いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
13臨床試験について
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2006年08月
 みなさんは「臨床試験」ということばを知っていますか。簡単に「治験」ということもあります。

 「臨床試験」とは、新しく開発された薬が医薬用薬品として国の許認可を得るために、必ず行わなければならない試験です。とても大切な試験ですが、臨床試験は、患者さんの福祉と安全、人権を守るという立場から、ヘルシンキ宣言というものに基づいて行わなければならないという大前提があります。

 臨床試験にはいくつかの段階があります。一番はじめは「前臨床」といって動物実験が行われます。その後、人において行われる第1相臨床試験に入ります。人において行われる試験を特に「治験」と呼びます。治験には第1相から第3相臨床試験まであります。

 第1相臨床試験は、正常者において行われるものです。時に患者さんを対象にすることもあります。第2相臨床試験以降は全員患者さんです。患者さんの協力のもとに行われます。患者さんの協力がないと行えません。

 第2相臨床試験以降は、実薬(ほんとうのくすり)と偽薬(薬効のないもの)を患者さんにも知らせない方法(2重盲検法といいます)で実施する試験になります。そして、第2相臨床試験の結果、偽薬群にくらべ、実薬群に明らかな効果と安全性が証明されますと、製薬メーカーは多くの患者さんに参加いただく第3相臨床試験を実施することになります。これらはすべて厚生労働省の監督下で行われます。

 第3相臨床試験でその効果と安全性が確認されますと、製薬メーカーはこの開発した薬を厚生労働省に申請する膨大な書類を作成して、許認可獲得への準備に入ることになります。
 補足ですが、1型糖尿病の患者さんに対するインスリン製剤の臨床試験は、偽薬を使用することができません。これまでのインスリン製剤と比較する形式で臨床試験が行われます。

 超速効型インスリン、持効型インスリンなど、いまとても便利に使用しているインスリン製剤は全部、みなさんの協力のもとにこのような臨床試験が行われ、厚生労働省の許認可を得て、今日どこの医療機関においても自由に処方できるようになっています。

 これからもいろいろなインスリン製剤や糖尿病の経口血糖降下薬などの新しい薬に対して、臨床試験が行われることと思います。

 みなさんの通院している医療機関の先生はみなさんにこのような臨床試験をお願いすることがあるかもしれません。みなさんに臨床試験に参加をお願いする前に、みなさんにかえって無理をお願いすることにならないか、危険性がないか、これが我々医療従事者がもっとも気をつかうところです。試験の実施自体に無理があったり、すこしでも危険性のある臨床試験は当然さけるべきです。しかしながら、まだ認可されていない薬であるがこの薬があると患者さんにはいいだろうなと思われる薬なら、積極的に臨床試験を行なっていきたいと思います。

 これまで大きな病院や大学病院でしか、臨床試験を行うことができませんでしたが、いまではクリニックでもできるようになりました。クリニック単位で臨床試験を行うためには、臨床試験実施に必要な委員会や人材を養成する必要があります。

 臨床試験をきちんとおこなうことは、患者さんにもいくばくかの無理が生じるかもしれませんが、医師のほうも簡単なことではありません。治験コーデイネータという職種の方の力も借りて、医師自体がきちんと行うという意思を持っていなければ臨床試験を貫徹することはできません。また、医師が患者さんとしっかりと意思疎通ができていなければできません。

 すでによく使用されている薬でも、これまでに認可されている薬効以外に、特別の大事な作用が見つかることがあります。このようなときでも、同様の特別な臨床試験が必要になります。
©2006 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史