いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
24血糖値が気になって思うように食べられない
2007年07月
 現在の日本では、医療機関を受診するたびに、血糖値やHbA1c値を測定します。インスリン注射している方は、自宅でもご自分で血糖値を測定していることが多いかと思います(インスリン注射していても血糖測定はしなければならないことではないので、もちろんしていない方も多いです)。
 どこにいても、血糖値が自分のまわりをまとわりついてくるのか!という感情をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
1. 血糖値に振り回されているという気持ちがでてくると
 インスリン注射して血糖自己測定している方のなかには、血糖がどうしても上下してしまって測定していてもまったく予測できなーい!と、もういやになっている方はいませんか。
 今日もそのような方がいらっしゃいました。
 食後に血糖が高かったと思うと、その日の夜は低血糖になったと言う。それも同じパターンではなく、朝食後の高血糖と夕食前の低血糖であったり、昼食後の高血糖と夜中の低血糖であったり。  こんなとき、それにあわせてインスリン調節をしていると、さらに悪化して、もっと高血糖と低血糖がはげしくなることがあります。

注射部位のことも考える
 以前にも書きましたように、注射部位の問題がまず挙げられます。これは、以下のようなことが重なっておこっていきます。
 同じ場所だけに注射していると、その場所がすこし膨らんで脂肪が増加してきて、注射しても皮下からの吸収が悪くなってしまうのです。そうすると同じ量を注射していても血糖が下がらないことがおきます。 すこし場所が変わったところに注射したときは吸収がよいので、良く血糖が下がりやすくなることも起こってきます。血糖がとても上下してきます。
2. 持効型溶解インスリン注射だけでも?
 その方はご年配の2型糖尿病の方で、1日1回の持効型溶解インスリンを注射しています(頻回に注射している1型糖尿病の方より、普通なら血糖の上下はしにくいはずです。他の同じインスリン注射している2型糖尿病のご年配の方では、1日の血糖はゆっくりと上下する程度ですから)。なのに、意外な時に血糖が下がるし、思わないときに血糖が上がると、こまっていらっしゃいます。
 どうして高血糖や夜中に目がさめるほどの低血糖をおこすのでしょうか。この方の性格はきっちりした方で、血糖値にとても敏感で、来院するたびに、血糖が上がってしまった、下がってしまったといわれる方です。

 よくよくお聞きしてみますと、ご年配で家にいるだけなので、食後にくだものをそれなりにたべる、そうすると持効型溶解インスリンなのでこのような血糖上昇をすぐには下げられないので血糖は急上昇してしまうわけです。
 そうすると、自分でこれはいけないと考えられて、夕食の食事量を減らしてしまう、そのために夜中に低血糖になってしまう、ということがわかりました。

 よい血糖値を先生に見せたい、この一心なのでしょう。そのために、食事量がばらばらになってしまうのですね。まず食事量、食事の特に炭水化物量を一定にしてもらうことが第1ですねとお話しました。
3. ハネムーン期
ハネムーン期の考え方
 1型糖尿病が発症すると、たいていは入院(平均10日から2週間くらい)していろいろ1型糖尿病の治療に慣れていたただき、退院しますね。ケト−シス状態が軽く、アルゴリズムを含めたインスリン治療が良く理解できる方なら、入院しないで外来診療だけで治療開始することもあります。  退院するころからインスリン注射量が減ってきて、退院後1カ月、2カ月すると、ときにはインスリン注射量を極端に減らさないと低血糖をおこすことがあります。これをハネ−ムーン期と呼びます。

 ハネムーン期がどうしておこるのか?ですが、1型糖尿病を発症したといってもまだインスリン分泌がすこし残っている方がいます。この方にしっかりインスリン補充をしてあげますと、自分の膵臓のインスリン産生細胞が回復してインスリンを発症時より多く作りだすのではないかといわれています。そのために、注射量がだんだん減ってくる,減らさないと低血糖をおこしてくる、というわけです。

 以前はインスリン注射をなしにしなければ低血糖をおこしてしまうようなハネムーン期が出現する1型糖尿病の患者さんもいらっしゃいました。 最近はどうしたわけか、ハネムーン期をもつ1型糖尿病患者さんがすくなくなりました。インスリンフリーになる患者さんはほとんどいません。

ハネムーン期のもうひとつの解釈
 ところで、以前、ハネムーン期と診断された1型糖尿病の高校生(女性)が転院してきました。ところがよくよくお聞きしてみると、拒食症でした。食べていないので、インスリン注射量が減ってきたわけでした。
 私達がまだ医者の卵だったころ、拒食症とか過食症などといった病気はみられませんでしたし、教わりもしませんでした。
 もしかしたら、1型糖尿病のハネ−ムーン期というのは、1型糖尿病の方が発症してインスリン注射に慣れたころ、血糖を上げまい!として食事量を調節したためであったかもしれませんね。
©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史