いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
37糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2008年07月

糖尿病と妊娠に関するQ&A

編集・発行:日本糖尿病・妊娠学会
後援:日本イーライリリー
 日本糖尿病・妊娠学会から、「糖尿病と妊娠に関するQ&A」という冊子が届きました。この冊子の最後のページには、1999年ミスアメリカのニコール・ジョンソンさんからのメッセージも載っています。

 昨年暮れに、1999年ミスアメリカのニコール・ジョンソンさんは、ひとり娘のエバちゃんと一緒に来日されておられます。このときの、日本糖尿病・妊娠学会名誉学会長大森安恵先生との対談は、「月刊 糖尿病ライフ さかえ」4月号に掲載されました。もうみなさんもお読みになっていらっしゃることと思います。
 よって、今回の日本糖尿病・妊娠学会からの本冊子はとってもタイムリーですね。
冊子の目次から
 目次を見ますと、一般的なことからはじまり、妊娠前に注意すること、妊娠中の注意点、分娩時の注意点、産後の注意点、となっています。
 我々も、外来でいろいろ質問されて、そのつどお答えしておりますが、なにか、形になったものがあればな・・・、といつも思っていました。この冊子なら、ご自宅にもどられてから読まれると、先生が言っていたことはこれだなとか、すこしさらにつっこんだことが書いてあるぞとか、もうすこしここが聞きたい、わからないとか、またいろいろ感想がでてくるでしょう。
糖尿病関連のパンフレットについて
 3分間外来などと揶揄される糖尿病外来ですが、このようなパンフがあればこそできるはなしです。みなさんの医療機関にも、患者さん向けの図書館とか、図書室とかという場所があるところがあろうかと思います。

 当大学病院にも「からだ情報館」という患者さんむけの図書館があります。なんどか、新聞にも紹介されたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
 この「からだ情報館」には、当大学病院に出入りするすべての製薬会社や医療器具を扱う会社にお願いして、患者さん向けのパンフレットを置いてもらいました。

 花粉症関連のもの、アトピー関連のもの、在宅栄養に関するもの、かつら関連のもの、いろいろあります。しかし、そこで思ったのですが、糖尿病関連のパンフレットがなんと多いことか、多くの患者さんむけの糖尿病関連のパンフレットが、多数の会社からたくさん配布されていることにびっくりしました。

 3分間診療が良いわけではありませんが、主治医からエッセンスをお聞きし、そしてこのようなパンフレットを活用し自分の知識にするという勉強のやりかた、いろにろなパンフがあるということに関しては、糖尿病は他の疾患よりも先に進んでいるのかもしれませんね。
どうやって入手するの?
 小児糖尿病、ヤング糖尿病関係のものは、女子医大ヤングの会ホームページを参照してください。また、日本糖尿病協会のホームページでグッズのところも参照してください。
 そして、ここは必須です。この糖尿病ネットワークのメイン画面にバナー広告のある製薬会社のホームページ。これらも丹念にみましょう、あれ?という面白いものがきっとあるはずです。そのひとつが、今回の「糖尿病と妊娠に関するQ&A」パンフレットですね。28ページもあります。
追記
 1999年ミスアメリカのニコール・ジョンソンさんが2007年11月と12月に来日され、東京女子医科大学で行った講演がネットで公開されていますのでご紹介しておきます。

東京女子医科大学ヤングセミナー

東京女子医科大学糖尿病センターセミナー
ミス・アメリカとの楽しいひととき Nicole Johnson講演
日時 2007年11月26日(月)
会場 東京女子医科大学 弥生記念講堂

東京女子医科大学ヤングセミナー
ニコールさんとの楽しいひととき
日時 1999年12月19日(日)
会場 東京女子医科大学 臨床講堂1・2

©2008 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史