いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
44ざっくりと「見計らい」する
2009年02月
 1回の血糖値に一喜一憂しないで、測定した血糖値から「これからどのように血糖値が変化していくのだろうか」と「見計らい」しましょうという話しです。

実は毎日「見計らい」しています
 実は我々はいつも「見計らい」しています。デパートやお店にいったら、今だったらセールでいくら位かな、いくらなら買おうかなと「見計らい」しています。
 学校でも、会社でも、今日は何があるんだっけ、今日はお得意さん廻りだとか、今日1日の段取りを考えて、毎朝、通学、通勤するはずです。

体調についても「見計らい」しています
 朝起きたときに、熱があるのでは?とか、のどが痛い!などはもちろんのこと、肩の調子はどうだとか、腰の調子はどうだとか、頭痛はしていないかとか、かならず、自分の体調をチェックしているでしょう。
 もし、熱があったら今日の段取りはどこを手抜きしようかとか、腰が重いのでお得意さんまわりは少し減らそうかとか、段取りを変更しますね。そして、そのような変更が無理そうならだれか助っ人を頼んだりするかもしれません。明日に延期するかもしれません。
 というように、半日や、全日の「見計らい」をしています。

同じ「見計らい」を血糖値に対しても
 血糖値を測定したと仮定してみましょう。測定したなら、血糖値を得たなら、その値に“すぐ”反応してインスリン注射を追加するとか、食前ならインスリン注射量をいくつにしようかと考えるのではなくて、「これからの段取りはどうなっていたっけ、ならばインスリン注射量はいくつにしようか」というように、考えてみましょう。
 たとえば食前、「これから××単位注射したら、次の食事前まで低血糖にもならずに、ひどい高い血糖値にもならないかな、いや今日の午後は外出してよく歩くから低くなるかな」というように、「見計らい」をしてみましょう。つまり、これから食べるものによる血糖上昇曲線を、ざっくりと考えてみる、ということです。

次から修正していきます
 最初は、「見計らい」が間違うことと思います。それでいいのです。間違うほどいいのです。間違うと「次には2単位増やしてみようか」とか、「1単位減らしておいたらいいかも」という次のアイデアがでてきます。
 そうやって、試行錯誤して、だんだん経験を積んでいきます。これが全部自分の財産になります。失敗する人ほど、多くの財産をもっているのですね。そして、生活パターンが急に変更になっても、びっくりせずに、こうやればいいのだ、というアイデアが自然に浮かんできます。
 シックデイのときに、「どうすれば良かったかな」と考えるのではなく、多くの財産があるから、シックデイに臨機応変に対応ができるのですね。シックデイの対応を学んでいても、そのときになるとパニックになって、わからなくなったという方が多いのですね。
 シックデイの対応は平生の試行錯誤をしていれば、おのずとわかってきます。
 つまり、いつもこのような「見計らい」の考えをしていますと、シックデイは特別な日のことではなく、いつもと違うパターンの日のことと受け取ることができ、パニックにもなりません。

シックデイルールよりも普通でない日の対応を!
 「シックデイルールはシックデイの日だけのことだ」と考えて、特別の日のことと思って、頭のなかで避けていることはないですか。熱がでるなど、年に1回くらいしかないのですから、シックデイルールを覚えていることは実は困難なことなのですね。本質だけを知っていればできることなのですが、どこかに書いたような・・・
 普通でないことが起こったときの対応、これのほうが、頻度が高いのです。自分の生活のなかでよく起こる、普通でないことことがあれば、ぜひ先生に、どうすればいいのか、自分はこれまでこのように対応しているがこれでいいのかを聞いてみてください。

©2009 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史