糖尿病の医療費・保険・制度 トップページへ メールマガジン無料登録
民間の保険
 「糖尿病でも保険に入れるの?」といった質問が糖尿病ネットワークに数多く寄せられます。以前は、持病や入院歴のある人は健康な人より病気になる確率が高いという理由で加入できないことが多かったのですが、最近は、“一定期間入院していない”、“がんなどの一部の病気で通院していない”などの一定条件を満たしていれば、誰でも加入できる保険が増えています。

 また、すでにある病気およびそれに起因したその他の病気(糖尿病性合併症、歯周病など)の保障もされる保険も出てきました。

 保険商品はニーズに応じて細分化されていく傾向にあるとともに、糖尿病患者さん(および予備軍)の人口増加や生活習慣病についての医療の進歩、関心の高まりなどもあり、加入できる商品の選択肢は増えつつあります。
糖尿病有病者向け少額短期保険

医療保険

  • 糖尿病の治療中でも加入可(0〜89歳)
  • 糖尿病・合併症、歯周病の治療中でも3つの告知で加入できます。
  • 保険期間1年につき、入院給付金と手術給付金を合算して総額80万円まで保障されます。
  • 1入院につき60日限度ですが、入院中に糖尿病または糖尿病合併症の治療を開始した場合、その時点からさらに60日まで保障されます。
  • 妊娠中でも入れます。

「糖尿病保険」(エクセルエイド少額短期保険)
糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険

  • 糖尿病・合併症、歯周病の他、契約日以後発生のほか病気、ケガによる入院・手術を保障します。
  • 1型糖尿病に限り、過去2年以内にインスリン投与またはインスリンポンプ装着による入院、 手術をした場合でも、退院の翌日から3ヵ月以上経過していれば加入できます。

「糖尿病保険プラス」(エクセルエイド少額短期保険)
糖尿病、合併症やその他、病気、ケガを保障する医療保険。通院保障で手厚くカバーします。

  • 糖尿病・合併症、歯周病の他、契約日以後発生のほかの病気、ケガによる入院・手術・通院を保障します。
  • 1型糖尿病に限り、過去2年以内にインスリン投与またはインスリンポンプ装着による入院、 手術をした場合でも、退院の翌日から3ヵ月以上経過していれば加入できます。

定期保険

「糖尿病保険ライフ」(エクセルエイド少額短期保険)

  • 6歳から89歳まで加入できます。
  • 最高300万円まで保障します。100万円単位で追加加入、または減額できます。
  • 1型糖尿病に限り、過去2年以内にインスリン投与またはインスリンポンプ装着による入院、手術をした場合でも、退院の翌日から3ヵ月以上経過していれば加入できます。
限定告知型の保険
  • 医師の診査は不要、健康に関する一定の条件について契約者自身の告知により加入できます。
千客万頼(住友生命)
終身保険
  • 糖尿病であっても加入できるとしているものや、健康状態に関する告知不要なものもあります。
ふるはーとファイブ(住友生命)
充実ファイブ(住友生命)
弱体者終身保険/無配当(アリコ・ジャパン)
一病息災(住友生命)
一病壮健プラン(かんぽ/郵便局)
糖尿病・高血圧用定期保険(大同生命)
PL'EASE(明治安田生命)
おまかせください(三井生命)
*条件によっては加入できない場合もあります。詳しくは各保険会社にお問い合わせください。
2014年02月更新


※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わされるようになりました。過去のコンテンツの一部にはこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。