いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
45血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
2009年03月
 インスリン注射をしている方は、インスリンが血糖値を下げることを知っています。しかし、いつもより多く食べることになって、またいまこんなものを飲むと血糖値が上がるな、とわかっていても、そこですぐインスリン注射の量を調節したり、食べる時間をずらしたりせずに、上がったらそのときに対処すれば、つまり血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいいのだと思ってしまってはいませんか。
 これは、測定した血糖値が高かったら、ヤバい、と何も考えないですぐ追加のインスリン注射をしてしまう人と同じ考え方ですね。
インスリンは血糖値を下げますが・・・
 何かを食べてその後に血糖値がどんなふうな上がり方をするのか、ちょっと考えてみましょう。「食後の血糖曲線」ということですね。
 血糖曲線は食べはじめるとすぐ勢いよく(加速度をつけて)上昇するカーブを示します。加速度を付けて!ここが大事なところです。
 だんだん上がっていきますが、やがて食事も終了しますし、180mg/dL以上に上がると尿に排泄されることもあって、だんだん血糖値の上がる速度がにぶってきます。
 この時に、血糖値が高いからといってインスリンを追加注射すると、血糖値の上昇速度がにぶっているところに速効型ないし超速効型インスリンを注射することになりますので、インスリンによる血糖降下作用が加速度をつけて走り出します。つまり、加速度をつけて血糖値が下がり始めるわけですね。その結果、血糖値が想像した以上に、下がってしまうことが起こりやすくなります。低血糖になって失敗することになります。
 たしかに、血糖値が高すぎると、つい追加インスリンを注射したくなるものです。この気持ちはよくわかります。早く、血糖値を下げたいという気持ちです。ところが、現実は下がり過ぎてしまう。重症の低血糖になることもよくあります。
血糖上昇カーブとインスリンによる
血糖下降カーブをシンクロナイズさせる
 インスリンを注射しますと、注射した皮下の部位から吸収されて毛細血管に入って、そこから大きな血管に入っていき、体全体の細胞に行き渡っていき、それぞれの1個1個の細胞の表面に到達し、細胞の中に糖を取り込んでいく。そうやって、血糖が下がっていくカーブを描がくことになります。
 2つのカーブつまり食事による血糖上昇カーブとインスリン注射による血糖降下カーブ、をきちんと合わせる、つまりシンクロナイズさせると、食後血糖は、上がり過ぎず、下がり過ぎず、ということになります。
上手にシンクロナイズさせると
 HbA1c 6.5%前後の1型糖尿病の方に、食事(サンドイッチ2個分)前に血糖測定し、インスリン注射(超速効型インスリン注射量は自分で決めてもらった)をしてもらい、その後食事を取ってもらって、30分、60分、90分、120分と血糖値を測定したことがあります。食後はテレビをみたり、読書をしてもらったり、自由にしてもらいました。運動らしきものはしませんでしたが。
 さて、血糖値はどうなったでしょうか。びっくりするほど、食前80〜90mg/dLから食後は高くても150mg/dLまでで留まり、2時間すると食前にもどっていました。その後、次の食事まで低血糖は起こしませんでした。
 きちんとシンクロナイズさせると、食後は高血糖も低血糖もおこさないのだ、と実感した次第です。そして、長年血糖コントロールがうまくできている方は食事の量と内容をみてきちんとそれに合ったインスリン量を決めることがなんなくできるのに、またびっくりしたものです。
©2009 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史