いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
01小児糖尿病の治療の歴史
2005年11月
 小児糖尿病、ヤング糖尿病、1型糖尿病、若年2型糖尿病と、名称こそいろいろありますが、小児期発症の糖尿病患者さんの数が大人の糖尿病患者さんの数にくらべて非常に少ないため、このジャンルの重要性をすでに理解していたわずかな小児科医や内科医がこれまでの長い間、この治療に携わってこられました。

 新美仁男先生が1992年にお書きになったものを読みますと、昭和30年代の全国の小児糖尿病患者数は100人あまりだったとのことです。昭和45年に三木、丸山両先生らを中心にして行われた14歳未満発症患者の全国調査によりますと、総数は619人と報告されています。

 このように、「小児に糖尿病が発症する」ことすら十分に認識されなかった時代に、日本で最初のサマーキャンプが昭和38年東京で丸山博先生によって開催されました。その後福岡、熊本、そして全国規模で開催されるようになり、今や夏は、小児、小学生、中学生、高校生の1型糖尿病患者を中心にサマーキャンプが開催されています。

 キャンプ開催には日本糖尿病協会をはじめ、インスリンメーカーや血糖自己測定機器メーカがこれまで多大な協賛をしてこられました。今日の小児ヤング糖尿病の治療の進歩をみますと、感慨深いものがあります。
©2005 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史