目と健康シリーズ

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング

リラックス アイ:盲点は、指摘されて気づくもの


 問題があるなんて全く考えずに順調に進んでいた計画が、大願成就を目前に、思いもよらぬミスを指摘され、あわてて最初からの仕切り直し。まさに「盲点を突かれた」と悔しがるこんな経験、あなたもありません? 人間一人で把握できる情報というのは、本人は完璧と思っても、結構落とし穴があるもの。他人〈ひと〉から見ればなんでもないようなことに、意外と気づいていないこともあるのでしょう。

「盲点」を辞書で調べると、(1)意外に気づかない点、という意味以外に、(2)視神経が眼球に入ってくる部分、という解説もあります。(2)は、医学的に視神経乳頭と呼ばれる部分を説明したものです。視神経乳頭は、網膜上の視神経が1カ所に集まり束になって眼球の壁(強膜)を突き抜けていく所で、眼底の中央やや鼻寄りに位置します。眼底写真で、周囲の網膜とくっきり区別がつく、薄い黄色の丸い部分です(こちらのイラスト・写真参照)。

 視神経乳頭には視細胞がないため、光を感知できません。そこに対応する視野は、マリオット盲点と呼ばれる暗点となり、どんな人にも必ず存在します(マリオットは17世紀のフランスの物理学者)。
 

 ここでちょっと実験してみましょう。左眼を閉じ、右眼で下の図の+印を見つめ、この図と目を、20〜25センチメートルぐらい離してみてください。それまで見えていた右側の白丸が、消えてしまったはずです。白丸の位置が、ちょうどマリオット盲点に入ったためです。

※ 図の左右の長さが10センチメートルに見える設定で


 マリオット盲点は、反対側の眼の視野にカバーされていたり、周囲の映像や記憶により情報が補足されることなどから、生活上その存在が問題になることはありません。ところが (1)の意味の盲点は、冒頭の話のように、突然そこを突かれてピンチを招く怖さがあります。こちらの盲点こそ、この実験のように、簡単に発見できる方法があればいいのですが…。
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
更新情報配信中!