糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2006年11月25日

図解でよくわかる メタボリックシンドローム

和田高士(東京慈恵会医科大学附属病院新橋健診センター所長)

 内臓脂肪蓄積と動脈硬化進行の関係を早くから発表してきた著者が、日本人2万人以上を対象とするデータによって裏付けられている、患者さんにあったメタボリックシンドロームの治療法を1冊にまとめたもの。メタボリックシンドローム、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などに大別し、それぞれについて図を用い解説されている。「検査データランキング」などの興味深い試みも。
主な内容は、なぜ今メタボリックシンドロームが問題なのか、メタボリックシンドロームの人が増えているわけ、ニコチン依存症の判定、リバウンドしないコツ、運動療法、コンビニ食で生き残るコツ、高血圧の自覚症状、さまざな高血圧、高血圧を改善する運動、高血圧を改善する食生活、中性脂肪(トリグリセリド)、脂質代謝異常を改善する運動、脂質代謝異常を改善する食生活、糖尿病の検査、糖尿病の自覚症状、糖尿病の合併症、糖尿病を改善する運動、糖尿病を改善する食生活、高尿酸血症、脂肪肝、胃食道逆流症、睡眠時無呼吸症候群、中年太りを解消する「一無・二少・三多」の生活習慣、メタボリックシンドロームの漢方治療、動脈硬化の自覚症状、脳の動脈硬化、心臓の動脈硬化、足の動脈硬化、メタボリックシンドローム日誌、内臓脂肪減少シート、など。
●A5・168ページ 本体\1,300+税 2006年発行 保健同人社(03-3234-6111)
 出版社ホームページ→トップ


このページの
TOPへ ▲