いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
49いつも注射している部位に注目!
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2009年07月
今回のテーマは、以前にも少し書いたかもしれません。あらためて、テーマとして挙げて、書いてみます。
どこに注射しているのだろうか
毎日のこととなると、どこに注射したかも・・・。いつものところに決まっているじゃない。その通りです。毎日、数回の注射となると、決まりきったところに済ませてしまいます。
 その決まりきったところ、というのが、お腹のおへその左右のあたりか、太もものあたりか、左の腕あたりかと思います。

その部位が膨らんでいないか、手でなぞってみてください。昨年か1昨年でしたか、有名な医学雑誌のコラム的記事に、お腹のCT写真が載っていて、おへその左右に同じような皮下の膨らみが映っていました。「インスリンボール」などといった名称がついていましたが、もとを正せば、インスリン注射をその部位に集中して起こなった結果であります。

この膨らんだ部位に注射すると痛くないのですね。だから、またその部位に繰り返して注射してしまう・・・。

どうして同じ場所に注射してはいけないのか
皮下組織のふくらみは脂肪組織と繊維組織だと考えられますが、その部位に注射していても、皮下から毛細血管への吸収が、他の部位に注射した場合と比べて遅れてしまうことは容易に想像がつきます。

インスリンの吸収が悪いと、どうなるのでしょう。このインスリンが食前のインスリンだったら、食後血糖値のほうが先に上がってきて、そのうち注射したインスリンが血中をまわり血糖を下げるように作用し始め、食後3時間、4時間経過したときに異常なくらいにインスリンの効きがよくなって血糖値が低くなってしまう、このようなことが起こりやすくなるわけですね。

最近、注射部位を変更して、インスリン注射量が3分の2くらいに減った方がいました。

  注射した部位から漏れることも
 また、同じ部位に繰り返し注射していると、その部位の皮膚が硬くなってきます。
 そうすると、よく起こってくるのが、注射して5、ないし10を数えて針を抜いても、針を抜いたときに、皮膚の中から注射したはずのインスリンの液がもどってくるのです。漏れてくるという表現がいいですね。1、2単位のときもありますが、多く注射している方では、もっと漏れてきます。
  アルコール綿が吸い取る
 針を抜いたあとにアルコール綿を当てる習慣の方ですと、毛細管現象により綿に吸い取られると、英国の患者教育用の本に記載されていました(どちらにしても、針を抜いたあとは、アルコール綿をその部位に当てたり、押し付けたり、する必要はないのですね)。
 このようなことから、20単位注射したいと20にダイアルを合わせて注射しても、皮下には20単位のインスリンが入っていないようなことが起こります。当然、血糖値は思うほど下がらないことになります。20単位が少ないのか、と思い、次に22単位を注射してみる。今度は皮下からの漏れがなかったのでよかった、と思っていたら、その後思った以上に血糖値が下がってしまいった、ということが起こりうることになります。
  適切な注射量はいくつなのか?
 漏れたりしていることに気づかず、なぜ下がらないのだろうとフシギに思ったり、多くしたら低血糖になったり、自分の適切なインスリン量が、わからなくなってしまい、そのうち、なにがなんだか、測定した値にまで、信用できなくなってきてしまう・・・。
 このようなことはよくあることです。いらいらしてきますし、なにより、自分の起こなっていることに不安を感じてきてしまいますし、医師の言うことも信用ならないし・・・となってきます。
皮下からインスリンが漏れるのなら
長年インスリン注射している方は、注射がうてるところはたいてい注射してしまった、と言われるでしょう。どこに注射しても、少し漏れてくる・・・といわれるかもしれません。
 こんなときはどうしましょう。漏れ量をあらかじめ計算して多目に注射する、ということも一案ですが、ちょっとこわいですね。

では、注射する部位の皮膚をちょっと上か、下にずらしてみて、それからその部位に注射してみましょう。注射が終了して抜いたとき、皮膚がもとにもどるので、注射した入り口と注射した皮下との間に、少しばかりの“断絶”が起こるので、これで、漏れを防ぐことができます。
 このアイデアは私のアイデアではありません。先ほどの英国糖尿病協会のインスリン注射マニュアルに、大昔、記載されてありました。さすが、英国糖尿病協会!と思いました。
 その後、このアイデアを、外来でお話して実行してもらっておりますが、どうも、よろしいようです。

 ちょっとしたコツですね。本日の大事なことは、インスリンの注射部位。
 同じところにいつも注射しないこと。そして、注射部位を大きくローテートさせてください。
©2009 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史