カーボカウントと家族への支援
 61.カーボカウントと低炭水化物ダイエットの違い
 62.カーボカウント指導を患者さんが拒否した場合
 63.飲酒時のインスリン自己調節
 64.水泳時にインスリンポンプをどうしたら良い?
 65. インスリンポンプを使っているのに血糖測定しない患者さんにどう説明する?
ほか

難易度 マニアック
 76.おいしいカレーの作り方
 77.カーボカウントを最初に考案したのはどこの国の人でしょう?
 78.CSII を最初に臨床応用したのはどこの国の人でしょう?
 79.携帯型人工膵臓実用化の条件
 80.在宅使用する医療機器の安全について

初版あとがき
改訂第2 版へのあとがき
付録 インスリンポンプ評価シート
索引
A4 並製、200頁、定価 3,600 円+税 2016/05発売 中山書店
 出版社ホームページ→書籍ページ


 東大病院 糖尿病教室

東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科教授 門脇 孝 監修
東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 編
東京大学医学部附属病院 糖尿病医療スタッフ 編

● 好評書籍「やさしい糖尿病教室 改訂版」を全面改訂し,新たに「東大病院 糖尿病教室」として発刊!
● 1テーマ1頁を基本に,“糖尿病治療のすべて”を紹介。患者さんに分かりやすく,かつ幅広く解説。
● 患者さんのご家族や,糖尿病医療スタッフにも最適の一冊!
(出版社HPより)
主な内容
機ヅ尿病とは(全7項目)
供ヅ尿病の合併症(全17項目)
掘ヅ尿病の検査(全7項目)
検ヅ尿病の治療総論(全2項目)
后ズ匈欧悗糧えと災害時の対応(1項目)
此タ事療法(全6項目)
察ケ親偉屠 柄6項目)
次ヌ物療法(全13項目)
宗ツ齋貪とシックデイ(全4項目)
勝ゥ薀ぅ侫好董璽犬氾尿病(全2項目)
将機ゴ擬圓気鵑鮖戮┐覦緡殿寮(全3項目)
●A4判 104頁 2015年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病専門医が教える 糖尿病ウォーキング!

福田正博(日本糖尿病学会専門医、大阪府内科医会会長)

「糖尿病の予防や治療の主人公はあなたです」と訴え、医師はサポート役であり、糖尿病専門医とはそのサポートをしっかり行える医師であるとの立場から、前著「糖尿病は‘腹やせで’治せ!」(アスキー新書)で2型糖尿病とメタボの元凶である内臓脂肪の効果的解消法をわかりすく解説した著者が、運動療法、とくにウォーキングを中心にその効果や方法、秘訣などをまとめた新書。もちろん運動の話だけでなく、糖尿病の予防段階と治療開始後、合併症発症後の家計(医療費)負担の違い、糖尿病とストレス・うつの関係など、糖尿病を防ぎ治療を続けていくために役立つ多くの情報が、患者さんの視点で取り上げられている。「気になりだした血糖値を運動でなんとかしたい」と考えている方にお勧め。
以下、目次より。第1章 糖尿病専門医による治療はどこが違うのか/糖尿病予備群という呼び名は患者を安心させてしまう、糖尿病はカラダ全体の血管がボロボロになる病気、あなたにあった医療機関の探し方 第2章 糖尿病の治療費はいくらかかる?/合併症は命と家計のダブルパンチ、治療の中断・未治療が合併症を深刻化させ医療費を増大させる 第3章 ウォーキングは糖尿病の予防&治療薬だ!/安全しかも予防・治療効果が高い!、ウォーキングを始めるのに遅すぎるということはない 第4章 実践! ウォーキング―その1 歩く時間帯、頻度、スピード、歩数 第5章 実践! ウォーキング―その2 歩き方、歩数計、フットケア、楽しみ方 第6章 糖尿病ウォーキングと食事で相乗効果を!/「歩いたためにお腹が減って結局食べ過ぎ」の解決策は?、外食時にできるこれだけの工夫 第7章 糖尿病とストレス、うつの関係を理解する/ウォーキングはストレスとうつを改善する、ストレスで血糖値改善に失敗した例、糖尿病と燃えつき症候群、ストレスとうつ対策のための8カ条 第8章 糖尿病は「家族力」で治す!/体質を考えたメニュー作りを! 第8章Dr.モグの患者さんからよく聞かれる18の質問/ウォーキングに「やりすぎ」はありますか?、グリコアルブミンって何ですが?、糖尿病と歯周病は関係があるって本当ですか? など。
●新書・200ページ (本体\720+税) 2009年発行 扶桑社(03-5403-8859)
 出版社ホームページ→トップ


 ウォーキングでナチュラル美人ダイエット

勅使川原郁恵(ウォーキングキャスター)

 長野、ソルトレーク、トリノと3回のオリンピックに出場し、2度の入賞も果たした国内のトップスケーター(ショートトラック)による、ウォーキングダイエットの勧め。著者は現在、元ノルディック複合オリンピック選手の荻原健司・次晴兄弟とR9(あるく)プロジェクトを推進し、企業のウォーキングアドバイザーなどとしても活躍。「生活にウォーキングを取り入れ、からだと心のダイエットを」と、基礎代謝を上げからだを引き締めるライフスタイルを提案している。本書はそうした経験を背景に、毎日少しずつ続けられるウォーキング法を、専門用語を使わずわかりやすく解説したもの。どちらかというと若い女性向きの内容で、糖尿病の運動療法の解説書ではないが、雨の日でも家の中でできる運動の紹介などは糖尿病患者さんの運動としても応用がきく。巻末には、著者がこれまでに受けた質問がQ&Aとしてまとめられている。「30分ぐらい歩いて調子がいいと走りたくなるのですが、走ってもいいでしょうか?」といった多くの疑問に、簡潔で的確な答が用意されている。
以下、目次より抜粋。1章 エクササイズ・ウォーキングでやせヂカラをアップ!/ダイエットの本質は基礎代謝にあり!、筋肉をつけるとやせヂカラがアップする、ダイエットと切り離せない「血めぐり」のヒミツ 2章 お腹やせウォーキングは究極のナチュラルダイエット/ダイエットの基本は体幹を強くすること、「美」の最重要条件はカラダの軸がぶれないこと、腹筋エクササイズ→お腹やせウォーキングで効果倍増 3章 骨盤矯正ウォーキングで美腰ダイエット/骨盤が立っていることをイメージして歩く、骨盤矯正エクササイズ 4章 けんこう骨ウォーキングで背肉しぼりダイエット/腕伸ばしウォーキングでけんこう骨クッキリ、猫背注意報!老け姿勢に気をつけて 5章 おうちウォーキングで雨の日もキレイは逃さない!/超お手軽なのに効く!その場ウォーキング、眠る3時間前のひとがんばりでやせモードに突入 6章 最強ウォーキングで全身しぼ/エクササイズ・ウォーキングのおさらい、最強ウォーキング継続のコツ 7章 ゆったりウォーキングでプチウツ改善!/今日の疲れは今夜のうちに軽くする、ウォーキングで脳が若返る 8章 テッシーのウォーキング美人への道Q&A集 など。
●四六・174ページ 本体\1,300+税 2009年発行 扶桑社(03-5403-8859)
 出版社ホームページ→トップ


 池田流 病気知らずのウオーキング健康法 歩けば心と体が若返る!

池田克紀(東京学芸大学教授)

 ウオーキング学術的研究の国内における先駆者の一人である著者が、長年の実体験をもとに、歩いて健康な体と心をつくる効果的な日常実践法を、わかりやすく解説する。現代人の多くが、生活が不活発、とくに歩かない状態が原因で起こる“生活不活発病”の危険にさらされているとし、歩くことがその防にもなり、アンチエイジング(抗加齢)も達成でき、いつまでも若さが保てると説く。ウオーキングによる足の思わぬケガを防ぐための注意点にも触れられており、糖尿病の運動療法としてウオーキングを始める際にも参考になる
主な内容は、第1章 歩いて体のバランスを保つ!/アンチエイジングのためのウオーキング、若さは年齢ではなく体のバランスである、歩くことはもっとも質の高い運動、「老化は足かせ始まる」はほんとうです、歩いて環境に適応する力を促す 第2章 歩いて病気とボケを防する!/メタボリックシンドロームは歩行不足が原因、メタボリックシンドロームは歩いて治せる、足が衰えると心臓への負担が大になる、歩いて心肺機を高める、歩いて脳を活性化させる 第3章 歩くプロが教えるウオーキング健康術/ウオーキングの最大の利点、目安は1週間を一つの単位として1日平均8000歩、歩き方が下手になってしまった現代人、江戸時代の庶民はすり足だった 第4章 簡単トレーニングで若さと健康を保つ/生活不活発病の人に激しい運動は害になる、若いころのイメージに合わせた運動は危険、つまづいても転ばない足腰の筋肉をつくる・バランス感覚を鍛える、ひざを強化するトレーニング、腰痛防トレーニング、いつでもどこでも足腰トレーニング(オフィス編、通勤編、その他) 第5章 「池田流」ウオーキングでアンチエイジング/サンフランシスコのゴールデンブリッジを歩く、体が気持ちいい!と感じる歩き方がベスト、はだしあるきは体にやさしい歩き方、でこぼこ道歩きは体にいい!、マサイの人々の歩き方を習得するシューズ、スローウオークで四季を楽しむ、足に合わない靴は体への虐待、あなどってはならない足裏のまめ、ウオーキングシューズの選び方、とくに夏は水分をこまめに補給、歩きの楽しさを倍増させるウオーキンググッズ など。
●四六・192ページ 本体\1,400+税 2007年発行 実業之日本社(03-3535-4441)
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2   

現在の掲載書籍数1035冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。