糖尿病とお口の健康

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング

歯周病や虫歯はごくありふれた病気ですが、
糖尿病の人はそうでない人に比べ歯周病になる危険性が
2倍以上高いという統計が米国で報告されています。
このコーナーでは、糖尿病の第6の合併症ともいわれる
歯周病をはじめ歯や歯茎の病気、口臭など、お口の中の健康と
糖尿病との関連をテーマにまとめてみました。

もくじ

  1. 気になりませんか?
    口臭、歯ぐきの出血・腫れ、歯に物が挟まりやすい・・・
  2. 糖尿病で歯周病が増える理由、
    歯周病で血糖値が上がる理由
  3. 徹底研究! 歯周病の原因と治療
  4. 歯周病は全身に悪影響を及ぼす
  5. 糖尿病の合併症と歯周病の合併症 その相互関係を探る
  6. 今からでも間に合う、お口のトラブル予防法・解消法

著者プロフィール

石川 烈(いしかわ いさお) 先生
東京医科歯科大名誉教授、東京女子医科大学客員教授

1965年に東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業。1971年、東京医科歯科大学大学院歯学研究科博士課程修了。1968年からスイス ジュネーブ大学教官、東京医科歯科大学歯学部歯学科保存学第二講座教授など

糖尿病セミナー「口の中の健康」

監修:後藤由夫 先生/編集:石川 烈 先生

糖尿病と歯の関係、正しい歯の磨き方、糖尿病の人が歯医者さんにかかる時の注意事項など、虫歯や歯周病と糖尿病の関係をわかりやすく解説してあります。

糖尿病セミナー「口の中の健康」へ ▶

(2003年12月 公開)

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶