東京都糖尿病協会

トップ - 東京都糖尿病協会のご紹介
東京都糖尿病協会のご紹介
2017年03月更新  
平成28・29年度「東京都糖尿病協会役員」
(アイウエオ順、敬称略)
東京都糖尿病協会 会長
渥美義仁(永寿総合病院)
東京都糖尿病協会 副会長
医療側:
加藤光敏(加藤内科クリニック)
林道夫(NTT東日本関東病院)
宮川高一(多摩センタークリニックみらい)
患者側:
高橋一征(愛宕会)
田辺達也(豊島かとれあ会)
坂本辰蔵(東京わかまつ会)
顧問
池田義雄(タニタ体重科学研究所)
岩本安彦(朝日生命成人病研究所)
菅原正弘(菅原医院)
林洋一(元日大板橋病院)
松岡健平(済生会中央病院)
黒沢宮雄(あさひ会)
選出理事
相磯嘉孝(あいそ内科)
石井達哉(済生会向島病院)
内潟安子(東京女子医大)
宇都宮一典(慈恵会医科大病院)
浦上達彦(駿河台日大病院)
小沼富男(順天堂江東高齢者医療センター)
門脇孝(東大病院)
貴田岡正史(公立昭和病院)
柴輝男(東邦大学医療センター大橋病院)
染谷泰寿(染谷クリニック)
高村宏(高村内科クリニック)
石原寿光(日大板橋病院)
松浦靖彦(松浦クリニック)
水野有三(関東中央病院)
宮崎滋(結核予防会新山手病院)
森保道(虎の門病院)
綿田裕孝(順天堂大学病院)
加藤則子(加藤内科クリニック)
小出景子(永寿総合病院)
監事
青山榮治(からたち会)
花島実(葛飾高砂会)
実行委員
[委員長]花島実(葛飾高砂会)
飯野良夫(あゆみ会)
中田正子(葛飾高砂会)
吉良集(石神井公園糖尿病友の会)
児玉豊(関東中央病院欅会)
高橋一征(愛宕会)
田辺達也(豊島かとれあ会)
早坂忠久(豊島かとれあ会)
編集委員
[委員長]加藤光敏(加藤内科クリニック)
染谷泰寿(染谷クリニック)
飯野良夫(あゆみ会)
高橋一征(愛宕会)
田辺達也(豊島かとれあ会)
早坂忠久(豊島かとれあ会)
2014年05月更新  
日本糖尿病協会の成り立ち
 日本糖尿病協会には、糖尿病患者、家族と糖尿病にかかわる医師・管理栄養士、栄養士、看護師など医療スタッフが大勢参加しています。
 また、糖尿病に関心をもち、協会の活動に賛同される多くの市民の方々や、企業からの協力で成り立っており、厚生労働省より「特定公益増進法人」として認可されております。
日本糖尿病協会の目的
 当協会は、次のような活動を目的として設立され、運営されております。
日本糖尿病協会の組織

日本糖尿病協会の会員
協会加入の主な利点
患者側
  • 協会発行の「月刊 糖尿病ライフ さかえ」による療養の基礎と最新の情報がえられる。

  • 協会主催の糖尿病講演会セミナーが受講できる。

  • 支部ならびに友の会主催の糖尿病教室、講習会等による正しい知識を取得できる。

  • 友の会の各種教室、歩く会等への参加交流により、自己管理の生きた成果が吸収できる。
医療側
  • 友の会の糖尿病教室開催により、患者の治療の充実向上と効率化が期待できる。

  • 医療スタッフと患者との接触機会が増え、患者の日常における自己管理の向上が図られる。

  • 所属友の会の会員相互の交流により、個人から集団、集団から地域へと好ましい医療対象者の拡がりが期待できる。

トップページへ

開催のご案内
各地で糖尿病教室や市民セミナーなどが開催されます。
参加は無料で、どなたでもご参加いただけます。
どうぞ皆様お誘いあわせの上ご参加ください。 [日時]2018年3月17日(土)
[場所]北里大学薬学部 大村記念ホール(港区)
[主な内容]
「いつでも、どこでも、誰でもできる運動療法」
「今日からできるサルコペニア対策」

詳細へ [日時]2018年3月17日(土)
[場所]国立市商協ビル2階 さくらホール
[主な内容]
「知って得する!?糖尿病に関する豆知識」
「食べ方で変わる食事療法〜適糖生活のすすめ〜」
「糖尿病予防・治療をどう行うのか?〜生活習慣と薬物療法〜」

詳細へ [日時]2018年3月31日(土)
[場所]日本大学医学部リサーチセンター(板橋区)
[主な内容]
「食後高血糖に影響する調理方法と食べ方」
「糖尿病の新しい治療」
「糖尿病と認知症」

詳細へ

  東京都の「登録医・療養指導医」と「歯科医師登録医」の検索ができます。
日本糖尿病協会
登録医・療養指導医
歯科医師登録医
(社)日本糖尿病協会
神奈川県糖尿病協会
東京都糖尿病対策推進会議
社団法人東京都医師会
糖尿病ネットワーク
このページを更新したときに糖尿病ネットワークのメールマガジンでお知らせしています。