糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 糖尿病全般
 激変!「糖尿病治療薬」最前線

著者:鈴木吉彦

インスリンだけが薬じゃない!「魔法の新薬」SGLT2阻害剤で、世界が変わる。「夢の新薬」GLP1の週1回注射で、生活が変わる。「糖尿病が治る時代」がすぐそこに来た! 糖尿病患者および予備軍は、日本国内で2000万人以上。国民の5人に1人が悩まされている糖尿病の治療に朗報がもたらされました。話題の魔法の新薬「SGLT2阻害剤」が、ついにこの4月から順次発売されることになったのです。

発売前から医学界で、そして糖尿病関係者の間で注目を集めているこの新薬は、糖尿病に関係のある膵臓に働きかける今までの薬剤と違い、腎臓から体内に再吸収される「糖」を、薬で外に出してしまうという画期的なアプローチで血糖値を下げます。

新薬に詳しい都内屈指の糖尿病クリニックの院長が、糖尿病治療がどう変わっていくかを徹底解説。最新治療薬のすべてがわかります。
以下、目次より抜粋。
第1章 腎臓、胃、腸管をターゲットにした糖尿病治療の新発想
第2章 SGLT2阻害剤は、なぜ「魔法の新薬」といわれるのか
第3章 もっとよく知るためのSGLT2阻害剤Q&A
第4章 1週間に1回の注射も登場した「夢の新薬」インクレチン療法
第5章 食欲を低下させ体重の減る治療薬:メトホルミン
第6章 低血糖を起こさず心筋梗塞の予防にもなる治療薬:αグルコシダーゼ阻害剤
第7章  体重は増えるが安心なインスリン抵抗性改善薬:ピオグリタゾン
第8章 脂を便中に捨てて、やせることができる治療薬:膵リパーゼ阻害剤
第9章  多少の低血糖は覚悟してでも、少しは必要なSU剤の作用
第10章 新薬で治療はこう変わる。患者たちの「未来予想図」
第11章 予備軍(境界型糖尿病患者)のための「発症予防外来」の創設は実現可能か
2014年発行 ワニブックスPLUS新書→情報掲載ページ


 筑波大学附属病院とクックパッドのおいしく治す「糖尿病食」

著:矢作直也

私は自信を持って、
「糖尿病の発症予防や、発症後の重症化予防には、食事療法が必要不可欠です!」
と言うことができますが、臨床での経験から、患者さんたちにとって食事療法を続けることが非常な困難であることもまた、よく知っています。
本書では、筑波大学とクックパッドがノウハウを結集した「筑波大学の安心献立」のすべてをわかりやすく解説しています。
糖尿病食というと、「あれもダメ」「これもダメ」という制約ばかりでおいしくないというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実際には量にさえ気をつけていれば、こんなにも豊かで賑やかな食卓が実現可能なのだということを、ぜひ体感していただければ幸いです。
(「まえがき」から抜粋)
第1章 クックパッドに糖尿病献立ができるまで
第2章 クックパッドと作ったレシピと「糖尿病食 50のポイント」
●新書判・198ページ 2013年発行 ISBN:978-4-06-272833-1 講談社
 出版社ホームページ→トップ


 専門医が教える糖尿病6つの落とし穴

糖尿病専門医 渡辺伸明

主治医も気づかない治療の盲点、教えます
「血糖値を下げれば解決」ではありません!
 糖質制限は万能、夢の新薬がある  ―これってホント?
<6人の患者さんたちの失敗に学ぶ>

読者の皆さんが、本書を読んで、糖尿病の隠れた落とし穴に気付いて、それらを回避しながらこの病気とうまく付き合うためのコツを見つけていただければ、これに勝る幸せはありません。(「はじめに」から抜粋)
以下、目次より抜粋。
第1章 糖尿病の治療 ホントか? ウソか?
第2章 私が糖尿病医になった理由
第3章 陥りがちな失敗に学ぶ 3人の実例
第4章 糖尿病の意外な落とし穴 3人の実例
第5章 知っておきたい最近のトピックス
第6章 糖尿病と上手に付き合い快適な人生を
●判型:四六判212ページ 2013年発行 南々社
 出版社ホームページ→トップ


 NHKクローズアップ現代 糖尿病の治療革命

著:市川 衛

食事療法がつらい、一生治らない、という常識が覆ろうとしている糖尿病。その治療最前線に迫るドキュメント。
目次より抜粋。
序章 まえがきにかえて―糖尿病が治る!?覆されつつある“常識”
第1章 「糖質制限食」の真実に迫る
第2章 糖尿病の食事療法の「今後」を探る議論が始まった
第3章 「インスリン注射」の早期導入で、すい臓が甦る!
第4章 糖尿病を「手術」で治せ!メタボリック・サージェリーの衝撃
第5章 手術のメリット・デメリットを見極める!
●2013年発行 主婦と生活社
 出版社ホームページ→トップ


 42才からの糖尿病―血糖値が高めと言われたら

片山隆司:監修

男性で言えば、42才の厄年の頃にいろいろな体調の変化が出てくる。暴飲暴食のつけで無駄な肉がつき出し、かといって定期的な運動もおぼつかず。さらに定期検診でこれまで言われたことのないようなことを言われ、少なからずショックを受ける人も多いはず。糖尿病の疑いがあると言われ、できれば、病院に行かずに、自分で糖尿病のことを調べたいと思っても糖尿病を説明している本はちんぷんかんぷん。そんな「糖尿病のことは知りたいけども、難しいのはいやだ」という人のための本。糖尿病にはどう対処すればよいのか、また、これを実行すれば大丈夫といったようなことをシンプルに説明。体験者の話も入れ、これをやっておけば当面大丈夫!ということが見つかれば上出来!なお、糖尿病の患者数は約230万人(2011年調べ)。また、健診で血糖値が高く「要治療」と判定されたにもかかわらず、医療機関で受診や治療を受けていない人の割合が約4割にのぼり、30歳代では約6割に達すること(健康日本21推進フォーラム調査)。受診はしたが「治療をしていない」という非受療者の割合は16%を占め、未受診者と合わせた“放置群”の割合は39%。30歳代では“放置群”が58%と特に多い。そんな人が気楽に開ける本の構成に。
以下、目次より抜粋。
第1章 血糖値が高い―検査でそう言われたあなたに
第2章 糖尿病とは―血糖値が高いと言われたが…糖尿病の正体は?
第3章 このまま放っておいたら…―こわい合併症があなたを襲う
第4章 こうすれば改善できる―心がまえ編
第5章 こうすれば改善できる―食事編
第6章 こうすれば改善できる―生活・運動編
第7章 ここまで進化―最新治療方法
●四六・128ページ 2013年発行 主婦の友社
 出版社ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1118冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。