メニュー MENU
腎臓病の食事療法

1. 腎臓病食事療法の基礎

 腎臓病の人の食事療法は、塩分制限、適正エネルギーの摂取とたんぱく質の制限が基本です。それに加えてカリウムやリン、あるいは水分の制限が必要なこともあります。

 どの程度制限するかは、患者さんそれぞれの腎臓の働きや治療法に応じて異なりますが、医師、管理栄養士の指導のもと、薬物療法とあわせ粘り強く継続していくことが、残された腎臓の機能を保護していく上で大切になります。

(2016年02月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

腎臓病の食事療法

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題