トップページ - 関連ニュース - 九州大学医学部生と中村学園大学栄養科学部生が考案したスローカロリースイーツ「カラフルボール」が誕生
九州大学医学部生と中村学園大学栄養科学部生が考案したスローカロリースイーツ「カラフルボール」が誕生
 九州大学医学部生と中村学園大学栄養学部生らがレシピ考案・開発したスローカロリースイーツ「カラフルボール」が誕生。11月21日(土)、22日(日)に開催される九州大学の学園祭「第68回九大祭」で販売されることになった。
九州大学の学園祭「第68回九大祭」で販売

 今回開発された「カラフルボール」は、りんご、バナナ、あずき、ほうれん草など全8種類の色鮮やかな食材を使用したスローカロリーススイーツ。

 学生らは、"美味しくて、しかも健康なお菓子"をコンセプトに栄養学の勉強を進める中、蜂蜜中に含まれる天然の糖質「パラチノース(R)」に注目。パラチノースはスローカロリーの代名詞であり、体内で糖質がゆっくり吸収される。砂糖とほぼ同じようにお菓子作りにも適しているとして、スイーツを作ることになったという。

 スローカロリーとは、ゆっくりと消化吸収される糖質を摂り、急激な血糖上昇や脂肪蓄積を抑えること。広義では、糖質の質と量を意識した食品選びと食べ方を工夫し、健康づくりに役立てることができるとして、医療や栄養学の世界でも注目されている。

 全糖質の15%以上パラチノースを配合することでスローカロリースイーツとし、急激な血糖上昇を防いだり、過剰な脂肪蓄積の抑制をめざす。「パラチノースは砂糖とよく似た構造ですが、消化吸収が遅く、血糖値上昇を緩やかにする効果があり、生活習慣病のリスク軽減にも役立つと考えられています。今回の取り組みは、医学、栄養学を学んでいる学生が共同して、スローカロリーの考え方を取り入れたスイーツを開発し、普及を目指すという意義ある活動と考えています」と津田先生は語る。

 この取り組みは、九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)の学生プロジェクトである九州大学起業体験プログラム(QSHOP)の一環として実施。パラチノースを提供する三井製糖株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 飯田雅明)は、今回のような産学協同の取り組みを進めていくほか、今後もスローカロリープロジェクトの賛同商品を増やすよう活動を進めるとしている。

【開催概要】
◆販売日時 :2015年11月21(土)〜22日(日) 9:00〜19:00
◆販売店舗:第68回九大祭 2310教室 「Sugar Innovation」
◆場  所 :九州大学伊都キャンパス
      住所:〒819-0395  福岡市西区元岡744番地九大祭実行委員会
       電話:092-802-5997
◆販売商品:カラフルボール 1カップ(4コ)200円(税込) 2カップ300円
  りんご、バナナ、あずき、ほうれん草など、全8種類。
        アンケート回答でドリンクサービス。

関連情報:第68回九大祭
       三井製糖株式会社のプレスリリース

     
2015年11月更新
このサイトに関するお問合せはコチラから