糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 糖尿病全般
 専門医がやさしく教える 血糖値&糖尿病 血糖値を下げる最新治療と食事

井藤英喜(東京都老人医療センター院長)

 血糖値が高いと言われたらどうするか?、血糖値と糖尿病の基礎知識から食事法、食べ方&調理テクニック、運動法、生活法、そして合併症の防と治療法まで、長年糖尿病治療に携わってきた専門医が正しく確かな血糖値を下げるコツ、最新情報を詳しく解説する。図やイラストが多用されていてわかりやすい。スポーツ施設の選び方、災害時の心得、糖尿病昏睡が起きてしまったら、など、頭の隅に置いておきたい情報が「コラム」としてまとめられているのも役立つ 
主な内容は、1章 糖尿病とはどんな病気?/高血糖の人が年々増えている、「糖尿病は遺伝する」というのは本当?、糖尿病の合併症は全身に及ぶ、糖尿病とメタボリックシンドロームとの関係、上手な病院選び・医師選びのポイント 2章 食生活の改善が血糖コントロールのかなめ/あなたにふさわしい食事量は?、血糖値を上げない食べ方のポイント、献立の栄養バランスをとるルールを覚えよう、1週間のおすすめ献立例 3章 運動療法で確実に血糖値を下げる/あなたにとって「適度な運動量」を知る、適切な運動の強さは脈拍数でチェックする、室内でできるストレッチや体操も 4章 高血糖を改善するライフスタイル/感染症には分に注意する、歯周病の防を徹底する、入浴で疲労回復・ストレス解消、妊娠・出産の定がある人は計画的に 5章 薬物療法が必要な場合と進め方/薬による治療はこんな場合に行われる、経口血糖降下薬を服用するときの注意点、インスリン注射療法の実際、低血糖が起きた場合の対処法、ほかの病気にかかったときは 6章 合併症の防と治療法/糖尿病神経障害を発症したら、糖尿病腎症を発症したら、糖尿病網膜症を発症したら、冠動脈疾患・脳血管障害を防するには、その他の合併症の防と対策 など。
●B5変型・175ページ 本体\1,200+税 2008年発行 PHP研究所(03-3239-6233)
 出版社ホームページ→トップ




 やさしい糖尿病教室

監修:門脇 孝(東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科教授) 編:東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科、同 糖尿病医療スタッフ

 東京大学病院でふだん行われている糖尿病教室の内容をもとに作成された教材。A4サイズの余裕のある紙面を使い、図やイラストを多用し、大きな文字で印刷されていて、読みやすくわかりやすい。チーム医療と東大病院の取り組みといった、医療スタッフにも参考になる項目もある 
以下、主な内容。糖尿病とは/糖尿病は増加しています、糖尿病とは、糖尿病のタイプ、インスリン作用と血糖の関係、インスリン作用不足はなぜ起こるか、肥満とインスリン抵抗性の関係、糖尿病を放置すると 糖尿病の合併症/糖尿病の合併症とは、糖尿病網膜症とは、糖尿病網膜症の防と治療、糖尿病腎症とは、糖尿病腎症の治療、糖尿病神経障害、血糖コントロールを行うと合併症は防できます、糖尿病足病変について、大血管症(動脈硬化性疾患)も重大な合併症、糖尿病では動脈硬化性疾患が進行しやすくなります、動脈硬化性疾患の危険因子とは、メタボリックシンドローム、合併症を防するための血糖コントロール目標、血糖以外の危険因子のコントロール目標 糖尿病の検査/糖尿病診断のための検査、糖尿病のタイプ(型)を決める検査、コントロール判定のための検査、合併症に関連した検査、自分でもできる検査 糖尿病治療総論/治療の目的、治療の基本について 食事療法/あなたの適正な摂取エネルギー量は何kcal?、栄養のバランスが大切、献立の立て方、外食の時はどうするか、合併症の食事 運動療法/糖尿病の増加は運動不足も関係しています、運動療法の効果、運動療法を行う上での注意、どのような運動が適しているか?、1日にどのくらい週に何回くらい運動すればよいでしょうか?、さあ運動を始めましょう 薬物療法/薬物療法の作戦、インスリンの分泌を増やす薬、インスリンの働きを改善する薬、糖の吸収を遅くする薬、副作用について、インスリンが必要となるのは、インスリン製剤の種類、インスリン治療 低血糖とシックデイについて/低血糖とその対処、シックデイとは 患者さんを支える医療体制/チーム医療と患者会、東京大学医学部附属病院での取り組みについて など。
●A4・72ページ \1,890(本体\1,800+税) 2008年発行 医薬ジャーナル社(06-6202-7280)
 出版社ホームページ→トップ




 糖尿病 自分のために、できること(別冊NHKきょうの健康)

総監修:春日雅人(神戸大学大学院教授)

 NHK「きょうの健康」の別冊。糖尿病の治療に必要なことは、糖尿病や血糖コントロールのための基礎知識を身につけることだが、それだれでは治療を長く続けることは困難だ。食事療法や運動療法のポイントを押さえることで、糖尿病とうまくつき合っていくことができる。そのポイントを1冊にまとめたものが本書の内容。巻頭は華道家でテレビなどで活躍し、糖尿病患者の一人でもる假屋崎省吾氏へのインタビュー記事。糖尿病と診断されて絶望するも、今は「糖尿病は一生の友」と語る假屋崎氏の血糖コントロール術を知ることができる。  
以下、目次より抜粋。Part1 糖尿病とはどんな病気か/基礎知識、検査と診断 Part2 糖尿病のなにが怖いのか/三大合併症、合併症を早期に発見するには Part3 糖尿病をどう治療するのか/糖尿病の治療、手術療法(膵移植、膵島移植) Part4 糖尿病の食事療法/血糖値を下げる食生活、実戦レシピ Part5 糖尿病の運動療法/血糖値を下げる運動 Part6 糖尿病の薬物療法/経口薬療法、インスリン療法 Part7 糖尿病とともに生きる/治療の不安に答えるQ&A、日常生活の疑問に答えるQ&A。
●B5・112ページ \1,050(本体\1,000+税) 2008年発行 NHK出版(0570-000-321)
出版社ホームページ→トップ




 やさしい食後高血糖の自己管理

加来浩平(川崎医科大学内科学(内分泌・糖尿病)教授) 編

「食後高血糖」にテーマを絞り込み、なぜ食後高血糖が重要なのかや、その発生要因、治療法を患者さん向けに解説したもの。イラストや図を多用し現は平易に工夫されているものの内容は高度で、インクレチンやアディポサイトカインとの関連など医学的な新しい話題も取り込まれている。また、食後高血糖のみならず食後高脂血症(食後高中性脂肪血症)にも多くのページを割き、糖尿病性血管障害(とくに大血管障害)との関連について、現時点での知見をまとめている。
主な内容は、食後高血糖がなぜ重要か?/食後高血糖と糖尿病発症の関係、食後高血糖と心血管疾患リスクの関係、食後高血糖が血管内皮障害を起こすメカニズム、IGTへの介入による糖尿病発症防、食後血糖改善による心血管疾患防止 食後高血糖はどうして起こるのか?/食後高血糖をきたすメカニズム、メタボリックシンドロームとの関係、食後高脂血症との関係 食後高血糖の改善に有効なライフスタイル/食事と血糖の関係、食後高血糖改善のための食事の基本、糖質指数(Glycemic Index:GI)とは、食物繊維について、運動療法のあり方 食後高血糖の改善のための薬物療法/糖尿病薬物療法の考え方、血糖管理目標値、糖尿病薬の作用機序と臨床効果 など。
●A4・76ページ \1,680(本体\1,600+税) 2007年発行 医薬ジャーナル社(06-6202-7280)
 出版社ホームページ→トップ




 どう防ぐ?どう食べる?がよくわかる 生活習慣病 基本事典

監修:生活習慣病予防協会・(財)日本健康スポーツ連盟・辻学園栄養専門学校

 生活習慣病に関する知識や予防のための運動法、食事の仕方と120の料理レシピを一冊にまとめた実用書。日本生活習慣予防協会、(財)日本健康スポーツ連盟、辻学園の、各分野の専門家の監修による充実した内容。糖尿病や、糖尿病患者さんが併発することの多い高血圧、高脂血症、メタボリックシンドロームなどについて、図やイラストとともに解説している。生活習慣病関連の不安に対するQ&A、生活習慣病危険度チェックなども。
主な内容は、第1章:生活習慣病予防協会によるやさしい病気の基礎知識「生活習慣病って何?どんな種類があるの」/こんな生活が危ない、日本人の6割は生活習慣病が原因で死亡している、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、メタボリックシンドローム、骨粗しょう症、虫歯・歯周病、痛風・高尿酸血症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、脂肪肝・アルコール性肝炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、喫煙のリスク、子どもの生活習慣病 第2章:日本健康スポーツ連盟が指導 無理なくできる運動習慣「ちょこちょこエクササイズで生活習慣病を予防」/デイリーエクササイズ、週末エクササイズ 辻学園のおいしくてヘルシーな料理がたっぷり120レシピ!「健康は日々の食事から。生活習慣病予防レシピ」/おいしく減塩、上手にエネルギーコントロール、カルシウムで骨丈夫・イライラ防止、子どものおやつに、ドリンクサプリでバランスアップ など。
●A5・256ページ \2,000(本体\1,905+税) 2006年発行 コナミデジタルエンタテインメント(03-5775-1581)
 ホームページ→トップ注文


<< 前の5件へ    4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14   

現在の掲載書籍数1112冊
現在の掲載出版社数128社
書籍検索

※当コーナーの書籍情報を検索できます。


糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

特定健診・特定保健指導関連書籍
 ⇒特定健診・特定保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。