糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 糖尿病全般
 血糖値を体型別治療でどんどん下げる

松葉育郎 著


内容紹介
 年々増え続ける糖尿病患者とその予備軍。本書は,その方々の指針となる,正しい糖尿病の知識と治療法をやさしく伝えます。糖尿病患者は,メタボ型,やせ型,小太り型など,いろいろな体型の方がいますが,本書は非メタボ型糖尿病患者特有の治療法などにも言及します。また,普及しはじめた糖尿病患者向けのスマホアプリを取り上げ,その使い方を紹介します。巻末には,糖尿病が役立つ資料編も用意していますので,本書一冊で糖尿病のことがよくわかるでしょう。(出版社HPより)
●A5判/208ページ 本体1,580円+税 2017年発行  技術評論社
 出版社ホームページ→書籍トップ


 糖尿病は自分で治す!

福田正博(著)

内容(「BOOK」データベースより)
 健康診断などで、血糖値がすこし異常であると診断されたことのある人は少なくないだろう。しかし、それは「まだ異常ではない」という意味ではなく、「もう正常ではない」という非常に危険なサインなのだ。本書では、糖尿病診療三〇年の著者が、高血糖によって引きおこされる三大合併症や動脈硬化症の危険性、さらに「新合併症」と呼ぶ、がんや認知症、うつ病、歯周病との関連性を解説し、予防法を提唱する。また、糖尿病患者にとって、「夢の新薬か!?」と期待されるSGLT2阻害薬の効果など、糖尿病治療の最前線も紹介する。 ●224ページ 本体\740+税 2016年発行 集英社
 出版社ホームページ(試し読みあり)→書籍紹介ページ


 糖尿病と向き合う―女性医師六〇年の軌跡

大森 安惠 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
治療、教育、研究に邁進して60年!豊富な経験の引き出しから最良の治療を実践するべく奮闘し続ける日々。医師としての心意気と患者さん・医療者への提言を綴る。「糖尿病でも母子ともに健康な出産ができる」―を日本の常識にした取組み、働く女性の思いがあふれる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大森/安惠
1956年東京女子医科大学卒業。翌年、同大学第二内科入局。1974年同第二内科助教授。カナダのマクギル大学留学。1975年同糖尿病センター助教授。1977年にスイスのジュネーヴ大学留学。1981年同糖尿病センター教授。1991年より同センター所長兼主任教授。1997年定年退職。名誉教授。1998年国際糖尿病・妊娠学会(IADPSG)日本代表。2002年東日本循環器病院(現・海老名総合病院)糖尿病センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
[要旨]
治療、教育、研究に邁進して60年!豊富な経験の引き出しから最良の治療を実践するべく奮闘し続ける日々。
医師としての心意気と患者さん・医療者への提言を綴る。
「糖尿病でも母子ともに健康な出産ができる」―を日本の常識にした取組み、働く女性の思いがあふれる。

[目次]
1 患者さんとともに(教えることと教わること
名木 有馬のハルニレ
糖尿病に関する間違いだらけの常識 ほか)
2 医療者として(カッパドキアへの思い
すべての分野が専門家の集団―糖尿病センター
心を耕すことは、頭脳を耕すより尊い ほか)
3 桜によせて(ひょうたん桜と糖尿病センター
「初波奈」の桜とおかみさん
神子の山桜と全国済生会糖尿病セミナー)
●261ページ 本体\2,100+税 2016年発行 時空出版
 出版社ホームページ→トップ


  この1冊でカーボカウント・インスリンポンプ・CGMがわかる!
糖尿病3Cワークブック(改訂第2 版)

著者:村田 敬((独)国立病院機構京都医療センター糖尿病センター)

 1型糖尿病患者の療養指導に必要なカーボカウント(Carbohydrate Counting)、インスリンポンプ(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII)、CGM(Continuous Glucose Monitoring)の3Cについて、80題の演習問題を解きながら知識を身につけていくことができる。設問には基礎的な知識を問うものや、療養指導上で対応に迷う場面などを取り上げている。
 改訂にあたっては,日本国内で使用が可能となったリアルタイムCGMを搭載したセンサー付きインスリンポンプ(SAP)の解説を中心に内容の充実をはかった.
改訂第2 版の刊行にあたって
はじめに

難易度 ★
 1.インスリン自己調節の重要性
 2.三大栄養素と血糖値
 3.炭水化物・食物繊維・糖質の違い
 4.三大栄養素間の代謝
 5.カーボカウントする食品・しない食品
ほか

難易度 ★★
 21.なぜ牛乳はカーボカウントするのに、チーズはしないのか?
 22.炭水化物とエネルギーの関係
 23.穀類のたんぱく質
 24.糖尿病食の副食中に含まれる炭水化物の量
 25.朝食(食パン中心)のカーボカウント
ほか

難易度 ★★★
 59.小児・思春期のカーボカウント
 60.カーボカウントと家族への支援
 61.カーボカウントと低炭水化物ダイエットの違い
 62.カーボカウント指導を患者さんが拒否した場合
 63.飲酒時のインスリン自己調節
 64.水泳時にインスリンポンプをどうしたら良い?
 65. インスリンポンプを使っているのに血糖測定しない患者さんにどう説明する?
ほか

難易度 マニアック
 76.おいしいカレーの作り方
 77.カーボカウントを最初に考案したのはどこの国の人でしょう?
 78.CSII を最初に臨床応用したのはどこの国の人でしょう?
 79.携帯型人工膵臓実用化の条件
 80.在宅使用する医療機器の安全について

初版あとがき
改訂第2 版へのあとがき
付録 インスリンポンプ評価シート
索引
A4 並製、200頁、定価 3,600 円+税 2016/05発売 中山書店
 出版社ホームページ→書籍ページ


 ココに注意!高齢者の糖尿病

荒木 厚:編

高齢者の糖尿病は投薬や注射だけでは治せない!診療の基本から合併症の治療と予防,血糖管理,知っておきたい老年症候群,生活習慣改善と運動・食事の指導まで,高齢糖尿病患者の治療に必要な知識がすべてわかる!(出版社HP紹介)
序章 高齢者糖尿病についてはじめに知ってほしいこと

第1章 高齢者糖尿病の診かたの基本

第2章 ココに注意!高齢者糖尿病の合併症

第3章 ココに注意!高齢者糖尿病と老年症候群

第4章 高齢者糖尿病の治療 〜QOLの維持・向上のために

目次・内容詳細はこちら
●定価 3,800円+税 2015年01月発行 A5判 271ページ 羊土社
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数987冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。