いま1型糖尿病は トップページへ メールマガジン無料登録
54高校生まではうまくいっていたのに・・・
内潟安子  東京女子医科大学 糖尿病センター教授
2010年04月
高校生まではうまくいっていたのに・・・。これはよくお母さん方から、聞く言葉です。
 大学生になったら、言うことを聞かなくなった、社会人になったら、言うことを聞かなくなった、このことです。
 いつ帰宅しているのかわからない、何をたべているのかわからない、電話をしても通じない、電話しても「うるさい」と言われ、切られてしまう・・・
 そして、一番の頭痛のタネは、HbA1cが上がってしまって、下がらない!このことでしょう。
親がかりになりがち?
高校生まではうまくっていた、HbA1cは悪くなかった、たぶん、そうだと思います。それは、食事の内容から、カロリーから、すべて、「親がかり」でやっていたから、お母さんの「意のままに」できたから、お母さんが先生に“言われた通りに”やっていたからでしょう。
 朝の起床もおかあさんに起こしてもらっている、お母さんが起こさなければ遅刻してしまう、こんな具合であったと想像してしまいます。どうでしょうか。
 言い換えれば、「自分でなにもできていなかった」ということでしょうか。
自立した生活を掴む
大学生になったり、社会人になると、世界は広がります。保護者がいないわけですから、インスリン注射の必要のない若者だって、お酒で失敗したり、寝坊したり、それはいろいろあります。忘れものをしたり、お金を盗まれたり、いろいろあるでしょう。
 しかし、そのような「にがい経験」を通して、学んでいくわけですね。もう二度としないぞ!と。そして、お酒の飲み方が上手になっていき、付き合いも上手にできるようになっていき、体調の悪いときでもうまく仲間と付き合うことを覚えていくわけです。

「高校生時代まで親がかり」のインスリン注射をしている若者はも、大学生になったから、社会人になったからといって、全員がHbA1cを悪化させるわけではありません。

一時悪くなっても・・・
一時、HbA1cが悪くなっても、うまく順応していく若者を多く知っています。ですから、最初の1年間くらいのHbA1cの悪化を、あまり追及せず、大丈夫、「来年になったら、勝手がわかってくるからうまくいくよ」と励ますことも、多いのですね。
やはりなかなか自立できない
ところが、来年になっても再来年にもなっても、30歳近くになって、うまくできない若者も多くいます。こういう若者のお母さんはとても心配されます。そして、おっしゃいます、「高校生まではうまくいっていたのに・・・」。

20歳過ぎてもうまくできない若者をみていますと、まず、自分の生活を自分のこととして考えていない、なぜなら、これまですべておかあさんが面倒をみてくださっていたから、これからも「だれかなんとかしてくれるでしょ」という考えが、強くあるように思えてなりません。

ですから、基本的なことをマッタクといってもいいほど、知らない。インスリン注射量の調節の仕方を知らない、食物のうちでどれが血糖を上げやすいものか下がりやすいものか、知らない。言いかえるなら、朝になったら決まった量の注射を打てばいいのでしょ!昼前も打てばいいのでしょ!という気持ちから、前に進んでいないのですね。
 食事時に食べるのを逸したらどうしよう?、どうしていいかわからないから、食べないのだから注射も打たないでおこう、ということになってしまう。

簡単にいえば、なぜインスリン注射を自分はしているのか、わかっていない、ということになりましょうか。

それから、もうひとつ、あるように思います
高校生までは親がかりであった若者が、もう自分で全部しなさい、と親に言われたとたん、親から見離された、と思ってしまうのです。
 もう自分は親から愛させていない・・・、親から無視されてしまった・・・、もうどうでもいい・・・、無気力な若者になっていってしまいます。
 うつ状態、ニート、無気力、適応障害、いろいろな名前が、新聞でもでてきますね。

大人になるにはすこし早いのですね。年齢では大人なのですが、選挙権はもらえるのですが、心は大人にまだまだ、なれないのですね。
©2010 内潟安子


ジョンソン エンド ジョンソン

新着情報
インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
バックナンバー
59 インスリン50年歴の小児期発症1型糖尿病患者さんが増加
58 新薬ラッシュだけどやはり食事!
57 基本的な4回注射法の落とし穴 夕食が遅くなる
56 海外の糖尿病ケアにおける動き―2010年アメリカ糖尿病学会から
55 高血糖恐怖症と低血糖恐怖症
54 高校生まではうまくいっていたのに・・・
53 高頻度におこるか、低頻度におこるか
52 もう知っていたかもしれませんね
51 髪の毛が抜けるんです
50 飲みものなら胃に残らないし・・・
49 いつも注射している部位に注目!
48 何かに縛られている?
47 次回の目標HbA1c値を決めてみる?
46 学校ではインスリン注射は保健室で・・・
45 血糖値が高くなったらインスリン注射をすればいい?
44 ざっくりと「見計らい」する
43 治療的患者教育(TPE)と日本の若者の企画
42 家族の気づかいがかえってうっとうしい
41 悩んでいる自分はおかしい?
40 糖尿病の国際学会とドーンユース国際調査発表会2008
39 としごろの皆さんは、主治医の先生に声変わりや生理のことを話ししていますか?
38 SMBGの値に納得がいかない
37 糖尿病と妊娠に関するQ&Aの冊子ができました
36 日本糖尿病協会小児糖尿病対策委員会のこと
35 インスリンの副作用
34 吸入インスリンの道 けわし
33 インスリン注射してから血糖が下がるまで
32 食卓で大皿に盛って・・・
31 50年間、インスリン治療を続ける
30 指がうまく開きますか?
29 時差とインスリン注射量
28 IDF青少年憲章できあがる
27 海外での食事とインスリン注射量
26 海外へのインスリン製剤持ちだしは大丈夫?
25 血糖を連続的に自動的に測定する機器(CGMS)
24 血糖値が気になって思うように食べられない
23 夜間にひどい低血糖になってもわからないんです
22 運動後に血糖が上昇する?
21 低血糖症状は変わる
20 若年発症2型糖尿病にも目を向けて
19 Unite for Diabetes その2
18 なぜ血糖自己測定をするのか
17 インスリン注射によって“も”引き起こされるメタボリックシンドローム?
16 DCCT/EDICの結果は?
15 注射はほんとうに痛い?
14 国際糖尿病連合の「糖尿病に対して団結して立ち向かおう」キャンペーン
13 臨床試験について
12 インスリン治療にも危機管理を!
11 1型の食事はごく普通に食べること
10 高血糖と低血糖
09 吸入インスリンについて
08 インスリンポンプについて
07 劇症1型糖尿病を知っていますか
06 小児ヤング糖尿病と日本糖尿病協会、糖尿病療養指導士(CDEJ)
05 小児ヤング糖尿病治療の小児科から内科への移行の問題
04 高血糖になると多尿になるのはなぜ?
03 小児ヤング糖尿病の教材が完成
02 小児糖尿病には1型も2型も
01 小児糖尿病の治療の歴史