災害に備えて トップページへ メールマガジン無料登録
2011年/災害時の備えに関するアンケート調査結果(糖尿病患者さん)
2011年08月更新
 甚大な被害をもたらした「東日本大震災」。被災者の健康悪化が懸念されますが、糖尿病患者さんの血糖コントロールの悪化や震災に伴う疾患、ストレスなど、心配は尽きません。今回の震災を受けて、糖尿病患者さんが災害時への備えに対して、どのような対策を行っているかを伺いました。

【調査概要】
  • アンケート対象者:糖尿病ネットワークのメールマガジン登録者(糖尿病患者さん)
  • アンケート回答方法:インターネット
  • アンケート実施期間:平成23年5月16日〜5月23日(8日間 )
  • 有効回答数:糖尿病患者さん287名
  • 性別:男性177名/女性110
  • 病態:1型糖尿病123名/2型糖尿病156名/糖尿病境界型5名/その他3名
  • 糖尿病の治療内容(該当するものをすべて):食事療法215名/運動療法176名/飲み薬の服用158名/インスリン療法171名
  • 調査結果のまとめ:ネットワークアンケート No. 29
Q. 通院する医療機関で、災害時の備えについて指導を受けたことはありますか?(n=287)
  • とくに指導を受けたことはない 87%
  • 今回の震災を機に指導を受けた 6%
  • 以前、指導を受けたことがある 4%
  • 以前、指導を受けたことがあるが、今回の震災後に改めて指導があった 2%
  • わからない 0%
  • その他 1%
Q. 通院する医療機関で、下記の内容について指導や説明を受けたことはありますか?該当するものすべてにチェックしてください(複数回答可 n=287)
  • とくにこれらの説明や指導はない 56%
  • 処方されている薬剤名を覚えておくことについて 19%
  • 糖尿病連携手帳(糖尿病手帳)やお薬手帳の携帯や管理について 18%
  • 緊急時に備えたインスリン製剤の備蓄、保管方法について 14%
  • 緊急時に備えた血糖自己測定機の管理、注射針などの消耗品の備蓄について 8%
  • 避難所等での低血糖対策について 8%
  • 病院や主治医などとの連絡方法について 7%
  • 緊急時に備えた経口薬の備蓄について 5%
  • 糖尿病療養生活に役立つ「非常用持ち出し品」の準備について 5%
  • 避難所等での食事療法について 6%
  • 避難所等での高血糖対策について 3%
  • 避難所等での運動療法について 2%
  • その他 13%
Q. 災害時の備えとして、糖尿病療養生活のために、準備や対策は行っていますか?(n=287)
  • とくに行っていない 56%
  • 今回の大震災を機に、行いはじめた 22%
  • 行っている 21%
  • その他 1%
Q. 「非常用持ち出し袋」を準備し、夜間でも持ち出せる場所に置いてありますか?(n=287)
  • 「非常用持ち出し袋」をとくに準備していない 57%
  • 「非常用持ち出し袋」を準備し、すぐ持ち出せる場所に置いてある 29%
  • 「非常用持ち出し袋」は準備してあるが、すぐ持ち出せる場所には置いていない 12%
  • わからない 1%
  • その他 1%
Q. 薬剤の予備は何日分準備されていますか?(通院の直前であっても、手元には何日分くらいの薬が残っていますか?) (n=287)
  • 1週間分程度 23%
  • 1〜2週間分程度 19%
  • 2週間〜4週間分程度 16%
  • 4週間分以上 15%
  • とくに予備は持っていない 15%
  • 2〜3日分程度 9%
  • 薬剤は処方されていない 3%
  • その他 0%
Q. 処方されている薬剤名やその服用量を記憶していますか?(薬剤名を書いた手帳等がなくても、服用している薬剤名、服用量を口頭で伝えられますか?) (n=287)
  • すべて記憶している 61%
  • 一部の薬剤なら記憶している(うろ覚えなものがある) 25%
  • 薬剤名は覚えているが、服用量は覚えていない 5%
  • まったく記憶していない 3%
  • 薬剤は処方されていない  4%
  • その他 2%
Q. 糖尿病の治療歴や処方されている薬剤について記録されたもの(糖尿病手帳など)を、日頃、持ち歩いていますか? (n=287)
  • ほとんど持ち歩いていない 29%
  • 通院時のみ、持っている 27%
  • 大抵は、持ち歩いている 20%
  • 肌身離さず持ち歩いている 11%
  • 手帳を持っていない、知らない 10%
  • その他 3%
Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。