ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病用語辞典 トップページへ メールマガジン無料登録
網膜
 眼球の奥に広がっている薄い膜状の組織で、瞳孔から眼球に入った光を感じとる部分です。カメラのフィルムに相当します。

 視覚障害の原因
〔厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克
 服研究事業「網膜脈絡膜・視神経萎縮症に
 関する調査研究 平成24年度報告書」より〕
網膜症
 糖尿病の三大合併症の一つ。網膜は、細い血管が張り巡らされていて、高血糖による細小血管障害の影響を受けやすい組織です。細小血管障害によって網膜に虚血部分(血液が行き届いていない部分)ができると、そこから血管内皮増殖因子(VEGF)が放出され、正常では存在しない新生血管が網膜や硝子体に現れてきます。新生血管はもろいので、出血を起こしたりしてさまざまな悪影響を及ぼし、視覚障害を起こします。糖尿病性網膜症は成人の視覚障害の主要な原因の一つです。

網膜症の病期
 糖尿病性網膜症の病期の分類法は何種類かありますが、最もよく用いられているのは、単純網膜症、増殖前網膜症、増殖網膜症の三つに分ける分類方法です。単純網膜症は異常が網膜に限局している段階、増殖網膜症は新生血管が発生しそれが網膜や硝子体〈しょうしたい〉に増殖した段階です。増殖前網膜症はこれらの中間です。単純網膜症は血糖コントロールを厳格に行うことで改善します。

網膜剥離
 網網膜に亀裂が入って剥がれたり、破れたりすること。剥離部分は光を感知できないので、そこに相当する視野が障害されます。網膜剥離にはいくつかの発生パターンがありますが、糖尿病では牽引性網膜剥離というタイプがよく起こります。これは、網膜症で発生した新生血管が硝子体〈しょうしたい〉に伸びてきて、硝子体に線維様造ができ、その収縮を介して網膜が引っ張られた結果、起きるものです。網膜剥離は発生後できるだけ早く治療することが後を左右します。

MODY 原因遺伝子異常が解明された糖尿病

Copyright ©1998-2016 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。