糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2007年08月25日

腎臓病の人のおいしい献立

監修:富野康日己(順天堂大学医学部教授)
レシピ・料理製作:森野眞由美(管理栄養士)

 腎臓病の中でも患者数の多い「慢性腎炎」「糖尿病性腎症」「ネフローゼ」「慢性腎不全」の4つの病気・病態を取り上げ、1週間分そのまま使える献立を紹介。単品メニューも別に掲載しているので、交換することで献立をアレンジすることもできる。さらに巻末には、全メニューの栄養価データを掲載されており、これを参考に他の献立を自分好みに合わせて作ることができる。このほか、腎臓病の解説や食事の注意点について、最新の情報がわかりやすく掲載されている。
以下、目次より。第1章 腎臓病食事療法の基礎知識/慢性腎炎、糖尿病性腎症、ネフローゼ、慢性腎不全、治療用特殊食品を活用する、材料や調味料の計算方法、主な調味料に含まれるエネルギー量と食塩量 第2章 病気別腎臓病のレシピ/慢性腎炎、糖尿病性腎症、ネフローゼ、慢性腎不全 第3章 食生活と日常生活での注意点/腎機能の状態をチェックするために定期的に尿や血液の検査が必要、特効薬はまだ見つかっていない 腎機能の低下を防ぐことが大切、日常生活の送り方は病期によって異なり経過を左右するので自己管理が必要、安静が大切でも適度な運動は必要、食事療法で腎機の低下を防ぎ透析治療の開始を少しでも遅くする、腎臓病の食事療法で中心となるたんぱく質と食塩をいかに減らすか。
●B5変型・192ページ (本体\1,400+税) 2007年発行 新星出版社(03-3831-0743)
 出版社ホームページ→トップ


このページの
TOPへ ▲