糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2014年11月20日

糖尿病治療のニューパラダイム 第2巻 薬物療法の実践 〜血糖降下薬を中心に〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授 加来浩平 編集委員長
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員 [第2巻責任編集]
順天堂大学大学院代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授 池上博司 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●第2巻は血糖降下薬による治療編。総論ではその作用機序から安全性、ガイドラインにおける各薬剤の位置付け、わが国での薬物治療の動向までを解説。
●各論では、様々な病態や臨床状況に応じた治療法や課題、副作用について詳述。加えて実践の章は服薬指導や医療経済をも視野に入れた充実の内容に。
●第1巻に引き続き、専門医のみならず、糖尿病治療のエキスパートを目指す医師にも必読の一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論
1章 血糖降下薬の作用・作用機序と適用
2章 血糖降下薬の安全性
3章 血糖降下薬治療のアウトカム
4章 血糖降下薬の予防効果
5章 ガイドラインにおける血糖降下薬治療
6章 血糖降下薬治療の現状
トピックス 国内・海外の承認プロセス

各論
1章 血糖降下薬治療の実際
2章 治療動向と現状を踏まえて 3章 血糖コントロール状態の把握
4章 血糖降下薬(注射製剤)の使用
5章 インスリン療法の離脱
6章 インスリンの導入

実践
1章 経口血糖降下薬の服薬指導の実際
2章 糖尿病患者の診療状況
3章 医療経済面からみた糖尿病治療
●B5判 272頁 2014年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ
このページの
TOPへ ▲