いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
26海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2007年09月
機内への液体物持ち込み制限
 夏は海外に出かける方も多いことでしょう。
 海外にでかける時は「インスリンは大丈夫か?」、インスリン製剤を機内に持ち込めるか、荷物の中にいれてよいか?と不安になられることと思います。
 平成18年8月10日の英国ヒュースロー空港でおきたテロ事件以来、たしかに出国の際の警備はきびしくなりました。これは、国際線民間航空機関(ICAO)による「国際線航空機内への液体物持ち込み制限」の導入という規制によるものです。わが国でも、平成19年3月1日からこの規制を国際線に導入されています。
英文の証明書はいらない?
 結論からいいます。インスリン製剤の機内への持ち込みはまったく大丈夫です。それから、旅行会社によってはインスリン製剤の中身を英文で書いたものがほしい、というところがあります。しかしながら、これは義務ではありません。
 実際に、インスリン製剤や糖尿病であることの英文証明書なしで、私の患者さんは海外を行き来しています。先日はカリブ海のクルーズからもどってきた方もおられます。問題なしです。
 また、ある方はお仕事で、アメリカ、ドイツをいったり来たりしておられますが、まったく問題なしです。
問題は中身の解らない液体
 それでは何が問題なのかと言いますと、医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食など以外の、液体物です。つまり、ペットボトルの飲料水、化粧水の瓶、コンタクトレンズの洗浄液など、などです。
 これらを機内に持ち込みたい時は、100mL以下の容器にいれて、透明なプラスチックバック(フリージングバックくらいの大きさがもっともいい)にいれて、手荷物検査の時に係りの方に見せればいいのです。
インスリン製剤、注入器、血糖自己測定器は機内持ち込みで
 インスリン針の余分は預ける荷物の中にいれてもいいですが、インスリン製剤、フライト中の必要な針、血糖自己測定器は手荷物として飛行機に乗りましょう。普通に手荷物検査のエックス線検査を通してください。

手荷物検査は国によってさまざま
 手荷物検査は英国、アメリカなど先進国ではきちっとおこなわれています。
 なにしろ、これらの国では、パーソナルコンピュータもカバンから出してエックス線検査を通す必要があるし、男の方はジャケットを脱ぐことも必要になるし、ベルトを取ることも要求されます。また履物も脱いで検査に出すことも要求されます。 でも、これらは英語が理解できなくても、係官からジェスチャーで指示されるので、心配はいりません。
 2007年の夏に、学会参加のため、アフリカのガーナに出かけました。ドバイで飛行機を乗り継いで帰国しましたが、いずれの国でもまったくこのような検査はありませんでした。
   2007年の5月末に北京に行きましたが、この地はまた変わっていて、透明なプラスチックバックをわざわざ渡されます。渡された透明なプラスチックバックを使用しないといけないのです。
 国によって、いろいろだなと思いました。
ともかく機内では水分摂取を忘れずに
 それでは、水分を取ることなく、がまんしなければならないのか、と思われるでしょう。大丈夫です。この検査を通過すれば、つまり免税品を販売している場所などでは、ペットボトルの飲料水を購入することもできますし、そのまま機内に持ち込むこともできます。
 また、機内では食事のあとにペットボトルの飲料水を配布されることも多いのですね。これはエコノミークラス症候群、つまり座りっぱなしと脱水による血栓症を予防するために、水分を摂取することがとても大事なこととされているからです。そして、足首などをこまめに回しておきましょう。
 機内はとても乾燥しています。私も水分だけは十分に取るようにしています。
©2007 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史