いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
42家族の気づかいがかえってうっとうしい
2008年12月
 「自分が1型糖尿病になったこと、あるいは自分が2型糖尿病になったこと、これはこれで自分ではそれなりに納得もできるようになったのですが、特に家族が変に気づかいしてくれるのがいやなんです」。
 このようなことをよく患者さんから聞きます。みなさんはどうですか。
家族が変によそよそしい感じを与える
 これまで、悪いことをすると、厳しくしかってくれていた親が、糖尿病を発症したとたん、厳しくしからなくなった、変によそよそしくなったような気がする、これは子どもにとってとてもさびしいものです。泣きたくなるほどさびしいものです。
 親にしてみれば、「たいへんな病気になってこれからもたいへんそうだし、毎日インスリン注射もしなければならないし。だから、ついやさしい言葉をかけてしまって・・・」という気持ちでしょう。
 親御さんの気持ちはとてもよくわかります。
 でも、でもです。これはやはり親御さんが、「子どもがたいへんだろう、だからやさしくしてあげたい」、という気持ちに正直になっているだけではないかしらと思うわけです。
「お子さんのどうしてほしい」という気持ちに応じているわけではないということになります。
 きっと、このことはお母さん方にもお聞きしましょう。
 いかがですか。反論ももちろんあろうと思います。
 子どもというものは、悪いことをすれば心の底では、お母さんにしかられたいと思うものです。しかってもらうことで、自分がお母さんの大事な子どもなんだ、だからしかってくれたんだと確認することができるのです。大事な子どもでなかったら悪いことをしても見てみぬふりをするかもしれないと。
 しかってくれていたお母さんが、昔はしかられたようなことをしでかしたのにもかかわらず、以前みたいにしかってくれなくなって、なぜかやさしく注意するだけになってしまったとなると、自分の存在はお母さんの大切なものでなくなったのかも? と疑心暗鬼な気持ちに陥ってしまうのです。
病院でも看護師さんが自分だけにやさしい言葉をかけてくれるが、ほんとうはいやなんです
 なぜ、自分だけに、看護師さんは、猫なで声で声をかけてくれるのだろうか。そんなに自分は弱い子なのかしら? そんな気持ちになってしまいます。
 わかったような態度をしめすこともあります。しかし、それは、患者さんにはなんのためにもなりません。変な圧迫されるような気持ちに陥ります。ほんとうはに理解してくれていないんだな、とひそかに患者さんは理解していきます。
茶の間に下りていったら、親がなにかを隠すようなしぐさを
 「どうもなにか食べようとしていたようなんです。そこに私が入っていったので、あわてて隠したような」。
 このようなことは1回でもあると、もう親との信頼関係はくずれてしまいます。「親から大事にされていない私」を感じて、さびしい気持ちになります。
 人間の一番さびしい気持ちは、人から無視されることでしょうか。このようなことがあると、「自分なんかどうなってもいい」というなげやりな気持ちになっていってしまいます。
気づかいなく、普通に接して欲しい
 糖尿病をもっている自分で十分だ、自分で自分のことはする、親には迷惑をかけたくない、そう思っているところに、大丈夫? 大丈夫? と必要以上に声をかけてくれたりされると、親の気持ちはわかっていても、「うるさーい。ほっておいてほしい」と思うものです。
 普通に接してほしい。これがほんとうの気持ちでしょう。親には必要以上に心配してもらいたくなーい、でしょう。

 子どもというものは、いつの時代も、おとうさんには元気に会社で仕事してもらいたいし、お母さんにはいつも明るいお母さんでいてほしい、これが願いなのです。「あなたのために、私は一生懸命なのよ」という姿は、かえって逆効果になってしまうように思います。

©2008 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史