メニュー MENU
腎臓病の食事療法

6. 食事に関する工夫

アルコール

 腎臓病の人にとってアルコールは必ずしも禁止ではありません。アルコール飲料は、たんぱく質の少ないエネルギー源になります。また食事の前の少しのアルコールは、食欲が無いときなどに役立ちます。気をつけたいのはアルコールを摂ることによって、つい食が進み塩分やたんぱく質の制限が守られなくなることです。また、病態によってはアルコール摂取が禁忌となることもありますので、必ず主治医、管理栄養士に相談してください。

(2016年02月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

腎臓病の食事療法

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題