いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
41悩んでいる自分はおかしい?
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2008年10月
 最近も、遠方から東京の私どもの糖尿病センターに、初診の若い1型糖尿病の方が数名たてつづけに来られ診察を受けました。
 血糖コントロールもさることながら、なにをどうしていいのか、分からなくなっているというのが本音のようでした。注射は打てる、血糖値も測定できる、しかし、それがどういうことなのか、どういうふうにすれば血糖値を下げることができるのか、そもそも「血糖コントロール」と言うけれどそれはどういう意味なのか、なにもかにも、ゴチャゴチャになっているという感じでした。

 20歳も過ぎれば、親に話しても「自分のことなんだから」といってノッテこないし、親に自分の心の中まで話すことにはもうテレがある。「うまくいっていない」ということを親に言うことすら嫌だし・・・。
 「入院中は、看護師さんをはじめ、皆分かってくれていたのに」と心の晴れない日々を送っていたという方が多いのです。
すこし先走って聞く?
 外来の診察室で、なんとなく言葉を選んで話す様子に加え、血糖コントロールがうまくいっていないことや、自分の使っているインスリン製剤の名前や血糖自己測定器の名前などを聞いても「あれです、あれ」という答えしかできないなどなどから、「糖尿病のある自分」の身の置き場所に困っている様子が分かります。

 そういうときはすこし先走って、「こんなことがあるのでは?」「・・・な気持ちにならない?」と聞いてみます。すると、「ええっ」という顔とともに、それをきっかけに話しがはずんでくることがよくあります。
 女性だったら「食べたくないのに食べてしまうのよね。そういうことがあったりする?」と聞いてみます。返事はなくても、うなずいてくれます。それなら、「これからあなたの気持ちを代弁して話すから、違っていたら、違うといってね」と、どんどん私は話していきます。「どう間違いがあった?」と最後に聞くと、頭を横に振ってくれます。こちらが先走って話したことが合っていたようですね。
 自分の正面に大きな岩があると、「もうだめだ、自分はだめなんだ」と思ってしまう。どこかに細い道でもないかと探すこともせずにすぐあきらめてしまう。そして、自分の気持ちを静めるために、欲しくもないのにお腹いっぱい食べてしまう。よくあることです。ほかのことに走ることもあります。
どうして、こんなことができるのでしょうか?
 どうしてこんな代弁をできるのでしょうか。それは、このような気持ちで悩んでいる方がとても多く、東京女子医科大学糖尿病センターの初診で、私どもがお話しを聞く機会が多いからです。
 そうなんです。あなただけでなく、たくさんのお友達が同じことで悩んでいるのです。インスリン注射している自分はこれからどうなるのか、身近に先輩もいないし。

 近くに、ロールモデルになる方がいるのといないのでは、とても違いますね。ロールモデルというのは、あなたがあの人のようになりたい!!と思う方です。会社の先輩に素敵な方がいて、仕事がバリバリできて、英語もできて、カッコいいとします。あなたは、その方に憧れて、あんなふうになりたいと思って、努力し始めるとしましょう。この先輩はあなたのロールモデルなのですね。
ロールモデルを探す手前の段階
 ロールモデルをもっている方はもう大丈夫なのですね。そこまでも気持ちが行かない、糖尿病とどうやって暮らしていけばいいのか、まったくかいもく分からないという方に、グループミーティングを、東京女子医科大学糖尿病センターでは、長らく16年もの間、チャプレン斉藤先生を中心に行ってきました。

 東京女子医科大学糖尿病センターに受診していない方も、たとえ遠方であっても、グループミーティングに参加してくれていました。しかし、第2土曜日にしか行っていないために、なかなか参加しにくい方がいらっしゃったのではないかと考え、このたび、年に数回ではありますが、日曜日にグループミーティングを始めてみようと各方面の方々のご尽力を得て、企画することができました。
医療従事者にもグループミーティングに
 いろいろなところに講演に行きますと、若い糖尿病患者さんが勤務先のクリニックや病院にいなくて、若い患者さんの気持ちやなにを考えているのかよく分からない、という医療従事者の方々の声をよく耳にします。
 これはほんとうでしょう。さきほど書きましたように、先走って「こうでしょう?」と私が言えるのは、多くの同じ悩みをかかえた患者さんにお会いしているからなのです。リクツ、理解ではありません。経験のみ。

 そこで、今度始めてみようとしていますグループミーティングには、医療従事者の皆さんにも参加いただこうと考えております。「糖尿病をもつ若者はこんなことを考えているのか!」と知っていただくだけでも幸甚です。
 人生半ばまで生きてきた方なら、こんな悪い血糖コントロールをしていたら合併症になる、なったら家族が!仕事が!とその先のことをすぐ考えることができるのですが、若い方はたとえそのように考えることができても、そうなら血糖を下げよう!というふうには、考えが結びついていきません。
 考えが感情で揺り動かされている若者を知り、そしてどうやっていったらいいのか、を一緒に悩んでみたいと思います。

第1回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2008年11月23日(日)午前11時から午後3時まで
第2回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング (終了しました)
日  時  2009年3月20日(祝日、金)午前11時から午後3時まで
第3回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2009年6月21日(日)午前11時から午後3時まで
第4回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング ( 終了しました)
日  時  2009年9月23日(祝日、水)午前11時から午後3時まで
第5回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2009年11月22日(日)午前11時から午後3時まで
第6回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2010年3月22日(月、祝日)午前11時から午後3時まで
第7回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング ( 終了しました)
日  時  2010年6月20日(日)午前11時から午後3時まで
第8回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング ( 終了しました)
日  時  2010年9月12日(日)午前11時から午後3時まで
第9回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2010年11月23日(火、祝日)午前11時から午後3時まで
第10回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング
日  時  2011年3月21日(月、祝日) (東日本大震災の影響で中止)
第11回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2011年6月19日(日)午前11時から午後3時まで
第12回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2011年10月2日(日)午前11時から午後3時まで
第13回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2011年11月23日(水、祝日)午前11時から午後3時まで
第14回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2012年3月18日(日)午前11時から午後3時まで
第15回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2012年6月17日(日)午前11時から午後3時まで
第16回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2012年9月16日(日)午前11時から午後3時まで
第17回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2012年11月11日(日)午前11時から午後3時まで
第18回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2013年3月17日(日)午前11時から午後3時まで
第19回 若い糖尿病患者さんとのグループミーティング( 終了しました)
日  時  2013年6月16日(日)午前11時から午後3時まで
会  場  ジョンソン・エンド・ジョンソン ダイアベティスインスティテュート
(糖尿病研修センター)
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル15階
参加募集  若年糖尿病の患者さん(10代〜) 20名
        1型糖尿病に関わる医療従事者 20名
  » 詳細情報へ

©2008 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史